シャーロット・アディジェリー&ボリス・ププル(Charlotte Adigéry & Bolis Pupul)『Topical Dancer』アフロビートやファンク、R&B、ロックをエレクトロポップとして組み上げた中毒性のある作品

2022.05.19

ベルギー拠点のCharlotte AdigéryとBolis Pupulによる1stアルバムは、Soulwax主宰のレーベル〈DEEWEE〉よりリリース。ミニマルなビートとダークな雰囲気を纏ったディープなファンクサウンドは予測不可能な展開を見せる。不気味な印象を与える笑い声が入った“Esperant”や“HAHA”は独特の中毒性があり、ユーモア溢れるアプローチが面白い。さらに彼らのバッググラウンドや社会問題をスマートに取り入れており、重さを感じさせないバランスも良い。〈お洒落なダンスミュージック〉の一言では形容できない作品となっている。

 


アフリカにルーツを持つシャーロットと中国系のボリスによる、ベルギーを拠点にしたユニットの初フル・アルバムが、ソウルワックス主宰レーベルからリリース。クラフトワークとプリンスが魔合体したような“Haha”をはじめ、アフロビートやファンク、R&B、ロックの破片をアート寄りのエレクトロ・ポップとして組み上げたかのような楽曲が並ぶ。どれも得体の知れなさと妙な聴き心地の良さを併せ持ち、それが中毒性を生んでいる作品だ。

関連アーティスト