コロナ禍を機に自宅で過ごす時間が増えたことで、リスニング環境をより快適にしたいと考えるようになった音楽ファンは少なくないはず。とは言え、いきなり高いオーディオを買って失敗するのは怖いし、いったいどうしたらいいのだろう……。

そうした音楽ファンの悩みに応えるべく、痒いところに手が届くサービスを提供しているのが、オーディオ・レンタルの会社、ONZOだ。比較的安価な製品から数十万円するような高額製品まで幅広く取り揃えるONZO、その特徴はレンタルの仕組みとしてサブスクリプションを採用しているところにある。つまり月ごとに一定の金額を支払えば、あとは自由に製品を借りることができるというわけだ。これなら、高額製品の購入に躊躇していた人も〈とりあえず〉の感覚で気軽に試せるだろう。

Mikikiでは、そんなONZOの魅力を掘り下げる特別企画を前後編に分けて実施。ONZOの代表取締役・知場啓志氏へのインタビューを掲載した前編に続き、後編となる本記事では、Mikiki編集部員の鈴木によるサービス体験記をお届けする。

オーディオ好き、音楽好きがよだれを垂らさずにいられないような高品質製品を次々と試す機会はそうそうないため、私のオタク的な興奮ぶりが顔を覗かせてしまっているかもしれないが、どうか大目に見てほしい。私の熱が読者のみなさまにも伝わり、〈ちょっと試してみたいかも……〉と思ってもらえれば幸いだ。

★ONZO特集前編のインタビュー記事はこちら


 

体験者自己紹介

鈴木英之介(名前は〈ひでのすけ〉と読む)。Mikiki編集部員。好きな音楽家は細野晴臣、ブライアン・ウィルソン、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、ドビュッシー、ビル・エヴァンス、ジム・オルーク、ウィルコなど多数。普段使用しているオーディオ機器は、外出時にはSoundPEATSのBluetoothイヤホン〈TrueFree+〉、自宅ではゼンハイザーの有線ヘッドホン〈HD598〉である。

今回は月額12,800円のプランに登録し、19,800円のBluetoothイヤホン、299,980円の有線イヤホン、145,200円の有線ヘッドホン、179,000円のBluetoothスピーカー、そして29,920円のターンテーブルと、しめて約67万円分(!)のアイテムをレンタルした(元を取るにもほどがある)。

かなりの高額商品が混ざっているため、それらがいったいどんな聴き心地だったか、気になる方も多いだろう。だがその紹介を行っていく前に、まずはONZOのサービス利用の流れをざっと振り返ってみたい。

 

製品の注文から返却までの流れ

ONZOのサービスにおける美点の一つは、何と言っても注文から返却に至るまでの手続きの簡便さだ。お恥ずかしい限りだが、私はかなりの面倒くさがり屋なので、手続きがちょっとでも煩雑だと、たちまちそのサービスを使う気をなくしてしまう。その点、ONZOの手続きはいたってシンプルなので、ものぐさな私でも快適に利用することができた。以下、流れを見ていこう。

1. ONZOのオフィシャルサイトでの会員登録

まずはONZOのオフィシャルサイト(https://onzo.co.jp/)のトップページより、登録画面に進み、氏名や送り先、決済方法などの情報を登録する。次にONZOが提供している以下の全5種のプランから、一つを選んで登録する(私は今回、もっとも利用できるサービスが多いプレミアム・プランに登録した)。

これでもう、サービスの利用に必要な情報登録は完了だ。どうだろう、これなら私と同様のズボラさんでも、負担を感じることなく利用できるのではないだろうか。

2. 製品のレンタル注文

基本情報の登録が済んだら、お待ちかねのレンタル・タイムだ。私はプレミアム・プランに登録したため、一度に3つの製品までレンタルできるということで、ワクワクしながらあれこれ物色する。至福の時間だ。商品一覧ページを開くと、画面左側に製品の種類や対応プランなどで条件を絞り込める検索窓がついていて、製品を探す際に重宝する。

個人的にオススメなのが、〈今すぐ借りられる〉のチェック・ボックスにチェックを入れて検索することだ。それにより〈借りたかった製品が借りられていた〉というストレスを味わうことなく、すぐにレンタル可能な製品の中からスムーズに選ぶことができる。なお目当ての製品が他のユーザーに借りられてしまっている場合であっても、その製品が返却され次第すぐに通知してくれるサービスがあるので、そちらをぜひ利用してみてほしい。

3. 製品が届く~返却

私の場合は東京都在住なので、注文から1日~1日半くらいで製品が届いた。地方にお住いの方であっても、注文からだいたい3~4日以内には届くと思われる。製品は段ボールにしっかりと梱包されており、開けると隙間には緩衝材がしっかりと敷き詰められている。また中には、ヤマト運輸の着払い伝票も同封されている。この着払い伝票と緩衝材、そして段ボールは製品を返却する際に必要なので、誤って捨ててしまわないように気をつけてほしい。

なお返却の手続きは、これまたシンプルだ。製品を段ボールに詰めて送られてきたときの状態に戻し、テープでしっかり閉じる。そして宛先記載済みの着払い伝票に必要事項を記入して段ボールに貼り付けたら、あとはセブン-イレブンなどのヤマト運輸取扱店舗へ持っていくだけ。拍子抜けするほど簡単で〈本当にこれだけでいいんだろうか……?〉と不安になってしまうくらいだ。しかし心配はいらない。窓口から郵送してしばらくすると、返却を知らせるメールが届き、これにて返却手続きは完了となる。なお製品のクリーニングは全てONZOがしっかりと行ってくれるので、こちらでは何も気にする必要はなく、そこも大変ありがたい。

※ヤマト運輸の取扱店舗一覧はヤマト運輸のサイト(https://locations.kuronekoyamato.co.jp/p/yamato01/)から調べられる

ここまで、製品のレンタルから返却に至るまでの流れをざっと確認してきた。次はいよいよ、レンタルしたオーディオ製品を比較していきたい。比較の尺度として用いるのは、80年代を代表するあの名盤だ。

イヤホン・ヘッドホン・スピーカーを徹底比較!

今回レンタルした製品は、イヤホン2種類(Bluetoothイヤホン/有線イヤホン)、ヘッドホン1種類(有線ヘッドホン)、そしてスピーカー1種類(Bluetoothスピーカー)だ。いずれも綺麗な箱に入れられており、まるで新品同様の佇まいである。また中身に関してもクリーニングが丁寧にされているため、安心して使うことができる。

そして今回試聴用に私がセレクトしたのは、録音のバランスの良さからオーディオ・チェック用の作品として名高いドナルド・フェイゲンの名盤『The Nightfly』(82年)。その中からアルバムの冒頭を飾る“I.G.Y.”を選び、各オーディオ製品を使って聴き比べてみた(再生はPCにて行い、Spotifyを使用)。またそこでの聴こえ方を踏まえて、それぞれのオーディオ製品に最適だと私が考えるアルバムを1枚ずつセレクトした。ONZOのサービスを利用するにあたって、ぜひ参考にしてみてほしい。

『The Nightfly』収録曲“I.G.Y.”
 

INAIR M360 Wireless

INAIR社製のBluetoothイヤホン。製品価格は19,800円で、スタンダード・クラスから借りることができる。この製品が特徴的なのは、耳への装着部分の形状だ。いわゆるカナル型のものとは違い、耳栓のように穴を塞ぐ形にはなっておらず、イヤホンと言うよりむしろ〈耳に入れるスピーカー〉と形容した方が近いかもしれない。とは言え決して装着感がゆるいわけではなく、同封されたガイドに従って正しい向きで装着すればズレてこないようになっている。

〈INAIR M360 Wireless〉で聴く“I.G.Y.”

