オランダの電子音楽家、ケトルの新作はエレクトロニカ以前の電子音楽の潮流捉えた懐かしさと新鮮さ入り混じる巧妙なサウンドメイキング

2016.06.09

オランダの人気電子音楽家が送るニュー。ブレイクビーツやテクノ、アシッドといった、エレクトロニカという名称が生まれる以前のエレクトロニック・ミュージックの潮流を捉えたサウンドメイキングが巧妙で、耳触りには多少の懐かしさと新鮮さが入り交じる。瑞々しく跳ね回る電子ビーツ、鮮やかなシンセワークは心地良く、かつてのマイク・パラディナスのよう。そして特有のメロディアスな旋律は健在にして快心だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS