MANNISH BOYS 『Naked』 斉藤和義×中村達也、2人の個性がスリリングに激突する

2019.02.04

ドラムスとギターのパンキッシュなセッションで幕を開けるEPは、管楽器や鍵盤を採り入れてバンド感を強めた前作とは対照的に、2人の個性が激突するスリリングな演奏が主体に。飾りも気取りもなく、がむしゃらにぶつかり合う様は表題通り〈丸裸〉だ。収録曲の半分がインストで、音数の少なさが何とも潔い。クレイジーなピアノと火花を散らす“蠍座の鍵盤”などもあり、即興性を通して荒ぶる魂の交歓が存分に堪能できる。

関連アーティスト
TOWER DOORS