2016.08.01

現代音楽家としての評価を確かなものにした『Hive1』より1年強、このEPではミュージック・コンクレート的な視点で踊れるサウンドをクリエイト。パッチワークのように繋ぎ合わせた音の断面から浮かぶ、意外なほど人懐っこいハーモニーに脳天を打ち抜かれます。いまさらバトルスのことを持ち出すのも野暮ですが、両者の方向性は明確に異なる一方、ここへきて共通する部分も見えてきたりして。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop