TOPICS

グリーン・デイ、BiS、矢井田瞳が表紙で登場! タワーレコードのフリーマガジン〈bounce〉435号発行

bounce vol.435表紙画像(グリーン・デイ)
 

タワーレコードが毎月25日に発行しているフリーマガジン〈bounce〉。今回は1月25日(土)発行、第435号の情報をお知らせします。

今号は、2月7日にニュー・アルバム『Father Of All…』をリリースするグリーン・デイ、2月5日にメジャー・セカンド・アルバム『LOOKiE』をリリースするBiS、2月12日にミニ・アルバム『Keep Going』をリリースする矢井田瞳が、表紙と中面記事に登場いたします。

さらに、ガブリエル・アプリン、角銅真実、川口レイジ、iri、NakamuraEmi、envy、ケシャ、三代目 J SOUL BROTHERSのソロ作、BUCK-TICKなど、今月も要注目アーティストの記事が盛りだくさんです!

bounce vol.435表紙画像(BiS)
 

特集〈WACK 2020 SPECiAL〉では、BiS、CARRY LOOSE、BiSH、豆柴の大群をそれぞれピックアップ。また特集〈Playwrite on time 2020〉では、『CONNECTION BLUE』を共同プロデュースしたカワイヒデヒロ(fox capture plan)とbashiry(bohemianvoodoo)のスペシャル対談を掲載し、近年のPlaywright作品をおさらいいたします。

〈360°〉では、3年ぶりの新作をリリースするセローンと、コンピレーション『2020 Grammy Nominees』についてのコラムを掲載。〈ZOKKON OF THE YEAR 19→20〉では、CROWN POP、HEROINES、クマニキ、CY8ERを紹介し、2019年の名作アルバムや主要なニュースを振り返ります。また〈IN THE SHADOW OF SOUL〉でも2019 年のベスト復刻&発掘盤を紹介。このほかfhána、tofubeats、うじたなおき(UJT)の連載など、今号も充実の内容です。

bounce vol.435表紙画像(矢井田瞳)
 

bounceはTOWERminiを含むタワーレコード全店で毎月25日より無料配布。このほかTOWER RECORDS ONLINEでは数量限定で販売も行っています。なかなかお店まで足を運べないという方はこちらもご活用ください。bounceに掲載される記事はMikikiでも順次公開していきますので、引き続きチェックを!

※bounce 435号のコンテンツはこちら

TOWER DOORS
pagetop