メロディアスなミニマル・テクノ放つデイヴ・DK、持ち味の静謐&無骨なサウンドそのままに広がりある音像がロック耳も惹きそうな新作

2015.05.21

東ドイツ出身、ベルリンを拠点にメロディアスなミニマル・テクノを放ち続けてきたヴェテラン・プロデューサーの実に8年ぶりとなるサード・アルバムは、名門コンパクトからのリリース。移籍先のカラーにアジャストしたかのようにいささかポップにコーティングされてはいるものの、持ち味である静謐で無骨なサウンドは健在で、広がりのある音像はロック・リスナーからの新たな支持も期待できそう。

関連アーティスト
TOWER DOORS