PR
インタビュー

豊崎愛生『caravan!』クラムボン ミトらとの奔放な音楽的挑戦で〈幸せ歌〉を集めた、第2章の幕開け作を語る

自身も世の中も変化していくなかでの奔放なトライアル。溢れる音楽愛をもとにアーティスト活動を続けてきた彼女があなたに贈る〈幸せ歌〉とは?

〈幸せ歌〉を集めたい

 できるかどうかわからない。先が見えないままかもしれない。でも、何があっても私は音楽を続けたい――。約5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『caravan!』において、豊崎愛生は溢れんばかりの音楽愛と華やかなポップンセンス、そして、アーティスト活動を継続することへの強い意思を示した。前作『all time Lovin'』(2016年)以降はベスト盤『love your Best』(2017年)、カヴァー集『AT living』(2018年)を発表するなど、コンスタントにリリースを続けてきた彼女。その間のシングル“walk on Believer♪”“ハニーアンドループス”(TVアニメ「プリプリちぃちゃん!!」のエンディング・テーマ)も含む本作は、二つのテーマを掲げて制作された。一つは〈豊崎愛生の音楽活動の第2章のスタートとして、新しいことに挑戦する〉。もう一つは、〈日常生活や人生におけるハッピーを集めた作品にする〉だ。

豊崎愛生 『caravan!』 MusicRay'n(2021)

 「サード・アルバムを出したあと、ベスト・アルバム、カヴァー・アルバムをリリースしましたが、オリジナル・アルバムは久しぶり。新たな第一歩を踏み出せる作品にしたかったので、初めての作家の方の楽曲も含めて、サウンド的に挑戦の多いアルバムになったかなと。自分史上、いちばん振り幅が大きい作品になったと思います。〈幸せ歌〉を集めたアルバムにしたい、という気持ちも強かったですね。制作を始めたのは去年の6月くらいなんですが、(コロナ禍の影響で)生活スタイルが変わって、世の中全体がネガティヴになっていて。だからこそ私は、ハッピーを感じられるアルバムにしたかったんです。性格的に〈ポジティヴなところだけが取り柄〉みたいなところもあるし(笑)、世界中のアーティストが配信ライヴやコラボをやったり、こういう状況だからこそ生まれたこともたくさんあって。変化することをポジティヴに捉えたかったんですよね」。

 アルバム・タイトルになった〈キャラバン〉とは、隊を組んで砂漠を旅する商人の一団のこと。そこには〈音楽を届けることをあきらめたくない〉という彼女自身の意志が反映されている。

 「私自身もそうですが、エンタメ全体で先の見えない状態が続いていて、〈砂漠みたいだな〉と。でも、音楽をやっている人は楽器や歌で旅を彩りながら前に進んでいける。そのイメージが〈キャラバン〉と重なったんですよね」。

 奔放な音楽的トライアルと、〈日々を彩る幸せを表現したい〉という思いがひとつになった本作。オープニング曲“それでも願ってしまうんだ”は、アルバムのテーマがもっとも強く表れたナンバーだ。田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)が作詞、ミト(クラムボン)が作/編曲を手掛けたこの曲は、マーチング風の穏やかなリズムと、大らかで力強いメロディーが重なるミディアム・チューン。〈柔らかくて優しい そんな日々を続けよう〉という歌詞を含め、豊かな音楽性と前向きなメッセージが自然に融け合う楽曲に仕上がっている。

 「ミトさんは私のいちばんの幸せ曲“music”を作曲してくれた方。田淵さんが作ってくださった曲もファンの方は大好きなので、今回もぜひ、お二人に参加してほしくて。“それでも願ってしまうんだ”は、デモを聴いた瞬間に満場一致で〈これがリード曲じゃない?〉って感じでした。この時期だからこそ出来た曲だけど、5年後、10年後に聴いても〈コロナ禍の頃の歌だよね〉みたいにならない普遍性があって。この曲で旗を立てられた感覚があったし、アルバム全体を通して表現したことが詰まってますね」。