Photo by Emily Birds

新種のヘヴィミュージックをここに打ち立てた。米カオティックハードコアの雄、コンヴァージが初のコラボアルバム『Bloodmoon: I』を堂々完成! 今作はコンヴァージのメンバー4人に加え、ダークな歌姫チェルシー・ウルフ、彼女のバンドメンバーであり、曲作りのパートナーを務めるベン・チザム、さらにケイヴ・インのスティーヴ・ブロドスキーを含む総勢7人体制で作り上げた画期的な一枚である。ジェイコブ・バノン、チェルシー・ウルフ、スティーヴ・ブロドスキーのボーカリスト3人がそれぞれお互いのために歌詞を書き合い、心と心を融合させた先に何が見えるのか。そんな大胆なチャレンジを試みた今作は、メンバー自身の想像をも超えた未知のヘヴィネスに足を突っ込んでいる。

一筋縄ではいかない破格のコラボ作について、ジェイコブはZoom取材で今作の魅力をたっぷり語ってくれた。

CONVERGE 『Bloodmoon: I』 Epitaph/Silent Trade(2021)

 

唯一無二のアルバムが出来た

――2019年2月に日本で開催された〈leave them all behind〉でのライブを観に行きました。大阪、名古屋、東京2デイズの計4公演が行われ、僕はニューロシス、コンヴァージ、ENDON、Self Deconstructionが出演した2月16日の公演に足を運んだんですね。前回のツアーを振り返っていかがでしたか?

「ライブは楽しかったよ。ただ、僕たちにとってはちょっとチャレンジだった。ドラマーのベン・コラーがツアーに行く直前に腕を折ってしまったからね。それで一緒に演奏したことがない、友人のユーライアン・ハックニーにツアーで急遽叩いてもらったんだ。彼は素晴らしい演奏をしてくれて、日本のツアーはもちろん、オーストラリア公演でも演奏してくれたんだ。ライブはとても素晴らしかったし、僕らも演奏を楽しんだよ」

――オーディエンスの反応はいかがでした?

「日本のオーディエンスはいつも敬意を払ってくれるし、ヘヴィミュージック全般に対して情熱的だね。僕らは日本を愛しているから、演奏したり、旅行に行ったりする場所としても好きな国の一つだよ」

――そして、今作を聴かせてもらいましたが、内容的には様々な感情や映像を喚起させられる、表情豊かにして奥深いヘヴィミュージックとなりましたね。作り終えた今の感触は?

「とても良いよ。このクリエイティブな作業を終わらせて、ついに世界とシェアできることに興奮しているんだ。

僕らはみんな唯一無二のものが出来たと思っている。〈唯一無二〉というのは、つまり僕らが過去にやったこととは全く違うという意味であり、作った本人たちにとっても驚くべきものだったということ。というのも、すごく流動的でオーガニックなコラボレーションのプロセスだったからね。まったく予想のつかない特別なものが出来て、僕ら全員にとってもエキサイティングな制作になったんだ」

『Bloodmoon: I』収録曲“Lord Of Liars”

 

4ピースのコンヴァージよりもっと壮大な音楽を作りたかった

――プレスリリースには〈典型的な4人組のコンヴァージの音楽よりも、もっと壮大なものを作りたかった〉と書かれていました。〈壮大なもの〉とはもう少し具体的に言うと?

「そうだな。コンヴァージ以外のメンバー3人と演奏することで、自分の能力をもっと高めることができるんだ。ただ、僕らはすでにコンヴァージとして4ピースでできることを知っているし、他のメンバー3人のことを演奏者としても、ボーカリストとしても、リリシストとしても知っている。だから、本当にユニークで過去にやっていないものを僕ら全員で作ることはものすごく挑戦的なことだった。今回の作業は流動的だったから、コンヴァージのメンバー全員も生き生きしていたよ」

――なるほど。ちなみに〈壮大なサウンド〉を掲げたアーティストで好きな作品を挙げると?

「僕はちょうどクラシックロックのレコードに立ち返っていたんだ。レッド・ツェッペリンやピンク・フロイドのレコードにね。彼らのアルバムは3、4分の曲が入っているような、ありがちなレコードではないんだ。レッド・ツェッペリンや、ピンク・フロイド、イエスのようなプログレッシブロックバンドの音楽には特に没入できる。ザ・フーもそういう要素を持っているバンドだよね。オーケストラやビッグな編成で作品を作っているし、ありがちな曲の構造ではない、より大きなアイデアを表現しているから、すごくインスパイアされるんだ。そういう意味で今回は自分のルーツに立ち返ったところはあるかもしれない」

――例えばレッド・ツェッペリンとピンク・フロイドであなたが好きなアルバムというと?

「レッド・ツェッペリンだと、『Houses Of The Holy(邦題:聖なる館)』(73年)なんだ。なぜなら、あの作品は異なるサウンドや曲がたくさん入ったバラエティー豊かなアルバムだからね。あと、音楽のエナジーを運んでくれるジャケットもすごく印象的だしね。僕は異なるものどうしが一緒になって結びつき合っているような作品が好きなんだ。

レッド・ツェッペリンの73年作『Houses Of The Holy』収録曲“The Song Remains The Same”

ピンク・フロイドに関してはどれもお気に入りなんだけど、『Bloodmoon』のビジュアル面で明確にオマージュしているのは『The Piper At The Gates Of Dawn(邦題:夜明けの口笛吹き)』(67年)で、特別なレコードだよ。『Meddle(邦題:おせっかい)』(71年)も僕にとって本当に大きなアルバムで、よく聴いているんだ」

ピンク・フロイドの67年作『The Piper At The Gates Of Dawn』収録曲“Astronomy Domine”

――レッド・ツェッペリンの『Houses Of The Holy』は、彼らの作品の中でもカラフルかつポップな印象も受ける作品です。これをフェイバリットに選ぶのも興味深いです。

「確かにそうだね。でもあの作品は本当に多彩で深みのある素晴らしいアルバムだと思うよ」

今回はバンド同士の真のコラボレーションなんだ

――話を戻しますが、今作のアイデア自体はいつ頃から構想していたんですか?

「90年代後半から、僕とカート・バルー(ギター)は演奏の面で何かもっと違うことができないかと話し合ってきたんだ。それ以来、僕らはレコードの中で様々なことに手を出して、ダイナミクスを追求してきた。とはいえ、コンヴァージではビッグバンドスタイルで作品を作ろうと考えたことはなかったんだ。

でも2009年頃に面白いミュージシャンたちと出会い始めてね。カートはエンジニアとしてすごくたくさんのミュージシャンと仕事をしていて、彼らからインスパイアされていた。カートはその方向性に行きたがっていたけど、そういうサウンドを僕らの音楽性に持ち込もうとはしなかったんだ。

その後、たまたまチェルシー・ウルフとベン・チザムに出会い、さらにスティーヴ・ブロドスキーとのクリエイティブな繋がりが再び出来た。僕らは一緒に仕事をするべきラインナップを発見したと感じ、オランダで開催された〈ロードバーン・フェスティバル2016〉で演奏してみたんだ。一緒にライブで演奏して、良いケミストリーをそこで感じられたから、全員がこのまま続けたいと思ったのさ」

――ステージ上で感じたケミストリーはこれまでと違うものだったと?

「コンヴァージのライブはすごく激しいからね。そのステージでは新しい方法を学んだという感じかな。とはいえ、コンヴァージのスタイルを捨て去るんじゃなく、異なる方法で高めていく感じだね。なぜなら、ステージ上にはたくさんのメンバーがいて、動き回ることもできないから」

――確かに(笑)。その7人編成でやったライブが今回のコラボレーションを後押ししたと。

「そうなんだ。『Axe To Fall』(2009年)の頃にゲストをたくさん迎えてレコーディングしたけど、作曲の面ではゲストは関わっていない。でも今回はバンド同士の真のコラボレーションなんだ。すべてのミュージシャンがピュアなパフォーマンスからソングライティングまで、何らかのものを提案した。誰もがアイデアを出し、そのアイデアをシェアし、それらに磨きをかけていったんだ。本当にユニークな作業だったよ。それが新しい広がりをもたらしてくれたんだ」

 

チェルシー・ウルフはボーカリストとしてもギタリストとしても素晴らしい

――とりわけチェルシー・ウルフとのコラボには少し驚きました。あなたは彼女のセカンドアルバム『Apokalypsis』(2011年)を、サンフランシスコにあるレコード店のアクエリアス・レコードで購入したそうですね?

