PR
インタビュー

chami『kioku no hako』かつて何者かになろうとしていた人が、何かになろうとせずに作ったもの

chami『kioku no hako』かつて何者かになろうとしていた人が、何かになろうとせずに作ったもの

マルチ・アーティスト木村仁美によるソロ・プロジェクトchami。2013年よりダンサー、モデル、アーティストとして活動し、2014年には講談社主催の〈ミスiD2014〉で個人賞を受賞。また2016年からはトウシューズで歌い踊る、新感覚バレエ・ファンタジー・アーティスト、Colorpointe(カラーポワント)に加入。メイン・ヴォーカルとダンサーを務め、2019年のグループ卒業まで、海外を含めた様々な舞台でライブを行ってきた。卒業後は2019年8月15日よりchami名義でソロでの音楽活動を本格的にスタートさせ、2021年4月14日、初作品『kioku no hako』をリリースした。

サウンド・プロデュースと編曲を、サイケデリック・バンドqujakuのメンバーでもあるSoushi Mizunoが担当し、指揮者でクラシカルDJとしても活動する水野蒼生や、ロック・バンドMOSHIMOのドラマー、高島一航らが参加した本作は、幻想的な空間に透き通るようなchamiの声が広がる5曲入りのEP。そんなchamiのこれまでと本作の制作について、音楽ライターの南波一海が話を訊く。 *Mikiki編集部

chami 『kioku no hako』 APOLLO SOUNDS(2021)

 

何者かになりたい

――chamiさんには様々なバックグラウンドがありますよね。まずは今回、どんな経緯でchami名義の音楽作品を出すことになったのかうかがいたいと思います。

「ダンスもやってモデルもやって表現もファッションも好きで、という、ひとつのジャンルに所属できない自分だったので、何か見付けられるかなと思って〈ミスiD〉の第2回目(〈ミスiD 2014〉)にエントリーしたんです。その時に色々な繋がりのようなものができて。当時はダンス × モデルみたいなことをやっている人が少なかったので、クラシック・バレエをポップに、というテーマで活動しているColorpointeのHinkさんに声をかけられて、所属することになりました。3年半くらい活動しましたね」

――かなりコンセプチュアルなグループですよね。

「物語性とかファンタジー性が強くて、歌に関してもミュージカル調の発声方法で表現していたんです。誰かが作った世界で何かになるということを続けてきました」

chami在籍時のColorpointeの楽曲“まほろば歓楽街”MV
 

――言わば役を与えられた演者ですよね。

「そうですね。一方で、昔になっちゃうんですけど、〈ミスiD〉きっかけで自分を知っていただいて、GOMESSさんというラッパーの方や、ふぇのたすというバンドと曲を作ったことがあって(GOMESS“海月 with 木村仁美”、ふぇのたす“おとぎの海”)、その時に表現していた自分の世界について思い返すことがありまして、個人活動に専念したいということでColorpointeを辞めたんですね。自分の世界観を表現したいなという気持ちが出てきたなかで、グループに入る前から一緒に曲を作らないかと言ってくれていたSoushi Mizunoさんに私から連絡しました。そうしたら、ぜひやりたいと言ってくれたので、〈サウンド・プロデュースSoushi Mizuno〉という形で一緒に曲を作り始めました」

――グループに入る前からあった話だったんですね。

「その話をしていた中で、Colorpointeのお誘いがあったので。じつは一度断ったんですけど、2年後くらいにまた誘いがきて、じゃあやってみようかなと。その時はColorpointeが精力的に活動されていたので、面白いことができるかなと思ったんです。何者かになってみようという感じでした」

――過去のブログなどの文章を読むと、その〈何者かになりたい〉という気持ちが溢れていて。

「アメブロですか? それこそふぇのたすとやってた時期ですね。あの頃はやばかったです(笑)。ブログに思いを綴りまくっていて、〈この人どうしたいんだろう?〉みたいな感じでした。さまよってましたね」

――Colorpointeのブログの中でもchamiさんはかなり文章が長い人で。

「そっちも見てくださったんですか! もう内容覚えてないですけど、文章は飛び抜けて長かったと思います」

――だからきっと、自分のなかから出てくる表現欲みたいなものが一貫して強かったんだなと思ったんです。

「漏れ出すぎてたのかもしれませんね(笑)」

――そして再びソロでの活動になるわけですが、やりたい表現がいくつもあるなかで音楽をやろうと思ったのはどうしてだったのでしょうか。

「モデルとして服を活かすとか、即興でダンスをするというのは自分の中では即時的な表現という気持ちがあって。私は、自分の意志を持ってちゃんと残るものを作ったことがないなと気付いたんです。だから、踊りで得たものとか長ったらしい文章とかを総括して、ひとつのものを作ることに挑戦したいと思ったのかなと」

――ちなみに〈ミスiD〉よりももっと遡って、小さい頃に音楽をやっていた経験などはありますか?

「家族には〈いつも歌ってるか踊ってるか寝てるかだね〉って言われてました。小学生の頃の話だと、『NHK全国学校音楽コンクール』の関東予選に出たことくらいですかね。高校はバンドの部活に入って、歌いたかったんですけどドラムスになりました」

――本当は歌いたかった。

「堂々と歌いたいって言えなかったんですよね。吹奏楽部でドラムスをちょっとやったので、じゃあドラマーで、ということになって。結局途中で投げ出しちゃいました」

――昔から歌いたいという気持ちがあったんですね。だからふぇのたすやGOMESSさんとのコラボでも歌うことは自然な流れで。

「そうかもしれないですね。Colorpointeも最初はダンサーだったんですけど、途中からメイン・ヴォーカルになって、すごい歌ってました。あとは今では誰も知らない、〈ぼくたちノあのこ〉という企画があって」

――“クラスメイト”聴きましたよ。いい曲ですよね。

「知ってるんですか(笑)。PARKGOLFさんが作ってくださったんですよね。急な依頼があって歌ったんですけど、いい曲ですよね。その後、企画自体がなくなっちゃったんですよ。面白い女の子たちが出てて、どの楽曲も好きで聴いてたんですけど」

コンピレーション・アイドル・プロジェクト〈ぼくたちノあのこ〉より、木村仁美が歌う“クラスメイト”のMV
関連アーティスト
TOWER DOORS