かつてボカロP、Novelとして活動し、その後は大倉明日香(ASCA)への楽曲提供なども行ってきた音楽家のRyotaを中心に、ヴォーカルのranko、作詞を担当している伊藤真人の3人で2016年に結成されたバンド〈からっぽペペロンチーノ〉。彼らが、2017年にリリースされたファースト・アルバム『からっぽペペロンチーノ』以来となるセカンド・アルバム『Who By Empty』をリリースする。〈同人ネット系バンド〉と自ら名乗っている通り、これまでフィジカル音源の販売は同人系のイベントやわずかな店舗を通して行われていたようだが、今作はタワーレコード限定でのリリース、つまり初の全国流通盤となる。

恐らく、この変わったバンド名を“ブルースカイブルー”(2019年)や“エンドロール”(2020年)といったアップアップガールズ(2)への楽曲提供で目にしたことのある人も多いだろう。本作『Who By Empty』には、そんなアプガ(2)にもカヴァーされた“雨に唄えば”をはじめ、ギター・ロック、エレクトロ・ポップ、果てはラップまで、様々な音楽性を咀嚼した全16曲が並んでいる。どの曲も、編曲からミックスまで手掛けるRyotaの繊細なサウンドメイクと、1曲の中で豊かな情緒と物語を喚起させる歌詞、そしてrankoの瑞々しさ憂いを内包した歌声が混ざり合うことで独自の世界観を構築している、高精度のポップソングだ。

今回、〈からペペ〉のメンバー3人にメール・インタビューで質問を投げかけ、アルバム『Who By Empty』についてはもちろん、未だ謎の多い3人のパーソナリティーについても大いに言語化してもらった。

からっぽペペロンチーノ 『Who By Empty』 FABTONE(2021)

 

ペペロンチーノの音の響きって良いよなぁ

――アレンジやミックスまでを手掛ける作曲家のRyotaさんに、ヴォーカリストのrankoさん、そして作詞家の伊藤さんという3人によって構成されるからっぽペペロンチーノは一概に〈バンド〉といってもかなり変則的な編成だと思いますが、どのような経緯で結成されたのでしょうか?

Ryota「僕は専門学校在学中に、就活で出会った人に勧められてボカロ制作を始めました。そのときに、専門学校の同級生で作詞コンペなどに応募していた伊藤を誘ったんです。僕自身、元々ボカロは高校生の頃に聴いていたけど特に影響を受けていたわけではなかったし、結局、僕たちのボカロ楽曲は伸びが悪かったのですが(笑)。その後、生歌の楽曲を作りたくなり、ニコニコ動画の歌い手さんで、歌声が良いのに再生回数が伸びていない人を探して、rankoに声をかけました。たまたま関東近郊にrankoが住んでいたのも大きかったです」

――〈からっぽペペロンチーノ〉というバンド名は、どのような理由で付けられたのでしょうか?

ranko「結成するとなったとき、ファミレスでバンド名を考えていて、そのとき食べていたのがペペロンチーノだったんです。〈ペペロンチーノの音の響きって良いよなぁー〉というところから〈ペペロンチーノ〉が決まり、〈からっぽ〉の部分は、その場のテンションで〈頭にからっぽと付けたら更に良い!!〉となったのがきかっけです。特に理由はなくノリですね(笑)」

2017年作『からっぽペペロンチーノ』収録曲“星降る夜に”
 

――3人それぞれの現在に至るまでの経歴を教えてください。

Ryota「僕は13歳の頃に、当時の同級生に誘われてギターを始めました。中学生の頃から東京で音楽関係の仕事をしたいと思っていて、音響の専門学校に通うようになり、そこでDAWの基礎を学びました。当時からミックスの作業が好きだったのもあって、その練習用の素材を作るために作曲を始めたんです。そして20歳の頃から、作曲をしながらレコーディング・スタジオのバイトや機材関係、レーベルなど音楽業界で働いていて、現在は映像の音響効果の仕事を本業にしています。でも、頭の片隅には常にからっぽペペロンチーノがあります。出会った音楽をからっぽペペロンチーノに昇華できないかなと、いつも考えていますね」