決して音圧は高くなく、音の質感は比較的軽めである。とは言え低音はしっかり出ており、出音のバランスはいい。このイヤホンで聴くベースラインは言わば、細い筆でしっかりと描かれた、大友克洋の漫画における描線のようだ。そしてギターのカッティング音の意外なほどの煌びやかさに驚く。これまでこの曲を聴いてギターの音に耳が行くことはほとんどなかったのだが、歯切れがよくメタリックな輝きを帯びたその音色に思わず耳を奪われた。Bluetoothイヤホンというと、音質よりも利便性を重視して選ぶものというイメージを何となく持っていたのだが、音質の上でも決して侮れないなと実感した。

〈INAIR M360 Wireless〉に最適な1枚
ドゥルッティ・コラム『The Return Of The Durutti Column』(80年)

『The Return Of The Durutti Column』収録曲“Sketch For A Summer”
 

ギターの響きをよりしっかり味わいたいと思い、そのために最適な〈ギターが主役を張る音楽〉を考えたときに真っ先に思い浮かんだのが、ドゥルッティ・コラムのデビュー作にしてポスト・パンクの不朽の名盤であるこれだった。もちろんギターが主役の音楽と一口に言っても、ヘヴィメタルやシューゲイザーなど他にもいろいろあるわけだが、このイヤホンには厚みや重みを湛えたギター・ミュージックより、キラキラとした比較的軽めのサウンドが合うと思う。ドゥルッティ・コラム以外でも、フェルトやスミス、オレンジ・ジュースといった80年代のUKギター・ポップは全般的に相性がいいかもしれない。

 

JH Audio Roxanne AION

価格が299,980円という、JH Audio社製の超高級な有線イヤホン。これもスタンダード・プランから借りることができる。装着部分の形状はカナル型になっており、しっかりとしたフィット感がある。また写真からもわかるかと思うが、コードの材質が縄のようになっているため、頑丈で断線のリスクが低そうであることが窺える。断線によって何度もイヤホンをダメにしてきた身としては、これだけでもとてもありがたく感じられる。さて、その性能はいかに……?

〈JH Audio Roxanne AION〉で聴く“I.G.Y.”

開始から約1秒、金属質でありながら温もりをも感じさせるハイハットの鳴りを聴いた途端に確信する。このイヤホンは並大抵のものではない、と。その幸福な予感を鮮やかに裏付けていくかのように、ベースの太くごりっとした音の質感、ドナルド・フェイゲンの声のかすれと得も言われぬ艶……すべてが異次元なほど生々しく響き、新鮮な驚きが耳を襲う。中でも圧巻だったのは、コーラス部分の聴こえ方だ。普通のイヤホンではほとんど感知できなかった声の束の厚みや、その空間的な配置の妙が感じられ、さらにそれまでアンサンブルの中に埋もれていたコーラスがまるで炙り絵のように浮き上がって聴こえてくる。これには思わず鳥肌が立ってしまった。これだけのクォリティーの製品が借り放題のラインナップの中に入っていて気軽に試せるというのは、すごいことだと思う。

〈JH Audio Roxanne AION〉に最適な1枚
フェイ・ウェブスター『I Know I’m Funny haha』(2021年)

『I Know I’m Funny haha』収録曲“Sometimes”
 

2021年も下半期に入って約2か月が経ったが、6月末に出たフェイ・ウェブスターのニュー・アルバム『I Know I’m Funny haha』は、今年これまでにリリースされた作品の中でもとりわけ録音に優れていると思う。それだけに、リリース当初からいいリスニング環境でじっくり聴いてみたいと考えていた。今回このイヤホンで『I Know I’m Funny haha』を聴いてみて、その素晴らしさに思わず笑みがこぼれてしまった。アコースティック・ギターの音のそよ風のような心地よさ、バス・ドラムの音の重厚な響き、エレクトリック・ピアノの音のエレガントな広がり方……いや、これ以上言葉で記述するのはよそう。百聞は一〈聴〉にしかず、とにかく実際に試してみてほしい。

 

HIFIMAN Arya

HIFIMAN社製のヘッドホン。有線タイプで、使用の際には付属のコードを接続する。価格は145,200円で、プレミアム・プランからレンタルすることができる。艶のある黒で統一された高級感のあるデザインに、まず心を奪われる。黒い箱に恭しく収められたその様子は、まるで奉納品のようだ。だがもちろん売りは、デザイン性の高さだけではない。耳へのフィット感が抜群であり、長時間装着していても疲れない。また薄さナノメートルの振動板の採用をはじめ、音質を向上させるための様々な工夫が凝らされているようだ。なおこの製品に付属しているコードの端子は6.35mmであり、PCなどで採用されている3.5mmのジャックには非対応であるため、注意してほしい(ただし変換アダプターを装着すれば使用できる)。

〈HIFIMAN Arya〉で聴く“I.G.Y.”

