インタビュー

映画「くれなずめ」成田凌 × 松居大悟監督 対談――笑いと感動が絡み合うユニークな青春物語をめぐって

*2021年4月28日追記
映画「くれなずめ」公開延期のおしらせ
2021年4月29日(木・祝)に公開を予定されていた映画「くれなずめ」は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴う日本政府の緊急事態宣言の発出を受けて、公開が延期になりました。今後の公開日は決定次第、映画のオフィシャルサイトで発表されます。 *Mikiki編集部


 

松居大悟監督が主催する劇団ゴジゲンで上演された「くれなずめ」が映画化
暮れなずむ6人のそれぞれの一瞬をとらえた青春ドラマ

 友達の結婚式で5年ぶりに再会した高校時代の仲間たち。思い出話に花が咲くなかで、それぞれが大切な仲間の死に向き合うことになる。劇作家としても活躍する松居大悟監督が、2017年に上演した演劇「くれなずめ」を映画化。主役の吉尾を演じたのは、近年出演作が相次ぐ注目の若手俳優、成田凌。笑いと感動をシャッフルしたようなユニークな物語の舞台裏を、二人が振り返ってくれた。

 

――「くれなずめ」は演劇の映画化ですが、舞台の時とはまた違ったアプローチだったのでしょうか。映画化の際に心掛けたことがあれば教えてください。

松居大悟「舞台では、披露宴会場の裏から動かないという設定なんですけど、映画はとにかくうろうろし続けることで彼ら(主要キャラクター6人)の居場所がない感じを出したいと思いました。プラス、昔の友達のことを思ったりする時って、フラッシュバックのように横顔とか手元とか細かいことばっかり思い出すじゃないですか。なので、回想シーンは主観的な絵(映像)にして、現在のシーンは客観的に撮ることで違いを出すようにしたんです」

――回想シーンを入れられるのは映画ならではの良さですね。成田さんは吉尾というキャラクターを演じてみていかがでした?

成田凌「吉尾って、周りにいる5人の言葉とかリアクションを通じて、どんな人物か浮かび上がってくるようなキャラクターだったと思うんです。だから自分からはアクションをしないようにして、どんな人なんだろうって探りながら、ふわっとしたまま演じました。ただ、みんなに対する愛情があるのは間違いないと思いますね。あと、ちょっと熱いことを言う。〈また集まりたいね〉みたいなことを恥ずかしげもなく言ったりして」

松居「ロマンチストなんだよね(笑)」

成田「そうです、天然ロマンチストな部分がありますね。僕自身そういうところがあるって言われたことがあって。ロマンティックまではいかないけど、嬉しいこと言ってくれるよねって」

――吉尾と共通する部分があったんですね。監督はなぜ成田さんをキャスティングされたのでしょう。

松居「ほかの作品でのお芝居を見ている時に、〈この人は何を考えているんだろ〉って目が離せなくなったんです。何が面白いのがわからないけど気になるっていうのが、吉尾みたいだと思ったんですよね」

――吉尾って主人公なのに目立たない、主人公らしくない立ち位置が面白い。この物語は吉尾と仲間たちの関係性や、彼らが生み出す空気感が大切だと思いました。そのために撮影に入る前にリハーサルの時間をいつもよりとったそうですね。

松居「一応、台本を持って動いたりするんですけど、それってあまり重要じゃなくて。一緒に飯を食ったり、同じ時間を共有することが大事だったんです」

成田「ご飯に行く時は俺から勇気を出して〈飯に行こうか?〉って言った方がいいよなって考えたりして。そしたら、みんな来てくれてよかったです(笑)」

――そうやって一緒に過ごす時間の中で関係性が生まれていった?

成田「歳はみんなバラバラで先輩後輩の間柄でしたが、共通言語は下ネタでした(笑)。そういうバカな話をしていると、みんな男の子に戻って距離が近くなるんです」

松居「芝居論なんて誰もしてなかったですね。〈このシーンはこんな風にやろうぜ〉みたいな話は〈くれなずめ〉的には恥ずかしいというか。そういう真面目な話をするより、だらだらしようよっていう感じだった気がします」

成田「役作りとかそんなにしてなかったし、芝居をする時は相手の雰囲気とかセリフに反応してたんですけど、出来上がった映画を観て吉尾が相手によって話し方が違うことに気づいたんです。例えばネジには割と強めなんですよ。だから、すごく仲良いんだろうなって。仲が良いとちょっと照れちゃって強い口調になる。演じている時はそういうことは意識してなかったんですけど」

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS