PR
インタビュー

鈴木大介がBlue Microphones製の高音質USBマイク〈Yeti X〉をレポート「音質の生々しさと透明度がすごい」

世界のミュージシャンも愛用!
PCに繋ぐだけで使える高音質USBマイク

 今なお続く新型コロナウィルスの蔓延は、音楽界にも大きな影響を与えている。だが、それは悲報ばかりではなく、弾き手と聴き手の双方に、新たな演奏と視聴の方法をもたらすことになった。今回ご紹介するのも、そんな朗報のひとつ。Blue Microphonesの高音質USBマイクのフラグシップモデル〈Yeti X〉だ。世界的ミュージシャンが数多く録音に愛用。他にも、テレワーク、ゲーム実況、音声配信と幅広く使われているので、ご覧になった方も多いことだろう。

 アメリカのBlue Microphonesは、業務用から一般のユーザーに至るまで、幅広い品揃えと高性能で定評が高いマイク・メーカーだ。2018年にLogitech Internationalのグループ傘下に加わってからは、ますますPCやモバイル端末と親和性を向上しており、この〈Yeti X〉もその特徴を持つ製品のひとつだ。

 今回は、日本を代表する名ギタリストで、コロナ禍においてもオンラインで積極的な演奏活動を続けている鈴木大介に同機を貸与。自宅で録音した際の使用感の説明に加え、株式会社ロジクールにおいて実演を再び行い、本誌SNS用に映像音源も提供してくれた。

 〈Yeti X〉は、コンデンサー方式のUSBマイク。対応システムはWindows 7/8.1/10、macOSは10.10以降で、PCのUSB端子は1.1/2.0/3.0に接続できる。コンデンサー方式は、ダイナミック方式に比べて感度が高く、繊細な音を収録できるのが特長だ。本体には4つのコンデンサー方式のマイクカプセルを搭載。左記の山本氏の記事にもある通り、用途に合わせて、〈単一指向性〉〈ステレオ〉〈無指向性〉〈双指向性〉の4パターンで切り替え収録ができるようになっている。これは要するに、どの角度や方向の音も的確かつ高感度で収録できるということ。ちなみに前作の〈Yeti〉は3つのカプセルを搭載したモデルだったが、鈴木は両者を聴き比べた上で、「カプセルが1つ増えたことで、音質の生々しさと透明度が格段に増しましたね」と大変満足気だった。

 彼に自宅での使用感を尋ねると、

 「最初は、正面の音を集中して収録する〈単一指向性〉を使ったのですが、本当にフロントの音だけが録れていて。普通はハイスペックなマイクを使っても周りの音が少しずつ混入してしまうから驚きました。続いて、マイクの周囲全方向から音を収録する〈無指向性〉も試したのですが、こちらは他の楽器とコラボした室内楽に向いているかもしれません。この〈Yeti X〉は、マイク底面に3.5mmヘッドホン端子が搭載されていて、ヘッドホン・イヤホンを接続して自分の音がミックスされた音声が聴けるとのこと。今後機会があれば、実際の演奏と収録した音源をぜひ聴き比べてみたいと思います」

 なお、同社からは他にも、エントリーモデル〈Snowball〉が同時発売中。こちらはコンデンサー方式のマイク・カプセルが2個搭載で、収録パターンは〈単一指向性〉と〈無指向性〉の2つ。USB変換アダプターを用いれば、iPhone/iPadに接続できるようになっている。鈴木はこちらの使用感について、

 「音の解像度は十分高く、弱音もきちんと拾い出してくれるので、会話やレッスンに向いていると思います。それにしても、現在の流通価格(オープン)が〈Yeti X〉2万4860円前後で、〈Snowball〉が9900円前後というのは驚くほどコスパが高いですね」

 そして、最後に鈴木が演奏してくれたJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲第1番(ギター編曲版)の第1楽章。本誌ウェブ版〈note of intoxicate〉などで視聴できるので、収録現場そのままの淡く麗らかな名演を堪能しながら、〈Yeti X〉の高性能に驚嘆していただきたい!

 


鈴木大介(すずき・だいすけ)
横浜生まれ。ギターを市村員章、福田進一、尾尻雅弘の各氏に、作曲を川上哲夫、中島良史の両氏に師事。ほかに、ザルツブルク・ モーツァルテウム音楽院においてエリオット・フィスク、ホアキン・クレルチの両氏に師事。マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。

 


【鈴木大介 meets Blue Microphones】
Yeti Xを使った《バッハ無伴奏チェロ組曲第一番》の演奏動画をnote of intoxicate他で配信予定!

 


・Blue Microphones Yeti X オープン価格(参考価格24,860円・税込)

 

・Snowball オープン価格(参考価格9,900円・税込)

関連アーティスト
TOWER DOORS