低域、中域、高域と、全ての帯域をムラなく響かせるバランスの見事さに圧倒される。しかもそれだけでなく音の解像度もまた極めて高いので、各帯域を構成する楽器のフレーズ一つ一つがくっきりと分離された形で聴こえる。ドナルド・フェイゲン自身が〈こういう音で聴いてもらいたい〉と感じていたイメージに限りなく近いのではないか。実際の彼の考えなど知る由もないにもかかわらず、思わずそんな風に感じてしまうくらい、その音の出方の塩梅は絶妙だった。究極の中庸さ。そんな言葉が頭に浮かぶ逸品だ。

〈HIFIMAN Arya〉に最適な1枚
エリック・ドルフィー『Out To Lunch!』(64年)

『Out To Lunch!』収録曲“Hat And Beard”
 

音源を完璧なバランスで再現するこのヘッドホンの優秀さに触れて、〈これを異様な音響世界を持つ作品と合わせてみたらどうだろう〉という好奇心が湧いた。そこで個人的に〈早すぎた音響派作品〉だと思っている怪作にして傑作、エリック・ドルフィーの『Out To Lunch!』と合わせてみた。すると、これが予想以上に素晴らしいマッチングを見せてくれた。サウンド設計上の綿密な配慮に基づき周到にリハーサルを行った上で録音されたという本作は、そもそもライブ盤とは一線を画す箱庭的音響世界を有している。このヘッドホンは、その特性を見事なまでに引き出してくれるのである。時空のゆがんだ世界を映し出したアートワークを見つめながら、このヘッドホンで本作を聴いていると、向こうの世界に吸い込まれて元の世界に戻れなくなるような感覚に陥る。でもそれもまたアリなんじゃないか、と思ってしまう。

 

Devialet Phantom II 95 dB

据え置き型のBluetoothスピーカー。DEVIALET社製で価格は179,000円、プレミアム・プランにて借りることができる。一見するとスピーカーだとわからないような、丸みを帯びた独特のデザインが未来的で可愛らしい。使い方はいたって簡単。コンセントを挿して電源を入れ、本体に刻まれた5つのマークのうち一番左にあるBluetoothマークを長押ししてデバイスとペアリングすれば、すぐに使うことができる。

〈Devialet Phantom II 95 dB〉で聴く“I.G.Y.”

全帯域がしっかりと出るが、特に低域の響きの豊かさがものすごい。しかも人工的に強調された感じの響きではなく、あくまでオーガニックな響きなのだ。そのため、アンソニー・ジャクソンによる名ベースラインも、臨場感あふれる艶やかな響きで堪能することができる。とは言え、それはいわゆる〈ドンシャリ系〉製品における他の帯域を圧するようなものとは違い、あくまで他の帯域の楽器と調和しながら、曲の輪郭をくっきりと際立たせる役割を果たしている。可愛らしい見た目とは裏腹に、抜群の安定感で完璧に任務をまっとうする無骨な仕事人のようなスピーカーだ。

〈Devialet Phantom II 95 dB〉に最適な1枚
ディアンジェロ『Voodoo』(2000年)

『Voodoo』収録曲“Playa Playa”
 

低域の鳴りの豊かさを心ゆくまで味わうには、やはり低音の響きがミソの音楽であるブラック・ミュージックが最適だろう。しかもシンセサイザーなどがフィーチャーされたエレクトロ二ックなサウンドよりは生楽器主体のオーガニックなサウンドで、録音はデッドなものが望ましい。そこで推薦したいのが、ディアンジェロの言わずと知れた名盤『Voodoo』だ。実際に私がアルバム1曲目の“Playa Playa”をこのスピーカーで再生したところ、その相性のあまりのドンピシャぶりにしばし呆然としてしまった。他にもドクター・ジョンやアラン・トゥーサンらによるニューオーリンズ音楽や、ザ・バンドなどのアーシーなサウンドのロックも合うのではないかと思う。

