2014.03.25

〈タブー版ベル・ビヴ・デヴォー〉とでも言うべき、シンガー2名とMCから成るアトランタの3人組。地元仲間と思しきジミー・トーマス&カーク・ワンが手掛けた唯一のアルバムは、ニュー・ジャック・スウィング後退期に出されながら、“Call Me Up”“So What!”といった逞しく尖ったスウィング・ビートのダンス・ナンバーを気後れすることなく繰り出していく。“Call Me Up”の秀逸なリミックスもボーナス収録。

※試聴はこちら

関連アーティスト