伊藤真人「僕は、卒業後に街でたまたまRyotaと再会して、ニコニコ動画で一緒に活動することになり、今はそれがからっぽペペロンチーノという形で続いているって感じですね。作詞に興味を持ったのは、元々音楽が好きで中学生のときにギターを買ったんですが、例に漏れずFコードで挫折しまして、そこから〈作詞って楽器いらないな〉と思ったのがキッカケです。今になって思えば極論すぎるなぁ、と思います(笑)」

ranko「私は高校生のときにネット上での歌の活動を始めました。俗にいう〈歌い手〉的なやつですね。ただ、活動頻度は多くないので、今までで数えるほどしか〈歌ってみた〉動画は上げていません。そんな中、私を見つけてくれたRyotaさんには感謝です。今はほぼ個人での活動はしていなくて、からペペの活動のみとなります。

そもそも歌を始めたきっかけは、友達が教えてくれたニコニコ動画の存在に凄く衝撃を受けたことです。我が家では音楽はあんまり生活の中になくて、子供の頃は歌に興味がなかったんですけど、ニコ動と出会って、素人の人が色んな音楽をカヴァーしている様子を見て、〈歌手の人じゃなくても、歌っても良いんだ!〉とびっくりしたのをよく覚えています。それが私の歌へ対する興味の始まりで、好きになったきっかけです。なので、当時の友達には感謝ですね。ニコ動を教えてくれてなかったら、私はからぺぺにいなかったかもしれないです……!」

 

同人=好きなものを自由に表現できる

――それぞれのルーツとなる音楽と、最近好きな音楽を教えてください。

Ryota「小学校の頃はORANGE RANGEのような流行の音楽を聴いていました。中学から友達や兄の影響でよくバンドを聴くようになり、BUMP OF CHICKENやRADWIMPS、Hi-STANDARD、Dragon Ashなどを聴くようになって。高校生になるともっと幅が広がり、様々な音楽を聴くようになりましたが、主に国内の音楽が好きでしたね。上京してからは海外の音楽も多く聴くようになりました。ルーツといえるのは、RADWIMPSと自然の敵Pです。で、最近好きなミュージシャンの方は藤井 風さんです。ずっと聴いています。聴く音楽は、ジャンルを問わず雑食だと思います(笑)。仕事の関係でサウンドトラックを聴くこともかなり多いです」

伊藤「僕はロックが好きなのですが、Ryotaがおすすめしてくれるので基本的に色んなジャンルを広く浅く聴いています(笑)。フジファブリックと阿久悠さんの詞が大好きで、歌詞だけ読んだりします。漫画や小説を読むことも好きなので、その辺にはがっつり影響を受けていますね」

ranko「私は、これまた友達の勧めでアニメが好きになって、そこからアニソンが好きになって音楽を意識して聴くようになりました。なので、私の音楽のルーツはアニソンですかね。その後もずっとアニソンばかり聴いてきたので、からぺぺ結成までは本当に流行りの音楽に疎くて……。でも、からぺぺを結成してからはRyotaさんからおすすめだったり、流行りの音楽を教えてもらったりして、すごく音楽の幅が広がりました! 最近はアニソンやJ-Popはもちろん、洋楽、ロック、K-Pop等々、なんでも聴いています!」

――Twitterのプロフィール欄では自分たちを〈同人ネット系バンド〉と形容されていますが、からっぽペペロンチーノにとって、〈同人〉とはどういった意味合いを持つ言葉ですか? 

ranko「同人界隈って、〈自分の好きなことを自由に具現化してみました!〉みたいな感じだと思うんです。自由に自分の好きなことを表現することができているからこそ、本当に色んな人たちがいるし、色んなジャンルの作品がある。だから、我々も〈のびのびと自由に音楽を作っていこう!〉となるし、凄く刺激がある場だと思います。まさかタワレコさんでCDをリリースできる日が来るとは夢にも思っていませんでしたが、これからも我々の音楽を作っていくスタンスは基本変わらず、自由に音楽を続けていたいと思っています!」

伊藤「僕も〈同人=好きなもの自由に表現できる〉という意味合いで捉えています。自分たちの中で良いと思うものをやってみるスタンスなので、その中での音楽活動はとても楽しいです。これからも〈同人ネット系バンド〉としてスタンスは変えずに活動していきたいです」

からっぽペペロンチーノの主役はrankoの歌声

――『Who By Empty』は、ファースト・アルバム『からっぽペペロンチーノ』から4年ぶりのアルバムとなりますが、バンドにとって、この4年間はどのような期間でしたか?

