トピック

OvallとSIRUP、〈グルーヴの匠〉がコラボ曲“It’s all about you”をリリース

Ovall

Ovallがニューシングル“It’s all about you feat. SIRUP”を2022年1月19日にリリースした。

2021年、Original Loveバッドバッドノットグッド(BADBADNOTGOOD)和田アキ子など、国内外を問わずにさまざまなアーティストとコラボレーションを重ねてきたOvall。彼らが2022年早々、SIRUPとのコラボレーションソングをリリースした。

SIRUP

ヒップホップやR&B、ネオソウル、ゴスペルなど、あらゆるジャンルの音楽を飲み込み、歌とラップで聴く者の心を鷲摑みにしてきたSIRUPと、楽器を通して唯一無二のグルーヴを描いてきたOvall。まさに〈グルーヴの匠〉と言うべき、水面下で共鳴し合ってきた両者がようやく重なり合った。

“It’s all about you feat. SIRUP”では、SIRUPとのコラボをイメージして、Ovallの楽曲としては珍しいローファイハウス的なビートをmabanua、Shingo Suzuki、関口シンゴがリレー形式で構築した。そこに、SIRUPのスタイリッシュでありながらも熱を帯びたメロディーが吹き込まれることで、これまでのOvallにはなかった新たな一面が開花。お互いにとって新鮮な新境地でありながらも、2組が磨き上げてきたグルーヴが見事に絡み合っている。

Ovallのmabanua、関口シンゴ、Shingo Suzukiと、SIRUPからのコメントは次のとおり。

やっと一緒にできた。レコーディングの空気感、発するオーラ、全てが最高。素晴らしかったです。
(mabanua)

SIRUPくんのお陰でOvallの新境地的なフレッシュな曲が出来ました。皆さんの反応が楽しみです!
(関口シンゴ)

素敵な化学反応が起こりまくっていて、聴くたびに新たな発見があるナイスな曲に仕上がりました!
(Shingo Suzuki)

新しい世界への希望をOvallさんと共にダンサブルに表現させてもらいました!
制作もスムーズに楽しくやらせてもらい、そんなバイブスをみんなにも楽しんでもらえたら嬉しいです!
どこか懐かしく新しい聞き心地の中で踊ってください!
(SIRUP)

レトロ感がありながらもどこか新しく、未来への不安を携えながらも希望や高揚感が満ち溢れている世界へと導く“It’s all about you feat. SIRUP”。心も体も自然と躍りだす、最高峰のグルーヴミュージックを楽しんでほしい。

“It’s all about you feat. SIRUP”の配信リンクはこちら

 


RELEASE INFORMATION

Ovall 『It’s all about you feat. SIRUP』 origami(2022)

リリース日:2022年1月19日
フォーマット:ストリーミング&ダウンロード
配信リンク:https://ovall.lnk.to/sirup

TRACKLIST
1. It’s all about you feat. SIRUP

 


PROFILE: Ovall(オーバル)
Shingo Suzuki、mabanua、関口シンゴによるトリオバンド。メンバー全員がソロアーティスト/ミュージシャン/プロデューサーとしても活動するマルチプレイヤー集団。2006年から現メンバーでの活動を本格化、現在に至るまでジャンルよりもミュージシャンシップを軸に置く姿勢を貫く。ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ロックを同列に並べ、生演奏もサンプリングもシームレスに往復し、楕円(オーバル)のグルーヴのなかに音を投げ込む。その斬新なスタイルと唯一無二のサウンドは徐々に時代を吸い寄せ、国内外の映像作家、映画監督、そして様々なアーティストからプロデュースやコラボレーションの依頼が殺到。それぞれがソロ活動を活発化させるが、個々が多忙を極めたことが諸刃の剣となり、2013年にバンド活動を休止、それぞれの表現を追い求め始める。しかし〈この3人ならではのアンサンブルが聴きたい〉という要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で、4年の歳月を経て2017年に再始動。その直後から〈FUJI ROCK FESTIVAL〉など国内の大型フェスに出演、世界中のアーティストとのコラボレーションや海外でのツアーも行う。ソロ活動で培ったスキルやノウハウをお互いに持ち寄り、今日もバンドは楕円を描きながら転がり続ける。

PROFILE: SIRUP(シラップ)
ラップと歌を自由に行き来するボーカルスタイルと、自身のルーツであるネオソウルやR&Bにゴスペルとヒップホップを融合した、ジャンルにとらわれず洗練されたサウンドで誰もがフィールグッドになれる音楽を発信している。人々の心に寄り添い、本質的に突き刺さるリリックとメッセージは、SIRUPのその声に傾けられた耳を惹きつけ、離さない。2017年9月に小袋成彬率いるTokyo Recordingsがサウンドプロデュースを手掛けた“Synapse”で鮮烈なデビューを飾り、翌2018年にリリースしたセカンドEP『SIRUP EP2』に収録の“LOOP”がYouTubeで2,800万回再生、そして“Do Well”が〈Honda VEZEL TOURING〉のTV CMに起用されるなど、新鮮でエッジーな音楽性によって一気に国内でその知名度をあげた。2019年にリリースしたファーストフルアルバム『FEEL GOOD』がApple MusicのR&Bチャートで9か月連続の1位を獲得しつづけ、2020年3月にはEP『CIY』をリリース。2017年の『SIRUP EP』から5作連続でApple MusicのR&Bチャートで1位を記録中。2021年3月17日にはYaffle、starRo、ROMderful、Full Crate、SUMIN、Slom、Shin Sakiuraなど、国内外のクリエーターとコラボした約2年ぶりのセカンドフルアルバム『cure』をリリースし、収録曲の“Overnight”が〈NEW PEUGEOT 208 / e-208 -フレンチテック篇〉のTV CM、YouTube Premium〈電車で音楽篇〉のCM曲に起用されるなど話題沸騰中。また、8月にはアルバム『cure』の世界を12の部屋に具現化したHOTEL SHE, OSAKAとのコラボコンセプトルーム〈Hotel cure〉がローンチ。

タグ
関連アーティスト