ピート・ドハーティ好きにも響く危険な色気ある歌声! ロンドン発SSWのLA・サラーミ、独特のミクスチャー感溢れるカントリー・ブルース築いた初作

2016.09.01

バーバリーのデザイナーに見い出された、ナイジェリアをルーツに持つロンドン生まれのシンガー・ソングライター、LA・サラーミがデビュー作を発表! しかも、キティ・デイジー&ルイスデヴィッド・リンチが所属するレーベルからのリリースときた!! プロデュースはフローレンス・アンド・ザ・マシーントム・オデールらを手掛けるマット・イングラムで、すべての曲を一発録り。初期のボブ・ディランみたいな弾き語りスタイルをベースに、時折ニック・ドレイクポール・サイモンクラッシュベックっぽさも顔を出し、独特のミクスチャー感に溢れたフォークやカントリー・ブルースを築いている。そんな彼の最大の魅力は危険な色気を纏った歌声で、ピート・ドハーティ好きも虜にするんじゃないだろうか。エド・シーランジェイク・バグジェイムズ・ベイの流れに連なる人ではあるが、そのワルそうなムードは昨今の英国勢にはなかったもの。格調の高さを感じさせないラフさが素晴らしい。

関連アーティスト
TOWER DOORS