Ryota「正直に言いますが、僕の本業である音響効果の仕事が忙しくて、この4年間なかなか制作に移れなかったんです(笑)。でも、とても意義のある4年間だったと思っています。多忙な中、隙間を縫って少しずつ作っていったんですけど、そのぶん、その間に今まで聴いてこなかった音楽のジャンルと出会えました。それはサウンドトラック用に作られた音楽で、オーケストラや打ち込みが中心になっているものなど。“スランバー”や“秘密の海”は如実にその影響が出た楽曲だと思います。他の収録曲にも影響は出ていると思いますね。あとファーストより音数も増えました」

――『Who By Empty』は全16曲が収録された大容量のアルバムです。音楽性としては、ギター・ロック然とした曲が多かった前作に比べても、今作はエレクトロ・ポップやヒップホップなども咀嚼し、より音楽性が拡張されています。事前に考えていたことや具体的なコンセプトはありましたか?

Ryota「バンド内で話し合ったことは特になくて。ただ、音楽性に関しては自分で色々と考えました。やれるジャンルを増やしたかったんです。前述したように聴く音楽の幅が広がったので、新しく聴き始めた音楽を自分も作ってみたいなと。実際、音楽性を広げたことにより、制作の楽しみが増えました。

個人的には、サウンド・エフェクト(SE)を入れてみるのも挑戦の一つでしたね。実際に自分で録音をしたSEを入れてみたり、DAWのライブラリーにある普段は使わないようなパッドの音を入れてみたり。あとは〈捨て曲がないアルバム〉にしたいとも思っていました。どの楽曲がシングルになってもおかしくないようなアルバム。結果的に今までに作ったことのないような音楽を作ることができたし、今まで得意としていたロック曲もアップグレードできて、満足感は高いです」

――Ryotaさんは先日、ヴォーカリストのsawamayさんとのユニット〈sawamay〉として、山本幹宗さんをサウンド・プロデューサーに迎えたデジタル・シングル“ブルーノート”をリリースされていました。sawamayとからっぽペペロンチーノでは、棲み分けはありますか? また、Ryotaさんがからっぽペペロンチーノの楽曲を作る際に最もこだわるのはどういった部分ですか?

sawamayの2021年の楽曲“ブルーノート”
 

Ryota「大きな棲み分けはしていませんが、からっぽペペロンチーノは僕がsawamay以上に主体となって音楽を制作していますので、そこが違うかなと思います。ただどちらとも、ヴォーカリストの歌声が主人公になるように心がけています。なので、からっぽペペロンチーノで一番こだわっているのはrankoの声が際立つ楽曲にすることです。

こだわりの二番は、歌詞の世界観を表現した音楽を作ること。僕の中ではヴォーカルと歌詞がとても大事で、音楽はその立役者になるようにしたいんです。あと、音楽的なこだわりは、それぞれの楽器を邪魔しないことですかね。最終的に楽器を間引くことも多いです。ミックスではしっかりLRを鳴らせて広がりを持たせつつ、主役の音がちゃんと聴こえるように心がけています」

 

日々の生活で芽生えた小さな感情を歌う

――歌詞は伊藤さんとRyotaさんがそれぞれ書かれていますが、どちらが歌詞を書くのかはどのようにして決めるのでしょうか?

伊藤「基本的に詞先での制作なので、お互いが歌詞を持ち寄ってそこから選んで曲になるって感じです。曲になったけど〈なんか思っていたのと違うね〉ってボツになることもあります(笑)」

――『Who By Empty』の歌詞は、社会や時代を大きく描写するものではなく、孤独な個人の心象風景が言語化されているものが多いように感じられます。伊藤さんとRyotaさんは、それぞれ歌詞を書く際に自分自身のどういった感情やイメージを言葉にしていますか?

伊藤「僕は、日々の生活での孤独や煩わしさを歌詞にするのが多いですね。『Who By Empty』では社会などの大きい括りでは無く、その中に一個人がいるというイメージを意識しました」

Ryota「僕は日常を過ごす中で思ったことを歌詞にすることが多いです。誰かに対して思ったことや、自分に降りかかったことに対しての心情とか。そのときの風景を、目を閉じて思い出して書きます。今作には、数年前に書いた歌詞も中にはあるんですが、(その時期の歌詞は)ちょっとネガティヴなんですよね……(笑)。例えば“Room No.311”や“世界の手のひら”がそう。その頃はかなり暗かった時期だったのでマイナスな感情が多く、でも、そこが人間らしいなと思って入れました。

最近書いた歌詞はわりと明るいと思います。明るい歌詞も暗い歌詞も、どちらにせよ、自分の心情を正直に書いていますね。ただ、恋愛に関しては世の中で歌われ過ぎているので、自分にしか恋愛のことだとわからないような表現をしています。もし楽曲を聴いていただいて、誰かが共感してくれたら嬉しいですね!」

