PR
インタビュー

入野自由が放つ新たなポップ・アルバム。自身の過去・現在・未来を歌うことで昇華した切実な思いと心境の変化

入野自由『Life is…』

入野自由が放つ新たなポップ・アルバム。自身の過去・現在・未来を歌うことで昇華した切実な思いと心境の変化

過去・現在・未来と自身の人生を歌うことで昇華した切実な思い。今回も多彩な作家陣とのコラボが実現したポップ・アルバムの制作で得た心境の変化とは──

優しい作品を

 「(コロナ禍による)自粛期間のなかでもいろんなことを考えてたり、落ち込むことや、逆に良いこともあったり、単純に言葉で言い表せないような感情がありました。そんななかで自分の〈今〉や〈今まで〉〈これから〉を歌ってるような曲をひとつひとつ作っていくうちに、〈人生って、自分にとって何だろう?〉と思うようになりました」。

入野自由 『Life is…』 Kiramune Project(2020)

 そんな思索の期間を経て、入野自由がニュー・アルバムに名付けたタイトルは『Life is...』。昨夏のアーティスト活動10周年記念ツアーで初披露されたミュージカル風味のファニー・チューン“だって愛は半端ないじゃない”(作詞/作曲/編曲はsooogood!)を含む全13曲は、1年以上をかけてじっくりと作り上げられたものだという。

 「1年半ぐらい前に、自分の身の回りで嫌なこと、悲しいことがいろいろ起こって、世の中を見てもそういうニュースばっかり目に入るようになりました。そういうこともあって、今度、自分が作品を作るなら、触れた人がホッとできるような、優しい作品を作りたいなと思ったんです。(俳優/声優としての自身は)まず作品があって、その作品のメッセージだったり、その作品での立ち位置を演じることが多いんですが、音楽は自分自身として表現できる場ということがあるので、パーソナルなテーマをここに持ってきたっていうのもあります」。

TOWER DOORS