(左から)蜷川べに、呉青峰

呉青峰(ウー・チンフォン/Qing Feng Wu)は、台湾の音楽シーンで絶大な影響力を誇る人気バンド・蘇打綠のボーカリストとして知られるアーティストだ。2018年のソロデビュー以降は台湾のグラミー賞こと金曲奨(Golden Melody Awards)を受賞するなど、同地を代表するシンガーソングライターとして活躍している。そんな呉青峰が、ソロ3作目となるアルバム『馬拉美的星期二(マラルメの火曜日)』をリリースした。コンセプチュアルな作り込み、グローバルで多彩なゲストとの音楽的挑戦が光る本作には、なんと日本から和楽器バンドの津軽三味線奏者・蜷川べにが参加している。そこで今回は、来日した呉青峰と蜷川べにとの特別対談を実施。作り手どうしの対話は深い部分にまで及び……。 *Mikiki編集部

※ソーダグリーン(sodagreen)。2001年に結成されたインディーバンドで、2017年に3年間活動休止したのち復活、現在は魚丁糸(ユーディンミン/oaeen)という名前で活動している

呉青峰 『馬拉美的星期二』 Decca(2022)

 

呉青峰 × 蜷川べにの音楽を通じた対話

――『マラルメの火曜日』は、どのようなコンセプトの作品なのでしょうか。

呉青峰「19世紀末のフランスでは、マラルメという詩人がプライベートサロンを開催していたんです。このアルバムをある種のサロンとして、あらゆるアーティストを招いて対話するなかで〈創作とはどういうことなのか〉に向きあい、〈これまで自分ひとりで創作するだけでは到達できなかった、違う作品を作ることができないか〉というのが今作の主題であり核心的なテーマでした」

『馬拉美的星期二』収録曲“(......Le Petit Prince)(feat. 大橋トリオ)”

――蜷川べにさんを招いた“(......Siren Salon)”は、どのような世界観の楽曲なのでしょうか。

青峰「英語だと〈Siren Salon〉ですが、中国語では海妖サロンを意味する〈海妖沙龍〉というタイトルになっていて。海を司る神獣や妖怪は、自分の潜在意識における誘惑などの象徴なんです。

最初のイメージは大海原なんですが、浮世絵も脳裏をよぎり、自然と三味線の音色が自分のなかで広がっていきました。〈三味線の音色を取り入れたい〉と思い、べにさんのバンドや作品、ネットに上がっている映像なども拝見させていただき、お声がけした経緯があります」

『馬拉美的星期二』収録曲“(......Siren Salon) (feat. 蜷川べに)”

蜷川べに「この楽曲は青峰さんの経験や個人的な思いいれが反映されているんですか」

青峰「実をいうと、このアルバムの楽曲は夢うつつの中で作ったんです。夢のなかにいるようなウトウトした状態で思いつくことって、普段はしない発想だったり夢から伝えられるメッセージだったりすると思うんですよね。

それをキャッチして作品に落としこんでいくということは、無知な海人である僕が未知なる大海原を航海していくようなもの。僕はその大海原が豊かな命を育む海なのか、それとも自分を命の危険にさらす海なのかを知らないし、もしかすると楽しく歌を歌っているなかで自分がボロボロになっていくことに気づいてないかもしれない。そういった自分と創作の関係性は僕の経験の蓄積であり、夢うつつのなかで体現していったひとつの結果が“(......Siren Salon)”といえるのかもしれません」

蜷川「ありがとうございます。とても腑に落ちました」

――〈腑に落ちた〉ということは、青峰さんから楽曲を受け取ったときに今のお話にでてきたような要素を感じとっていたということでしょうか。

蜷川「はい。初めて楽曲を聴かせていただいたときに、曖昧なものの美しさをすごく感じて。おっしゃっていたような無意識や夢うつつのなかで生まれた世界観を大切にしたいと思ったんです。

和楽器バンドでレコーディングするときは、受け取った楽曲の音源やコード譜をもとにアレンジを考えていくのが各パートの仕事。でも、今回の作品については、そのやり方に楽曲をはめこんでいいのかという疑問がありました。コードに沿って決まった音楽をやるより、ちょっと外れたアレンジを必要とされているように感じたんです。明るさや華やかさ、ふわっとした世界観を三味線でどのように表現しようかと。結果的にソロパートは何パターンか録って青峰さんに選んでいただく形にして、それ以外は印象的なフレーズをもとにして決めたフレーズを弾かせていただきました」

青峰「べにさんが返してくださったソロパートは、全パターンが素晴らしかったです。どのアレンジも自分の想像通りだったし、想像を超えるものでもあった。もちろん僕のほうから修正をかけることはなく、すべてのパターンにおいて提出していただいた状態ですでに完成されていたように思います」

蜷川「曖昧な美しさをいかに表現するか、余白の部分は悩みましたね」

青峰「〈余白〉というワードを出してくださって、とても嬉しいです。僕がそれぞれの曲につけているタイトルは、〈鍵かっこ〉的なものでしかないですし、やはり音楽は〈こういうことを伝えたいので、受け取ってください〉というものではなく、リスナーの耳や手に渡り解釈され理解されて完成するものだと思うので。一方で、とても申しわけない気持ちもあります」

――申しわけない気持ち、ですか。

青峰「べにさんに楽曲をお渡しする際に、最低限の翻訳をした説明文はつけさせてもらいましたけど、僕から親切な説明をしなかったんです。僕も余白を大切にしているからこそ、余計な解釈はせず自由に創作してほしいし、アレンジしてほしかった。実験的な意味もこめて、あえて詳しい説明はせず、歌詞も伝えなかったんです。メロディーラインを聴いたときに、その世界観や作品に対して起こる反射的な反応は、すごく直接的なものだと思うし、そういった音楽の対話を大事にしているので。先ほどのべにさんのお話を聞いて〈音楽で対話できていたんだな〉と思いました」

呉青峰のアイデンティティーと和楽器の融合

――今回のコラボレーションを通して、お互いにシンパシーを感じる部分はありましたか。

蜷川「自分が前に進んでいるのか、後退しているのか。これは誘惑なのか、そうじゃないのか。目の前のことをやっていくうえで、とにかく進んでいるけども上手くいってるかどうかわからない状態というのは、すごくシンパシーを感じます。

先ほど〈海の神獣〉のお話もありましたけど、私も無意識の部分で生まれるアレンジやメロディーはあると思っていて。インプットをもとに頭のなかに浮かんでいることが、そのままアウトプットできるかというと、そうでもないですし。関わる相手や環境によって、その時々で発信する内容って変わってくると思うんです」

――自分のなかから生まれてきたアレンジやメロディーであっても、自分だけで完結しているわけではないと。

蜷川「外に向けて発信した先で起こる化学反応ってあるじゃないですか。今回は和楽器と台湾の音楽のコラボレーションでしたけど、そもそも私たちのやっている和楽器バンドのテーマは一方的に日本の伝統文化や音楽を伝えていくのではなくて、トレンドやシーンを取り入れつつ上手く融合させることで、今の世代の人たちが受け取りやすいように届けていくこと。なので、今回のコラボレーションも自分の〈和楽器をやっている〉というアイデンティティーと海外の彼が持つアイデンティティーが上手く融合して、お互いの可能性を広げられたらいいなとすごく思っていました」

青峰「同意します」

――青峰さんは、いかがですか。

青峰「もちろんシンパシーを感じました。コロナ禍ということもありインターネットを介しての音楽のやり取りとなったものの、べにさんたちから返ってきた曲は、自分が“(......Siren Salon)”を作りながら想像していたものでも想像以上のものでもあったので。

実をいうと、僕も自分の好きな中国文化やギリシャ神話など古典的なものを、現代の人に伝わる新しい形でアウトプットしたりアレンジをして作品化したりすることをすごく重要視しているんです。それは、べにさんたちの活動とも繋がることですし、だからこそべにさんたちの活動がクールだなって思ったんですよね」

 

自分が満足できる作品なら他人に認められなくても価値がある

――作品作りにおける化学反応を楽しめるおふたりかと思いますが、ご自身がよいと思える楽曲を作るために大切にしているのは、どのようなことなのでしょうか。

蜷川「そもそも〈何がよい楽曲か〉というのは、軸をどこに置くのかによって答えが変わるとても難しい問いですよね。売れる楽曲がいいのか、それとも自分のいろんな思いや発想がアウトプットされて昇華された楽曲がいいのか、アーティストとして活動していくうえでずっとずっと考えていくテーマだと思います。

私が〈いいものができたな〉とか〈わかりあえたな〉と思うのは、自分のなかで生まれた自分中心のインスピレーションが、何かしらの全く違う文化や国のアイデンティティーとぴったりハマったとき。今やっている和楽器バンドもそうですけど、いろんなジャンルの音楽やいろんな楽器があるバンドサウンドのなかで、自分が三味線でどういうアプローチをするのか、どんなふうにやれば新しい化学反応が起きるのかっていうところが、私にとって音楽の神髄かな」

――そう思うようになったきっかけがあったんですか。

蜷川「自分のルーツである三味線や日本民謡で、海外の楽曲や文化にアプローチしたりコラボレーションしたりするのは、ずっと〈やりたいな〉と思っていたことなので。小さい頃から演歌や民謡を聴く一方で、中近東や南米のラテン音楽や各国のオリジナリティーが出る民謡が大好きだったんです。今の自分はその想いを実現することができているように感じますね」

