ララ・ララ(LaLa LaLa)『I Want The Door To Open』ドリームポップからインディーロックとの折衷、音響系フォークで終わるという流れが彼女の進化を物語る

2021.11.17

このリリー・ウエストによるシカゴのプロジェクトが前2作からの飛躍を求めたことは、タイトルからも明らかだ。新たな扉を開けたことを印象づけるドリーム・ポップからインディー・ロックとの折衷を経て、音響系のフォークで終わるという流れそのものが彼女の進化を物語っているようだ。ベン・ギバードらの客演も話題のひとつ。コーラスを重ねたラスト・ナンバーはダーティ・プロジェクターズを思わせたりも。

関連アーティスト