PR
インタビュー

YOU THE ROCK★がILL-BOSSTINOと語る11年ぶりの前線復帰作『WILL NEVER DIE』

Page 2 / 3 1ページ目から読む

遺作として作ってる

――今回の『WILL NEVER DIE』というタイトルは、初作『NEVER DIE』(92年)と掛かっているんですか?

YOU「もちろんそうだし、あと、俺の周りのラッパーや仲間がどんどん亡くなって。DEV LARGE、ECD、ヒロシちゃん(DJ HIROnyc)、DJ KENSAW、OSUMI、Ita-cho、RYUHEI THE MAN……まだまだいて、マジかよ?みたいな。音楽ジャンルはいろいろあるけど、ここまではないと思うよ。みんな短命だよ」

――特に近年は相次いでいます。

YOU「今回、写真をcherry chill will.くんに撮影してもらったんだけど、とある墓地で撮影して、CDジャケットに墓が写ってる。もう死を意識してるんだよ。でも生きるぞ、俺は死なねえ!っていうメッセージを込めたかったんだ。あと、みんなそれぞれ苦しみはあると思うけど、死はひとりひとつ平等にあるから。そこに向き合った感じもあるね」

――そういう思いが裏テーマのようにあったと。

YOU「遺作として作ってる。そういう覚悟」

――先行カットの“MOVE THE CROWD, ROCK THE HOUSE”は、どういうイメージで作った曲ですか?

YOU「ハイエナジーっていうか、ユーロビートの手前っていうか。その頃のキラキラした感じ。俺が好きなシンセサイザーの音色とかをO.N.Oちゃんと話して作った曲。これは俺しか言えないような、ヒップホップに対する定義というかルールというかマナーというか、すごくシンプルなことを歌ってる」

――『THE☆GRAFFITIROCK'98』(98年のアルバム)のジャケの世界観を文字に起こすとこうなる、みたいな歌詞ですね。

YOU「そう。モロにそう(笑)」

――この曲を先行シングルにした意図は?

YOU「それはILL-BOSSTINOのアイデア」

BOSS「11年ぶりだし、どうやって展開していこうか考えたときに、YOUちゃんらしさと、11年間のストラグルな状況っていう2つの側面があるなと思ったのね。陰と陽というか。で、陰の部分は、これから先の話をするうえでまずは通らなくてはならない部分で、でもYOUちゃんが当時からやっていた陽の部分ももちろん大事なところで。陰の部分は“THINK ABOUT WHY YOU STARTED”のMVを作ると決めていたから、陽のほうは“MOVE THE CROWD, ROCK THE HOUSE”にして、あえて7インチを切って、ダンスフロアから攻めてみようと」

――7インチのB面“T.O.U.G.H.”は、陰の部分ですね。

YOU「こっちは、飛べなくなった状態というか、傷だらけのフクロウの状態を書いたんだよね。混乱してるというか、もがいてる。だけど、タイトルやフックはTOUGH。生き抜くぞと歌ってる」

――“T.O.U.G.H.”を最初に聴いたときに、LAMP EYEの“証言”を思い起こすビートだと思ったんです。そしたら最後に……。

YOU「ダメ押しで、こう使うか?っていうね(笑)。スクラッチは最後に入れたから、〈こうやって色が変わるんだ、締まるんだ〉みたいな感動があった。そこはILL-BOSSTINOのチョイス」

BOSS「スクラッチのネタは俺が全部チョイスして、DJ DYEにコスッてもらった。いろんなスクラッチが入ってるけど、あれから何かを使いたいっていうのはあったね」

――それをこの曲で入れたかった?

BOSS「というより、フックの、〈THANK YOU、ORIGINAL、UNIVERSAL、GLORY、HUMAN〉という言葉(の頭文字)が繋がって、〈TOUGH〉になるところから思いついた感じ」

関連アーティスト