COLUMN

マックスDとコ・ラから成るリフテッド、ミニマルな電子音楽をオーガニックに鳴らすジジ・マシンら参加の話題作『1』がCD化

LIFTED
アーティスティックなセッションがCD化!

LIFTED 1 Pan/melting bot(2016)

 昨年パンからリリースされ、一部で話題となったリフテッドのアルバム『1』が日本でのみCD化! リフテッドとは、RVNGなどに作品を残すマキシミリオン・ダンバーマックスD)ことアンドリュー・フィールド・ピッカリングと、コ・ラ名義の作品で名を売ったマット・パピッチによるユニット。いずれも複数の名義で多様な作風を聴かせるアーティストだが、2014年頃から楽曲を世に出していたリフテッドではアヴァン・ジャズの影響も色濃いアンビエント・テクノを持ち味としている。

 しかも即興のセッションを重ねて作られた『1』では、ちょうど90年代のリイシュー音源によって再評価の進んでいるヴェニスのジジ・マシン(ギター/ピアノ)や、ポニーテイルなどで活動してきたジェレミー・ハイマン(ドラムス)、さらにジョーダンGCZ(シンセサイザー)らの豪華な面々が集結。ミニマルでフリーフォームな電子音楽をオーガニックに響かせ、瞑想的な広がりと振幅によって知的な音空間を躍動させている。この機会にアーティスティックな独自の世界に浸っていただきたい。

タグ
Pan
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop