Photo by Koury Angelo
 

89年にUKで生まれたインディペンデント・レーベル、XLレコーディングスはさまざまなジャンルの才能豊かなアーティストを擁していることで広く知られている。プロディジー、M.I.A.、アデル、キング・クルールといったアーティストを世界に送り出してきたことに加えて、サブ・レーベルのヤング・タークスではXXやFKAツイッグスを輩出。その一方で、近年ますます勢いを増しているグライムのシーンからディジー・ラスカルやギグスといった才能をメインストリームに送り出した功績も大きい。

レーベル初期からXLに関わり、現在はオーナーを務めるリチャード・ラッセル(Richard Russell)は運営に携わるだけでなく、ギル・スコット・ヘロンやイベイーの制作にも精力的に関わり、2018年には自身のプロジェクト、エヴリシング・イズ・レコーデッド(Everything Is Recorded、以下EIR) をスタートさせた。同年リリースの初作『Everything Is Recorded By Richard Russell』は、インターネットのシド、カマシ・ワシントン、サンファ、ギグスといった多彩な客演陣を迎え、R&B、ジャズ、ソウル、レゲエなどをクロスオーヴァーした作品だった。

そして、この度プロジェクトにとって2作目となる『FRIDAY FOREVER』が完成。今回は、ウータン・クランのゴーストフェイス・キラーや、70年代後半~80年代に活動した伝説的アナーキスト・バンド、クラスを率いていたペニー・リンボーといったレジェンドに加えて、新世代のラッパー/プロデューサーを多数フィーチャー。アイッチ(Aitch)、フローハイオ(Flohio)、ジェイムズ・マシア(James Massiah)、キーン・カヴァナ(Kean Kavanagh)らUK全土の新たな才能が参加している。

本作のリリースに際して、リチャード・ラッセルがインタビューに答えてくれた。僕の個人的なレビューも交えながら、本作を紹介していこうと思う。

金曜の夜から土曜の朝にかけてのストーリー

本作『FRIDAY FOREVER』はその名の通り〈金曜日の夜〉がテーマ。それぞれの曲名の前に金曜日の夜から土曜日の昼までの特定の時間が付けられ、アルバムを通して一晩の情景を表現している。このコンセプトが生まれた経緯について、ラッセルは次のように語ってくれた。

「ある日、レコーディングの中で出来上がったのがインフィニティ・コールズ(Infinite Coles)とマリア・サマヴィル(Maria Somerville)の“11:55 AM / THIS WORLD”だった。出かけた夜の次の日の朝についての曲なんだけど、出来上がったあと、その時点で完成していた他のトラックはナイトアウト(夜の外出)についての曲だということに気づいた。知らないうちにストーリーが生まれていたんだね。

映画監督のフランシス・コッポラが、〈良いストーリーを作りたければ、エンディングが必要だ〉と話していたのを思い出して、“THIS WORLD”はこのストーリーの良いエンディングだと思った。そして、エンディングにたどり着くには金曜の夜のストーリーが必要だと考え、他のコラボレーターたちに、夜から朝を舞台にしたストーリーについて書いてくれないかと頼んだんだ」。

『FRIDAY FOREVER』収録曲“11:55 AM / THIS WORLD”

ロンドン~NY、ミステリアスで高揚感に溢れたナイトクラビング

アルバムの前半では金曜日の一晩に起きたことが描かれる。イントロダクションのあとに続く “10:51 PM / THE NIGHT”では、アンソニー・レッド・ローズによるデジタル・ダンスホール・レゲエのクラシック“Tempo”(84年)を下敷きにした分厚いベースラインと、夜の街へと足を踏み込んでいくかのようなグルーヴが耳を引きつける。そこにラッセルが「初めて聴いた時から素晴らしいエネルギーを感じた」と賞賛するトリニダード・トバゴ出身のラッパー、バーウィン(Berwyn)のフロウが乗る。〈夜は永遠には続かない 俺たちは俺たちのやり方でいく〉というフレーズが、深夜の入り口と言うべきミステリアスな時間帯ならではの、恐怖と冒険心とが入り混じった複雑なムードを醸している。

『FRIDAY FOREVER』収録曲“10:51 PM / THE NIGHT”
 
バーウィン
Photo by Ed Morris
 

続く“12:12 AM / PATIENTS(FUCKING UP A FRIDAY)”では、マンチェスター出身の弱冠20歳のラップスター、アイッチが参加。マンチェスター訛りが色濃く残ったラップで〈Fuck Upした ダメになった〉とさまざまな一晩を回想する。ここでの彼のリリックは、パーティーで頻用されるドラッグとしてザナックスや咳止めといったアイテムを描き、ドラッグにしばしつきものの躁鬱の混じった情景をコミカルに表現している。

『FRIDAY FOREVER』収録曲“12:12 AM / PATIENTS(FUCKING UP A FRIDAY)”
 

「アイッチが作り出すフロウと歌詞は素晴らしい。ユニークで自信があり、生き生きとしているんだ。彼とのセッションはすごくエキサイティングで楽しかったよ。エナジーが素晴らしく、レコーディングがすごくスムーズだったんだ。今のUKラップ・ミュージックは、それぞれが自分のスタイルで好きなことをやっているのがいいと思うね。彼はその新しいリーダーの1人なんだ」。

“02:56 AM / I DONT WANT THIS FEELING TO STOP”では南ロンドン出身のフローハイオがアップテンポなサウンドのもと、高揚感や疾走感を表現。彼女はこれまでにもゴッド・コロニー(God Colony)やエルヴィス1990(L-Vis 1990)といったダンス・ミュージックのDJ/トラックメイカーの作り出すトライバルなリズムを軽々と乗りこなしてきたが、そこで培われたビートのテンポに対して倍速のラップ・スキルを伸び伸びと発揮している。

『FRIDAY FOREVER』収録曲“02:56 AM / I DONT WANT THIS FEELING TO STOP”
 

そして、ロンドンのナイトクラビングから、NYロードサイドでのバブリーな夜遊びへ。ゴーストフェイス・キラーを迎えた“03:15 AM / CAVIAR”では高級車でのドライヴやカジノといったNYならではの夜遊びを背景に、大胆で豪奢なストーリーを展開する。

「私にとって、ゴーストフェイス・キラーはもっとも素晴らしい声をもっているアーティストの一人で、しかも日に日に進化している。本当にパワフルで、私の心を動かすんだ。彼がこのレコードに参加してくれたというのは、大きな名誉。彼だけがスタジオに来なかったんだ。スタジオに来てレコーディングするというのがこのプロジェクトのルールになりつつあったから、彼は型破りなんだな(笑)。でも送られてきたヴォーカルは素晴らしかったから、すごく満足だった。まったく不満はなかったね」。

『FRIDAY FOREVER』収録曲“03:15 AM / CAVIAR”

UK新世代ラッパーの魅力

バーウィン、アイッチ、フローハイオや南ロンドン出身のジェイムズ・マシアといった新世代のアーティストは、ラップとポエトリー・リーディングの間に位置するようなスタイルを持っている。彼らは不世出のスター性をトラック上では示しながら、その表現において心優しさや繊細さも失うことがないように感じられた。ラッセルの目から見た彼らの共通点とは?

「彼らに共通しているのは、それぞれの受けたインスピレーションがラップから熱く伝わってきて、聴き手の心に強く訴え、人々を奮え立たせるという部分。インスピレーションは各人それぞれで、本である場合もあれば、音楽であることもあるし、環境や自然だったりもするディジー・ラスカルやワイリー、ギグスはUKのシーンにおいて扉を開けた存在だけれど、今はバーウィンやジェイムズ・マシアたちがより広い空間へと繋がっている次の扉を押しているところなんじゃないかな」。

 

サンプリングの醍醐味は、現在のアーティストと過去の音楽を繋ぐこと

話を『FRIDAY FOREVER』に戻すと、ストーリーは朝へ。“09:35 AM / PRETENDING NOTHINGS WRONG”からは、リアルすぎる二日酔いの様子が目に浮かぶ。この曲には、アイルランドはダブリン出身で、同郷のヒップホップ・クルー、ソフト・ボーイ(Soft Boy)とのコラボでも知られるシンガー・ソングライター/プロデューサーのキーン・カヴァナが参加。サンプリングが印象的な1曲だが、ラッセルはサンプリング・ソースを「日々の暮らしの中で聴いた音楽からピックアップしている」という。

『FRIDAY FOREVER』収録曲“09:35 AM / PRETENDING NOTHINGS WRONG”
 

「サンプリングするネタを見つけるために音楽を聴くのは好きじゃないんだ。日々たくさんの音楽を聴く中で、向こうから私に見つけさせることも大切なんだよ。それが起こるのは、贈り物をもらったのと同じこと。いいなと思うサンプリング・ソースを見つけたら、どのアーティストをそのサンプルと繋げたら有効活用できるかを考える。私にとっては、(過去の音源から取った)サンプルと現在のアーティストを繋げることがプロセスの中ですごく大切なんだ。良いサンプルを見つけるためには、常にオープンでいることが必要。いろいろな音楽に耳を傾けている過程で、良いものと出会えるんだ」。

今の世の中、逃避や解放も大切なんだ

そしてアルバムを作るきっかけとなった“11:55 AM / THIS WORLD”を経て、クラスのペニー・リンボーが参加した最終曲“11:59 AM / CIRCLES(Outro)”へと繋がる。これら2曲の流れは、スピリチュアルな雰囲気のなか、〈この世界〉や現実を少し離れた場所から見ているようである。

「ペニー・リンボーは私の音楽ヒーロー。クラスはイギリスの音楽史においてもっとも影響を与えたバンドの一つで、パンクの精神というのは、〈妥協をせずに自分の信念を主張すること〉と定義づけた。その精神を今回のレコードに反映させたいという思いから彼にアプローチして、レコーディングが実現したんだ。彼が歌をふきこんだ瞬間は本当にスペシャルだったね。彼は、スピリチュアルな深みを作品にもたらしてくれた」。

『FRIDAY FOREVER』収録曲“11:59 AM / CIRCLES(Outro)”
 

クラスは70年代から〈社会の枠組みから外れて生きることは可能だ〉というメッセージを放ち、自給自足のコミュニティーを立ち上げ、アナキズムの思想を広めるべく音楽活動を続けた。その姿勢は、ウェアハウスや郊外の農場を占拠してフリー・パーティーを行った90年代のレイブ全盛期にDJとして過ごし、レーベル運営の面でもメジャー資本の傘下に入らず独立独歩で活動を続けるラッセルと共通点があるように思える。

それは、両者ともにインディペンデントな状態を志向し、オルタナティヴな未来を構想するための豊かな想像力を持っていることだ。ラッセルが本作の朝から昼にかけてのパートで描いたのは、パーティー明けのアンニュイな時間のなかで〈別の未来〉を夢想してみることではないだろうか。

「(アルバム全体に)落ち着きや少し暗い雰囲気が出ているのは、今の世の中、逃避や解放も大切だと思ったから。そういった部分にも触れようとしたんだ」。

リチャード・ラッセルとマリア・サマヴィル
Photo by Ed Morris
 

リチャード・ラッセルがエヴリシング・イズ・レコーデッドを続ける理由

UKでも日本でも、ライブハウスやクラブは都市開発や風営法による摘発の影響を受けて縮小を続けている。しかしながら、ラッセルはさほど悲観的ではなく、むしろ新たに生まれているオンラインのスペースをポジティヴに捉えているという。

「特にロンドンの中心では、経営難でクラブがたくさん閉まってしまった。そういう点で、人々の音楽へのアクセスの仕方も変わり、クラブ・カルチャーも昔と比べて変わったと思う。でも、クラブ・カルチャーに変化はつきもので、変化して当たり前なんだ。今は、NTS Radioをはじめとしてオンライン上に素晴らしい番組がある。音楽のセレクションがすごく良いDJは今も沢山いるからね。最高のDJ達は特別なテイストを持っていて、トレンドに関係なく特別なセットをシェアしてくれる。私はいつだってラジオを楽しんでいるよ」。

エヴリシング・イズ・レコーデッドのプロジェクトを続ける理由は「世代と世代を繋げ、新たな世代を紹介するため」と語るラッセル。ダンスホール・レゲエ、シカゴ・ハウス、ヒップホップ、ロック、ソウルなどさまざまな音楽からのサンプリングを駆使しながら、その姿勢は常に前向きで未来の方を向いている。

「歳をとっていくと好きなものがある程度決まって限られたり、それ以外のことに関して目を向けなくなったりしがちだけれど、私は常にオープン・マインドで、色々なものを聴き、そこから自分が良いと思うものを受け入れ、取り入れている。クラブに行かなくなってしまった人たちにとっても、この作品が新たなサウンドを知るきっかけになってくれたらと思うね」。

Photo by Aliyah Otchere