東京発オルタナ気質な4人組Kumagusu、ソリッドなツイン・ギターとタイトなリズム隊のアンサンブル基調に蜃気楼のようなサイケデリア浮かぶ初作

2016.09.30

2009年末に東京で結成されたオルタナ気質の4人組が鳴らすのは、うだるような暑さが続く気怠い夏の風景。乾いた音色のソリッドなツイン・ギターと、タイトなリズム隊によるアンサンブルを基調に、曲によっては空間系のエフェクトを使って、蜃気楼のようなサイケデリアを浮かび上がらせる。初期のナンバーガールとリンクする世界観からは、“透明少女”の〈気づいたら俺は夏だった風景〉というフレーズが思い浮かんだ。

関連アーティスト
TOWER DOORS