和楽器バンドの2022年作『ボカロ三昧2』収録曲“フォニイ”

――青峰さんは、いかがですか。

青峰「すごく本質的かつ難しい問いですよね。僕も音楽人として正式に創作活動を始めて17、18年経ちますし、〈いい曲とはなんぞや〉という問いに対する葛藤は一通り経験してきたと思います。過去には、いろんな人が様々な意見やアドバイスを僕にくれました。〈もっとわかりやすい作品を作ったらいいのではないか〉という意見もありましたし、台湾で受けのよいバラードやラブソングは僕の得意とするものではないので、ひとつの課題であったことは事実です。

でも、下心ありきな目的や目標のある作品って、結局そんなにモチベーションがあがらないですし、自分が無理をしているといいものってできないと思うんですよ。自分が心の底から〈作る価値がある〉と信じられる、自分の内心から湧き上がってくる〈作りたい〉からしか、いい作品はできない。この年になって思うのは、自分にとって満足できるものであれば、他の人から〈これはいい曲だね〉という承認を得なくても、それは価値があるものなんだということ。

この曲のタイトルの海の妖怪が、僕たちを危険に晒し、どこかへ誘うかもしれない。そういったものに惑わされない気持ちをもって創作することが重要だと思います。僕は17、18年創作をするなかで、自分がまだやったことないことを『マラルメの火曜日』で実践・実験できたことが、何よりも嬉しいです」

深いところで理解しあった2人

蜷川「お会いしてみて、青峰さんは型にハマったものではなくて、降りてくるインスピレーションをすごく大切にされている方なんだと思いました。説明があまりない状態で受け取った“(......Siren Salon)”を、私のインスピレーションで表現して正解だったと感じられて、すごく嬉しいです」

青峰「とても深いところで理解してくださって感謝します」

蜷川「こちらこそ。なかなか取材だと、こういう深い話ってできなくて。わりと技術的なことや音楽的なアプローチなど、表面的なことをお話ししなければならないことが多いので、今回はいきなり自分の芯の部分をお話できてよかったです」

青峰「僕も蘇打綠で長らく活動していたので、バンドで活動するうえでの心構えもそれなりに理解しているんですけど、今日の交流とインタビューがより難解になってないか……。ごめんね(笑)」

蜷川「新鮮で楽しかったです!」

 


RELEASE INFORMATION

呉青峰 『馬拉美的星期二』 Decca(2022)

リリース日:2022年9月30日
配信リンク:https://umj.lnk.to/QingFengWu_MallarmesTuesdayPR

TRACKLIST
1. (......The Little Shepherd) (feat. The Gleam Ensemble)
2. (......Siren Salon) (feat. Beni Ninagawa of WagakkiBand)
3. (......The Great Hypnotist) (feat. Maîtrise Saint-Marc - Les Choristes)
4. (......Fragments d’un Discours Amoureux) (feat. Karena Lam)
5. (......Spirited Away) (feat. Yoshiaki Sato)
6. (......Doctor Headstrong) (feat. Dr. Jean-Loup Ringot)
7. (......When the Ghost Got Lost) (feat. Yoed Nir)
8. (......Drunkard Ah Q) (feat. Yanzi Sun)
9. (......Brown Haired Girl) (feat. Lisa Ono)
10. (......Dance of the Gnomes) (feat. Jasmine Sokko)
11. (......Le Petit Prince) (feat. ohashiTrio)
12. (......Sleeping Beauty) (feat. Chun-Chieh Yen)

 


PROFILE: 呉青峰(ウー・チンフォン/Qing Feng Wu)
台湾出身のシンガーソングライター。SNSで1,600万人以上のフォロワーを持ち、多くのアーティストに楽曲提供も行う。2001年よりインディーバンド〈蘇打綠(ソーダグリーン/sodagreen)〉のボーカルとして活躍。バンドは2017年より3年間の活動休止を発表。2018年にシングル“Everybody Woohoo (feat. 9m88)”でソロデビュー、2019年に初のソロアルバム『太空人(Spaceman)』をリリースした。このアルバムで2020年に台湾のグラミー賞とも称される〈金曲奨(Golden Melody Awards)〉にて〈最優秀男性歌手賞〉を受賞。現時点で〈最優秀作曲賞〉〈最優秀作詞賞〉〈最優秀編曲賞〉〈最優秀バンド賞〉〈最優秀歌手賞〉の5大部門をすべて受賞した唯一の歌手となる。バンドは2020年に活動を再開し、バンド名を〈魚丁糸(ユーディンミー/oaeen)〉として活動している。