PR
インタビュー

CROWN POP『なりたいガール』コロナ禍ならではの片思いソングについて、ONIGAWARAと7者対談!


(上段左から)藤田愛理、三田美吹、田中咲帆、雪月心愛、里菜、(下段左から)斉藤伸也、竹内サティフォ

ポップ・カルチャー・イベント〈@JAM〉とタワーレコードによるコラボレーション・レーベル〈MUSIC@NOTE〉より2021年6月29日にリリースされたCROWN POP、5作目のシングル『なりたいガール』は、〈ライブ盤〉と〈マスク盤〉の2形態。付属のフォトブックとカップリング曲が異なる2形態だが、そのうち〈あなたのマスクになりたい〉というフレーズにドキッとする表題曲“なりたいガール”と、キャッチーなサビの〈マスク盤〉カップリング曲“NARIYAMANAI”の作詞作曲は〈SUPER J-POP UNIT〉ONIGAWARAが務めていることでも話題だ。

そこで今回はCROWN POPとONIGAWARAによる7者対談を実施し、曲提供の経緯や各メンバーからONIGAWARAへ楽曲についての質問など、『なりたいガール』を深堀りする。 *Mikiki編集部

CROWN POP 『なりたいガール』 MUSIC@NOTE(2021)

 

コロナ禍ならではの片思いソング

――CROWN POPのニュー・シングル『なりたいガール』の表題曲を、ONIGAWARAさんが手がけることになった経緯を訊かせてください。

三田美吹(CROWN POP)「2020年1月に行われたイベント〈「ミューコミプラス」 presents スタプラアイドルフェスティバル~今宵、シンデレラが決まる~〉で、私がシンデレラに選ばれて、毎週水曜日に吉田尚記さんのラジオ番組『ミュ〜コミ+プラス』のアシスタントとして出演させていただきました。そこにゲストでONIGAWARAさんが来てくださって、番組中に、曲を書いていただきたいですという話題になりました。ONIGAWARAさんがすごく優しくて、ぜひと言ってくださったのがきっかけです。そのあとはスタッフさんたちが連絡を取ってくださって決まったと思います(笑)」

竹内サティフォ(ONIGAWARA)「そうですね(笑)。そこからちょっと経ってメールをいただき、〈ほんとに来た、やったー!〉と思ってお話が進み曲を書かせていただきました」

斉藤伸也(ONIGAWARA)「僕、〈スタプラフェス〉で三田さんがシンデレラになるところを見てましたよ」

三田「そうなんですか!」

斉藤「僕らukka(桜エビ〜ず)に曲(“それは月曜日の9時のように”“ウノ-ウノ”)を書いていたので〈スタプラフェス〉を観に行ってたんですよ。ラジオで三田さんに会った時も、シンデレラの子だ!って思ってました(笑)」

――(笑)。では、“なりたいガール”はどのように制作されたのかを聞いていきましょう。

竹内「制作が始まる前に、コロナ禍の片想いみたいな胸キュンソングを作ろうってテーマをいただいたんですよ。僕は基本的に自分が思ってないことは書けないので、コロナ禍の片想いってどんな感じかな?って考えたんです。今って、人と会っても絶対マスクしてるから顔が分からないじゃないですか。身近な人じゃないとあまりマスクを取って中身を見ることがない、片想いしたら僕は絶対見たいだろうなと思って、まずマスクってキーワードを置いてそこから歌詞を着想していったんです」

クラポ一同「へ〜〜(感心)」

斉藤「音に関しては、編曲してる時に『(美少女戦士)セーラームーン』をめちゃくちゃ観てたんですよ。だから、いつもよりめっちゃかわいい音になってすげー満足してます(笑)。ちょうど5人だしね」

藤田愛理(CROWN POP)「確かに!」

――“なりたいガール”はコミカル要素もあって、今までのクラポの曲とちょっと雰囲気が違いますよね。クラポのみなさんは、最初どんな印象がありましたか。

三田「今までも片想いソングはありましたが、ここまで弾けた感じの曲は無かったので、初披露する時に、お客さんにどう受け取ってもらえるんだろう?とすごくワクワクしました。かわいらしい曲だし、それをどう自分たちのものにしていくのかが新しい挑戦でした。歌うのが楽しみでした」

雪月心愛(CROWN POP)「私は、〈マスク〉〈オンライン〉〈ソーシャルディスタンス〉とかコロナ禍ならではのワードたくさん詰まっていて、こういう状況でもみんなで楽しめる曲ができるのではないかと、とてもワクワクしました」

里菜(CROWN POP)「CROWN POPの曲で同じフレーズを繰り返す歌詞は今までなかったので、聴いた瞬間にビックリしました。〈なりたい〉って誰の耳にも残るフレーズをどう歌おうかなどたくさん考えました」

藤田「私はとにかく歌詞にビックリしました。今までの私たちの曲はカッコいい感じの曲が多いので、新しいなと思ったし、これが私たちの持ち曲になるんだ、どういう感じで歌ったらいいんだろう?といろいろ考えました」

田中咲帆(CROWN POP)「私は事前情報として、かわいくて片想いの曲だよって聞いていました。そしたら〈マスクになりたい〉って、そう来るか!とすごく驚いたし面白いなと思いました。何度も聴きたくなるような素敵な曲だなと思いました」

――今回、レコーディング・ディレクションもONIGAWARAさんにやっていただいたということですが、実際レコーディングはどんな雰囲気で進んだんですか。

斉藤「実は、曲の初披露がレコーディングの前(2021年5月2日、東京・Zepp Tokyoでの配信ライブ〈CROWN POP STYLE〉)だったんですよ。僕らも配信ライブを観させてもらって、よかった、歌のうまい子たちだと思いましたね。レコーディング前にこんなに仕上がってるんだったら、めっちゃいいねって」

〈CROWN POP STYLE〉での“なりたいガール”の模様
 

竹内「安心しました、ほんとに」

斉藤「これはレコーディング早く終わるぞって(笑)」

クラポ一同「アハハハ(笑)」

斉藤「実際のレコーディングも最高でしたよ。みんないい仕事してくれたと思います」

竹内「ね。みんなめちゃくちゃ個性的で、誰ひとり同じ感じじゃないなって思いました」

──お2人から見た5人それぞれの歌の印象を聞きたいです。三田さんは?

斉藤「三田さんはもう、サムライって感じですね」

竹内「職人みたいな感じでした」

斉藤「かっこいい声で、曲の盛り上がるところでガン!って持っていけるタイプでしたね」

──雪月さんは?

斉藤「かわいらしいというか末っ子特有の感じで、これからもっとすごくなるぞっていう可能性を秘めた声でした」

竹内「途中で、〈今の私、かわいかったですか?〉みたいな感じで訊いてきて、めちゃくちゃかわいいなって思いました(笑)」

――さすがですね(笑)。里菜さんは?

斉藤「明るいんだけど硬くない声というか、やわらかいんだけど明るくて迫力もあってめちゃくちゃいい声だなって。曲を明るい雰囲気に変えられるのは、すごい天性のものだなって思いました」

竹内「すごく伸びやかだし、耳にパーンって入ってくるよね」

――藤田さんは?

斉藤「品があるけど上品すぎない、親しみやすいんだけど上品って感じですね。品性があってかわいらしい声って、あんまりないからいい声だなって思いました」

竹内「あと、非常にユーモアがあって面白かったです(笑)」

斉藤「〈鳴りやまない〉ってすごいノリノリでやってくれて楽しかったですね」

――田中さんは?

斉藤「いい意味で完全に飛び道具ですね。最強の武器だと思います」

竹内「そうね、声が耳にポーンって入ってくるもんね」

斉藤「高いところが出てるというか、一番聴こえる音域の声なんです。きゃぴきゃぴって感じで、この子の声はすごい武器になるなって思いました。いや〜、みんなほんといい声で、レコーディングがすごい楽しかったですね」

クラポ一同「ありがとうございます!!」

タグ
関連アーティスト