ターンテーブルでアナログ・レコードを聴いてみよう

ONZOではリスニング用の機器だけでなく、アンプやマイクなどの周辺機器や、再生機器のレンタルも行っている。そこで今回は、House of Marley社製のターンテーブル〈House of Marley STIR IT UP WIRELESS TURNTABLE〉をレンタルし、アナログ盤を聴いてみた。使用したオーディオ機器は、上で紹介したヘッドホン〈HIFIMAN Arya〉だ。

針やカートリッジなどレコードを聴くのに必要なアイテムはすべて同封されており、しかもあらかじめアームなどが設置された状態で送られてくるため、こちらはACアダプタをプレーヤー本体に接続してコンセントに挿すだけで、すぐに使うことができる。そのため、アナログ・レコード初心者であっても気軽に利用できるだろう。これからアナログ・レコード入門したい方にとって、ONZOでのレンタルから始めるというのは最適なのではないかと思う。

さて、試聴用の作品として私が所有するアナログ盤の中からセレクトしたのは、ブラジルのポップス=MPBを代表する名盤であるマルコス・ヴァーリの『Previsão Do Tempo』(73年)。アナログ・シンセやエレピの音が随所に用いられたゆらめくような音像はいま聴いても斬新で、〈ブラジル音楽〉という枠を超え、ステレオラブやハイ・ラマズといったアーティストの作品に先駆けた、未来的なラウンジ・ポップとしても聴くことができる。残念ながらサブスク未解禁なので、未聴の方はぜひタワーレコード オンラインにてCDを購入してみてほしい(アナログ盤は現在取扱なし)。

マルコス・ヴァーリ『Previsão Do Tempo』のアナログ盤

盤に針を落とすと心地よいスクラッチ・ノイズが束の間流れた後、A面1曲目のボサノヴァ・ナンバー“Flamengo Atê Morrer”のイントロが聴こえてくる。一気にトロピカルな空気が体内に流入してくる。2曲目、3曲目と進んでいく中で、レトロ・フューチャリスティックな響きのアナログ・シンセや丸みを帯びたベース、キラキラとした涼やかなエレピなどが、アナログ盤特有のどこか優しげな音色でスッと耳に入る。アルバムの中でもひときわグルーヴィーで弾けるような“Os Ossos Do Barão”から始まるB面でも、A面同様にカラフルでメロウな極上のポップスが展開されていく。アナログ盤はその性質上、簡単に曲を飛ばせないからこそ、それを聴く時間はアーティストの創意工夫の賜物であるアルバムにじっくりと向き合うひとときになる。そんな風に何かとじっくり対峙する時間を日常の中に組み込むのは、とても贅沢なことではないだろうか。

そんなことをぼんやり考えていると、やがてB面最後の曲“De Repente, Moça Flor”が終わった。聴いているうちに体感温度が少しずつ下がってくる、素晴らしい35分間だった。せっかくなので、もう一つ個人的なオススメ盤を試してみたいと思う。ジャクリーン・ハンバートとデヴィッド・ローゼンブームが連名でリリースしたアルバム『Daytime Viewing』(83年)だ。アヴァンギャルドでありながらどこかユーモラスで人懐っこいというバランスが絶妙な電子ポップであり、最近のアーティストだとケイト・NVなどの音楽性に比較的近いように思う。あとはキュートさと実験性のバランスという点で、今年7月に3タイトルが同時リイシューされたSKETCH SHOWにも少し通ずるものがあるかもしれない。

ジャクリーン・ハンバート&デヴィッド・ローゼンブーム『Daytime Viewing』のアナログ盤

針を盤に落とすと、先ほど同様わずかなスクラッチ・ノイズを経て、1曲目の“Talk 1”が流れ出す。リズム・ボックスのチャカポコした音にフニャフニャな音色のアナログ・シンセが絡んでいく冒頭部分からして、もうたまらない! 電子ポップといっても、ハンドメイドな質感を多分に有したものであるため、レコード特有のまろやかで温かみのある音と相性がいいように感じられる。そしてまた、この作品のミニマルで呪術的な音楽性が、アナログ盤の要求する〈音とじっくり向き合う〉というリスニング・スタイルと結びつくことで、独特の陶酔感が生じる点も見逃せない。私の場合においても、最初は冷静にアルバムを聴いていたはずが、いつの間にかナチュラル・トランス状態になっており、気づいたらアルバムは終わっていた。さすがに少しもったいない気もしたが、それだけ作品に没入できたということだろうから良しとしよう。