「もうなくなってしまったけど、アクエリアス・レコードは本当に素晴らしいお店でよく通っていて、そこで『Apokalypsis』は見つけたんだ。あと、ネイト(・ニュートン、ベース)が頼まれて作った年間ベストのリストに挙げていたことも覚えていた。

チェルシー・ウルフの2011年作『Apokalypsis』収録曲“Mer”

それにチェルシー・ウルフとベン・チザムが気付いたんだ。しかもベンは熱心なコンヴァージのリスナーだったからね。彼らはライブに来てくれて、お互いに話をするようになったんだ。2009年のシアトルでのライブだったと思うよ。それ以降、連絡を取り合い、ベンとは様々なレコードで一緒に仕事をした。ウェア・ユア・ウーンズのレコードとかでね。ベンはカートともいろいろな仕事をしていたし、チェルシーの素晴らしいアルバムも録音していた。それ以来、僕らは親族関係みたいな感じになったんだ。だから、一緒に仕事をすることはとてもナチュラルな流れだったんだ」

※編集部注 Wear Your Wounds。ジェイコブ・バノンのソロプロジェクト。ベン・チザムは2019年作『Rust On The Gates Of Heaven』に参加

――あなたが思うチェルシー・ウルフの魅力とは?

「彼女はボーカリストとしても、ギタリストとしても素晴らしくてね。彼女の歌い方は僕とは全然違うし、スティーヴの歌い方ともまったく異なる。だから、僕らはみんなボーカリゼーションやメロディーに対して、異なる方法でアプローチする。それがクールで、コラボレーションにおいても特別なものが生まれたと思うよ」

チェルシー・ウルフの2013年作『Pain Is Beauty』収録曲“Feral Love”

――他に女性シンガーソングライターで好きな人はいますか?

「実は8月に解散してしまったんだけど、ジョニー・ジュエルがやっていたクロマティックスというバンドだね。彼らは基本的にエレクトロニックなバンドで、女性のボーカリスト(ルース・ラデレット)がいた。今でも僕のお気に入りのアーティストで作品は全部聴いている。どれも強烈かつディープで素晴らしいね」

クロマティックスの2014年のEP『Cherry』収録曲“Cherry”

 

パンデミックで孤独になったことは有益だった

――では、今作の制作に着手したのは?

「2016年頃に何回かライブをやった直後に、一緒に音楽を作ろうと決めたんだ。そのときからお互いのアイデアを聞き合い、曲のデモや曲の骨格をシェアし始めた。それから、フルアルバムを作り上げるべく一緒に作業を始めたんだ。

カートは既にエンジニアやプロデューサーとしてかなりの仕事をこなしていたから、僕らがどんどんデモを送っても、すべての曲を磨き上げる作業は比較的スムーズに進んだよ」

――パンデミック期間の制作により、レコーディングの一部はリモートで行われたそうですね?

「そうだね。多少の苦労はあったけど、ある面で孤独になったことは僕らにとって有益だった。みんなのアイデアに対して、どうアプローチしてメンバーに提示するかという点で、統一感のあるものを提案できたからね。もし同じ部屋で一緒に作業をしていたら、こういう作品にならなかったかもしれない。

あと、コロナ禍でライブができなくなってしまったから、そんなときにクリエイティブな目標を持ち続けられたことも良かったよ」

――今作ではジェイコブにはチェルシーのために歌詞を書いてもらい、チェルシーにはスティーヴのために歌詞を書いてもらったそうですね?

「そう、僕らはみんなお互いに歌詞を書き合い、そのアイデアを磨き上げていった。僕が歌詞を書いて、それをスティーヴが歌って……その逆もあるね。僕らは全員、そのやり方で作業するのは初めてだったから、本当に面白いプロセスだったよ」

――その体験であなたが得たものは?

「全員がリリックを書いて、それを最終的な形に仕上げるのは僕たちにしかできないことだった。最終的な決定権は自分にはないし、自分が最終的な決定をくだしたいとも思わない。他のメンバー全員と繋がり合って、お互いが提案したアイデアに対して、それをどういう風に高めることができるかを考えることは楽しかったな」

7人のケミストリーが表れたサウンド

――今作の中で7人編成のケミストリーが最も表れている楽曲はどれですか?

「良い質問だね。僕らが最初にシングルとしてリリースした“Blood Moon”は、全員が曲の中に入って、それぞれの力を発揮している曲だと思う。今作のトーンのすべてが詰まっているよ。僕らそれぞれのキャラクターが感じられると思うし、ボーカリストがそれぞれのパートを歌っているから、まずはあの曲を挙げたい。

『Bloodmoon: I』収録曲“Blood Moon”

それと、“Coil”は僕にとって制作を楽しんだ曲だね。演奏をするのも楽しいし、素晴らしいクレッシェンドがあって、たくさんの声が入っている。それぞれが個別に作業して作り上げた曲ではないんだ。僕ら全員が一緒になったときの強みが表れた曲だと思う」

『Bloodmoon: I』収録曲“Coil”

――今お話しいただいた“Blood Moon”で幕を開け、“Blood Dawn”で締め括るアルバムトータルの流れも良かったです。曲順についても意識されましたか?

「そうだね。大体10〜12通りの曲順を考えたからね。みんな信念が強くて、どの曲で始まりどの曲で終わるのか、それぞれ違う考えを持っていた。でも最終的にはすごく良い曲順になったと思う。周期性があるというか、きちんとデザインされた曲順になったからね」

――今作のアートワークは素晴らしいですね。これまでの作品同様、あなたが手掛けたものだと思いますが、CDとヴァイナル(2022年6月リリース)でデザインを変更してますよね?

「そう、少し違うんだ。ヴァイナルは三日月のようなダイカットのスリップケースで、ある角度から見るとキラキラして見える。ジャケットの内側は月が飛び出してくるような仕掛けになっているんだ。CDバージョンに関しては基本のアートワークは同じで、少し違う方法で表現されているだけだよ」

『Bloodmoon: I』アートワーク

――デザインの面で注目すべきポイントは?

「重要なポイントは色だね。あのアートワークには煌めきと深みを持たせるようにした。今作にはそうした情熱が込められているからね。僕はそれをできるだけアートワークでも打ち出したかったんだ」

 

『Bloodmoon: I』は僕らのデビューアルバム

――今回のアルバム名は『Bloodmoon: I』ですが、これは『Bloodmoon: II』があると期待していいのでしょうか?

「そう願っているよ。僕らはたくさんの曲をレコーディングしたからね。7人全員で録った素材はまだたくさんあるんだ。今作は完成度が高いものというか、一緒に作業してうまくいったものを収録した。僕らがどんなバンドなのかを表すデビューアルバムという位置づけだね。できれば、このバンドを続けていきたいと思っているから」

――今作の制作がコンヴァージの作品にも影響を与える可能性は?

「そこは少し分けて考えているかな。わからないけどね。コンヴァージの作品には常にダイナミズムがあるから。でも、外へと拡張していくものがバンドの作品を形成していることも事実なんだ。これからそれがどうなるのかは、ちょっとわからないけどね」

――今作は映画音楽に通じる雰囲気も感じられました。あなたが気に入っている映画やサウンドトラックはありますか?

「いま気に入っているのは、『ドライヴ』(2011年。ニコラス・ウィンディング・レフン監督。音楽はクリフ・マルティネスで、クロマティックスの曲も使われている)のサウンドトラックなんだ。アルバムとしても映画音楽としても、パーフェクトなサントラだと思うね。

2011年のサウンドトラック『Drive (Original Motion Picture Soundtrack)』収録曲“Rubber Head”

映画の好みは常に変わっているんだ。今お気に入りの映画は、『ダージリン急行』(2007年。ウェス・アンダーソン監督。キンクスやローリング・ストーンズの曲の他、サタジット・レイの映画のスコアなどが使われている)。すごくパワフルで、ファニーで、悲しげで、超人的で……。そういった要素が絡み合って、一本の映画になっているんだよね」

2007年のサウンドトラック『The Darjeeling Limited (Original Soundtrack)』

――最後になりますが、日本のファンにメッセージをもらえますか?

「世界の状況が良くなったら、早く日本に戻りたいと思っているよ。(2019年2月の来日から)もう随分時間が経っているからね。素晴らしいオーディエンスが日本にいてくれることにすごく感謝しているよ!」

 


RELEASE INFORMATION

CONVERGE 『Bloodmoon: I』 Epitaph/Silent Trade(2021)

■国内盤CD
リリース日:2021年11月19日
品番:STCD-0003
仕様:ライナー/歌詞対訳/日本盤ボーナストラック付
価格:2,750円(税込)

■レコード盤
リリース日:2022年6月24日(金)
品番:DW236v
仕様:2xLP
価格:5,690円(税込)

配信リンク:https://silentlink.co.jp/bloodmooni09 

TRACKLIST
1. Blood Moon 
2. Viscera Of Men 
3. Coil     
4. Flower Moon 
5. Tongues Playing Dead 
6. Lord Of Liars   
7. Failure Forever           
8. Scorpion’s Sting         
9. Daimon          
10. Crimson Stone           
11. Blood Dawn