トピック

名古屋発ノイズ・ロック・バンドVelvet AntsがCall And Responseからデビュー DMBQの増子真二が録音

名古屋発ノイズ・ロック・バンドVelvet AntsがCall And Responseからデビュー DMBQの増子真二が録音

愛知・名古屋のノイズ・ロック・バンド、Velvet Antsがファースト・アルバム『Entomological Souvenirs I』を2018年9月19日(水)にリリースする。

2014年結成、Joe(ギター、Sunn amps)とKaz(ギター、ELECTROGRAVE effects)、Kusunose(ドラムス)からなるベースレス・トリオのVelvet Ants(担当楽器がすごい!)。すでにMelt-BananaやDMBQ、OOIOOといったアンダーグラウンド・レジェンドたちとの共演を果たしており、2015年にJoeが企画したキャシー・ラモーン(元ヴィヴィアン・ガールズ)とコリーン・グリーンのツアーにも帯同するなど、現場主義者たちを中心に話題を呼んでいるバンドだ。

そんなVelvet Antsのデビュー作『Entomological Souvenirs I』は、DMBQのメンバーである増子真二がレコーディング・エンジニアを担当。Velvet Antsのサウンドに共感を寄せているであろう増子による生々しくヘヴィーでドライなサウンドは、バンドの衝動的な演奏を見事にパッキングしており、実に力強い(白眉はアルバムを締めくくる10分超の大曲“Cicada”だろう)。レーベルの資料にはソニック・ユースやディス・ヒート、BOREDOMSといった錚々たるバンドの名前が並んでいるが、2018年のアンダーグラウンドで気を吐くKlan Aileenのファンにも訴える音だろう。

なお、本作のリリース元は、著書「バンドやめようぜ!――あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記」で知られる音楽ジャーナリスト、イアン・F・マーティンが主宰するCall And Response。以前お伝えしたSEA LEVELのアルバム『Dictionary(Handwritten)』に続くリリースとなっている。

 


LIVE INFORMATION
Purely Evil #20
Velvet Ants “Entomological Souvenirs I” Release Party in Nagoya

2018年10月14日(日) 愛知・名古屋 spazio rita
出演:Velvet Ants/Compact Club/nehan/jailbird Y/Free City Noise/NOISECONCRETEx3CHI5

2018年12月8日(土) 東京・中野 MOON STEP
出演:Velvet Ants/Jailbird Y/Adrena Adrena/P-iPLE/満州候補者/Soloist APT/Tropical Death/ゲバ棒/The Buttercup/Fidel 500/Former Airline/The Neso 他

TOWER DOORS