本当はもっといろいろな作品を試してみたいところだが、キリがないため、この辺にしておこう。なお今回は音のバランスを考慮し、ヘッドホン〈HIFIMAN Arya〉を使って試聴したが、このターンテーブルはBluetooth接続も可能なので、Bluetoothスピーカーなどと組み合わせてみてもいいだろう。

 

ONZOのサービスを使ってみて

ONZOの利用上の手続きは極めて簡単なものだが、そこで得られる体験は決してインスタントなものではない。実際に多くのオーディオ機器に触れ、試していく中で自分の好みに気付き、自分にとって最高の機器と出会う。ONZOのサービスは、製品との健全な付き合い方とは本来こういうものだったということを思い出させてくれた。

ONZOのサービスはもちろん〈製品を試す〉という実用的な目的にも十分に適っているのだが、個人的にそれ以上に印象的だったのは、このサービスがもたらしてくれる実用性を超えた〈楽しさ〉だった。いくつかのオーディオをレンタルして〈どれが最も自分好みか〉を競うトーナメントを行ってもよし、あるいはオーディオ機器と周辺機器を様々な形で組み合わせてカスタマイズを試みるもよし。いろいろな楽しみ方ができるサービスだと思う。

そして今回、サービスの体験を通して一つの気づきがあった。それは、使うオーディオ次第で音楽が様々な表情を帯びるということだ。同じ曲であっても、再生環境が違えば聴こえ方も全然違ってくる。音楽メディアの編集者として音楽の魅力を伝えていくにあたっては、そういう点も考慮に入れるべきなのかもしれないと自省させられた。だがそれは裏を返せば、音楽というものが単一の聴こえ方に還元し得ない、多様性に開かれた豊かなものだということでもある。使うオーディオ製品をちょっと変えてみるだけで、楽曲の新たな表情と出会える。そのことを思うと、いち音楽ファンとして希望が湧いてくる。

 


INFORMATION
ヘッドホンのサブスクリプション・サービス〈ONZO〉

60以上のブランドのヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどが月額定額で借り放題!
https://onzo.co.jp/
料金プラン:全5種(ハイレゾリミテッド/シングル/スタンダード/プレミアムシングル/プレミアム)

■ハイレゾリミテッド・プラン
月額:1,860円(税別)
ハイレゾリミテッド商品のレンタル:可
スタンダード商品のレンタル:不可
プレミアム商品のレンタル:不可
同時にレンタルできる台数:1台
購入時の割引(12,000円以上の商品が対象):なし

■シングル・プラン
月額:2,480円(税別)
ハイレゾリミテッド商品のレンタル:可
スタンダード商品のレンタル:可
プレミアム商品のレンタル:不可
同時にレンタルできる台数:1台
購入時の割引(12,000円以上の商品が対象):なし

■スタンダード・プラン
月額:3,980円(税別)
ハイレゾリミテッド商品のレンタル:可
スタンダード商品のレンタル:可
プレミアム商品のレンタル:不可
同時にレンタルできる台数:3台
購入時の割引(12,000円以上の商品が対象):1,000円

■プレミアムシングル
月額:6,480円(税別)
ハイレゾリミテッド商品のレンタル:可
スタンダード商品のレンタル:可
プレミアム商品のレンタル:可
同時にレンタルできる台数:1台
購入時の割引(12,000円以上の商品が対象):2,000円

■プレミアム
月額:12,800円(税別)
ハイレゾリミテッド商品のレンタル:可
スタンダード商品のレンタル:可
プレミアム商品のレンタル:可
同時にレンタルできる台数:3台
購入時の割引(12,000円以上の商品が対象):3,000円