連載

mabanuaが選ぶ〈コロナ時代の1曲〉

【アーティストと音楽関係者が選ぶ〈コロナ時代の1曲〉】

私たちの日常の風景をすっかり変えてしまった、コロナ禍。それはまた、私たちの音楽の聴き方にも少なからず影響を及ぼしたと思います。以前好きだった音楽を受け付けなくなったり、あるいはそれまでスルーしていたような音楽に突如として心を奪われたり……。

そこでMikikiでは、ミュージシャンやレーベル関係者、レコード・ショップ関係者、ライブハウス関係者など音楽に関わって仕事をする人々に〈コロナ禍以降、愛聴している1曲〉を訊ねる新連載をスタート。その回答は一人ひとりのいまの心情を映し出すと同時に、災いに見舞われた人々に対して音楽がどのような意味を持つのか、そのヒントにもなるのではないでしょうか。 *Mikiki編集部

【アーティストと音楽関係者が選ぶ〈コロナ時代の1曲〉】記事一覧はこちら


 

mabanua

日本人ドラマー、プロデューサー、シンガー。ブラック・ミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われないアプローチでプロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も担当。トロ・イ・モワ、チェット・フェイカー、マッドリブ、サンダーキャットなど海外アーティストとも多数共演。他にも、Shingo Suzuki、関口シンゴとのバンド・Ovallや、ビートメイカーBudamunkとのユニット・Green Butter、タブラ奏者・U-zhaanとの〈U-zhaan × mabanua〉、ASIAN KUNG-FU GENERATION・後藤正文のソロ・プロジェクト〈Gotch BAND〉などでメンバーとして活動中。

 

コロナ禍以降、特に愛聴している1曲は何ですか?

UDD “Fool Truth”(2019年作『U D D』収録)

大好きなフィリピンのバンドです。フィリピンはコロナ禍より少し前にOvallとしてライブで訪れたのですが、このUDDともツーマン・ライブをしました。

この曲を聴くたびに、その時の楽しかった思い出がよみがえります。また言葉にはできないのですが、欧米のバンドには無い〈アジアらしさ〉みたいなものをどこかに感じるのが不思議で、ヴォーカルArmiさんの力強さと相まって昼夜問わずずっと聴いている曲です。

 


LIVE INFORMATION: Ovall

2021年4月10日(土)、11日(日)CRAFTROCK CIRCUIT ’21
(Ovallは4月11日に出演)

時間:開場 12:00/開演 13:00
会場:東京・吉祥寺エリアライブハウス(CLUB SEATA/Star Pine’s Cafe/Kichijoji WARP/Planet K/SHUFFLE/MANDA-LA2)
料金:2日通し券 10,500円(1ドリンク600円別)/1日券 5,800円 (1ドリンク600円別)
★詳細はこちら

2021年5月15日(土)、16日(日)LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL
(Ovallは5月15日に出演)

時間:開場 11:00/開演 12:00
会場:埼玉・秩父ミューズパーク
料金(いずれも1日券):一般 11,000円/高校・大学生 6,000円/小・中学生 3,000円
★詳細はこちら

2021年5月29日(土)、30日(日)KOBE MELLOW CRUISE
(Ovallは5月30日に出演)

時間:開場 11:00/開演 12:00
会場:兵庫・神戸 KOBE MELLOW CRUISE 特設会場(神戸メリケンパーク)
料金:2日券 15,400円/1日券 7,900円/VIP TICKET(1日券)15,000円
★詳細はこちら

関連アーティスト