コラム

堂本剛が剛 紫、美 我 空、SHAMANIPPONで奏でた音楽

過去作サブスク解禁第2弾から音楽キャリアを振り返る

堂本剛が剛 紫、美 我 空、SHAMANIPPONで奏でた音楽

堂本剛の過去作品、そのデジタル配信第2弾がスタート

去る6月、KinKi Kidsの堂本剛によるソロ・プロジェクト〈ENDRECHERI(エンドリケリー)〉がニュー・アルバム『LOVE FADERS』をリリースした。これに併せて過去3作品(『HYBRID FUNK』『one more purple funk... -硬命 katana-』『NARALIEN』)のデジタル配信が始まったことは、こちらの記事でお伝えしたとおり。

7月15日、さらに、堂本がこれまで発表してきた10作品、82曲のデジタル配信がスタートした。今回解禁されたのは、2009年に始まった〈美 我 空(びがく)〉、そして2011年に始動した〈SHAMANIPPON(シャーマニッポン)〉というプロジェクトでリリースされたアルバムやシングルだ。

堂本がさまざまなアーティスト名義/プロジェクトのもとで多角的に発信してきた作品群が、デジタルなプラットフォーム上でいよいよカタログ化されてきた。前稿で書いたように、このディスコグラフィーの整理作業によって〈堂本剛〉というアーティストの全体像がはっきりと結ばれつつある。

Spotifyプレイリスト〈This Is 堂本 剛〉

本稿では、これらの作品について、主に音楽的な側面を語っていきたいと思う。

 

〈剛 紫〉による〈美 我 空〉(2009年)
『空 〜美しい我の空』『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』

まず、今回配信が始まった作品のなかでもっとも古いものは、2009年4月に同時リリースされたシングル“空 〜美しい我の空”とアルバム『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』だ。2作は堂本のキャリアにおいては〈美 我 空〉というプロジェクトであり、〈剛 紫(つよし)〉というアーティスト名義で発表されたもの。

〈剛 紫〉という名前の〈紫〉には、〈赤=情熱〉と〈青=クール〉を足した色、という意味合いが込められているらしい。とはいえ、もちろん〈紫〉は堂本が敬愛する音楽家・プリンスを象徴するカラーであり、当然彼へのリスペクトやトリビュートも込められているはず。

シングル“空 〜美しい我の空”は、堂本の作品にたびたび登場する故郷・奈良の空をテーマとするバラード篳篥(ひちりき)をメインに演奏する雅楽師の東儀秀樹が参加しており、みずから撮影したというジャケット写真からは、パーソナルな雰囲気が伝わってくる。

剛 紫の2009年のシングル“空 〜美しい我の空”

やはり印象的なのは東儀の笙と篳篥の音色だが、旋律は日本的というわけではない。なので、ロック色の強い楽曲に笙や篳篥の響きが加わり、洋と和の融合が試みられているように感じる。

また繊細に、切々と歌う堂本の歌は名唱だ。故郷をテーマにしながらも、その詞は喪失感に満ちあふれている……。

剛 紫 『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』 美 我 空(2009)

一方、アルバム『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』は12曲で美 我 空の世界を描いたもの。

幕開けのインストゥルメンタル“美 我 空”がおもしろい。尺八や笙、篳篥、琴などがオリエンタルな旋律を奏で、スペ―シーな電子音とロック・ギターが絡まり合い、ファンク・セッションへと雪崩れ込んでいく。ここですでに、堂本流のハイブリッドなファンクがほとんど完成していることに驚く。

剛 紫の2009年作『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』収録曲“美 我 空”

しかしアルバム全体の印象としては、削ぎ落されたシンプルなロック・アンサンブルを志向しているように感じる。

“吠えKey”“Raindrop Funky”や“FUNKAFULL FUNKAFULL”はホーンやベースライン、ギターのカッティングなどが印象的なファンク・ナンバーではあるものの、ENDRECHERIとしてファンク道をまい進する『NARALIEN』(2019年)や『LOVE FADERS』の楽曲と比べると、グルーヴの粘りよりも軽快さや抜けの良さが強調されている。だが、『NARALIEN』で再録されることになる“NIPPON”が収録されていることも見逃してはならないだろう。

剛 紫の2009年作『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』収録曲“NIPPON”

だからこそ、ファンク・シンガーとしてパーカッシヴな歌唱や艶めかしいヴォーカリゼーションを究めつつある近年よりも、この頃の堂本の歌はメロディーを美しく歌うことや、歌詞をエモーショナルに表現することに重きを置いているように感じる。その証拠に、初期レディオヘッドのような“TALK TO MYSELF”や“愛詩雨”“素敵な詩 孤独な詩”といったアルバム前半のロック・バラードには、堂本の魂がそのまま差し出されているかのような、私的で、なおかつ孤独な手触りがある。

剛 紫の2009年作『美 我 空 - ビ ガ ク 〜 my beautiful sky』収録曲“TALK TO MYSELF”

青空と白い雲を写したジャケット写真は、なんとなくプラスティック・オノ・バンドの『Live Peace In Toronto 1969』(69年)のよう。あのアルバムの邦題は、〈平和の祈りをこめて〉だった。

タグ
TOWER DOORS