ADAM at『Daylight』アジカン伊地知らとの共演でロックとジャズを縦横無尽に駆け巡る!

2021.07.16

前作に続いて伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION)らと制作された7枚目。怒涛のドラムと掻き鳴らされるギター、弾むピアノに飛ばされる“カルテラン”、軽やかなリズムに美しいメロディーが舞う“Spring Field”など、ロックとジャズを縦横無尽に駆け巡り、くるくる表情を変える音世界に心奪われるばかり! スキンドレッドのベンジー・ウェッブが咆哮する“ケイヒデオトセ”の遊び心にも思わずニヤリ。

 

関連アーティスト