――伊藤さんとRyotaさんそれぞれが、今作のなかで最も自分自身の人間性や、あるいは作詞家としての志向性を象徴していると思う曲を挙げてください。

伊藤「〈こういうシーンあったら画になるなぁ〉とか、〈こんな事を考えてたら素敵!〉というところから作ることが多いので、そこをうまく描けた“春よ、来るな”ですね。〈あー、こういうの好きなんだー〉と思って聴いてください(笑)。その上で共感していただけたら嬉しいです」

『Who By Empty』収録曲“春よ、来るな”
 

――〈春よ、春よどうか来ないで/あの人の制服脱がさないで〉と歌う“春よ、来るな”の歌詞は、どうしようもなく変化していく季節と、簡単に変化を受け入れることのできない人の気持ちの対比が切なくて、どこか幻想的でもある描写が美しいです。

伊藤「ありがとうございます。もう一曲あげるとすれば“ムジカ”ですね。この曲はシングル曲の“雨に唄えば”の登場人物が、“雨に唄えば”を作るまでをテーマにしたのですが、こうやって別々の曲が少しリンクする感じはまたやってみたいと思います」

『Who By Empty』収録曲“ムジカ”
 

Ryota「僕は“Room No.311”ですかね。ネガティヴとポジティヴのバランスの取り方や、自分のこと書いている内容から、〈らしいな〉って感じがします。ちなみに〈311〉というのはからっぽペペロンチーノの結成した3月11日のことで、僕とrankoが初めて会った日です。からっぽペペロンチーノと自分のことを思って書いたので、この数字を入れてみました」

『Who By Empty』収録曲“Room No.311”
 

――rankoさんは、伊藤さんが書く歌詞とRyotaさんが書く歌詞に対して、それぞれどのような印象を抱いていますか? また、今作『Who By Empty』のなかでrankoさん自身が歌詞の面でシンパシーを感じた曲は?

ranko「伊藤さんの歌詞は物語というか、小説を読んでいるような感覚になるものが多くて、心が落ち着きます。Ryotaさんの歌詞は〈あー、それ落ち込んでるときの私!〉というふうに、自分に落とし込むことができる歌詞が多いなと思います。

シンパシーを感じる歌詞だと、“Room No.311”の〈少年が語った夢は意識の奥底に閉じ込められた 毎日現実とにらめっこ気づけば夢を語らなくなっていた〉という部分です。子供の頃は夢っていっぱいあって、語ることも恥ずかしくなかったと思うんです。でも大人になると夢がどんどん減り、人に夢を話すこともなんだか恥ずかしいことに思えて、現実的に生きていくだけみたいになっちゃって……。まさしく、そんな自分にドンピシャな曲です。子供の頃の夢は叶えられてないけど、〈大人の今も楽しいよ!〉と過去の自分に言えるようにしたいですね!」

東京で新たなスタートを切った人に寄り添えたら

――伊藤さんとRyotaさんは、rankoさんの歌声や佇まいに、どのような魅力を感じていますか?

Ryota「ウィスパーな感じが心地いいですよね! 初めて聴いたときに〈いい声してるな〉と思いました。ヴォーカリストとしては、今でも十分上手ですが、もっとうまくなれると思います。それに、ポップなキャラをしてくれているんで、うちの広報担当です」

伊藤「透明感と芯のある声が最高で、からっぽペペロンチーノの最大の魅力だと思います」

――5曲目“雨に唄えば”は、アップアップガールズ(2)にもカヴァーされた楽曲となりますが、同曲を表題曲としたデジタルEPでは、“エンドロール”や“ブルースカイブルース”などのアプガ(2)提供曲もセルフ・カヴァーされていました。アプガ(2)へ提供した曲たちに関してはそれぞれどのようなことを考えながら制作しましたか? また、セルフ・カヴァーする際にはどのように楽曲に向き合いましたか?

Ryota「アイドルに提供する〈からペペらしい曲〉を意識しました。変に取り繕わずに、からペペで普段から作るような楽曲を念頭に置きつつ、彼女たちのライブで盛り上がったらいいなと。それと、〈青春っぽさ〉も意識しましたね。セルフ・カヴァーはアプガ(2)とは違ったアレンジで棲み分けをしました。特に“ブルースカイブルース”は明確にジャンルを変えました。これは作曲中から、オーケストラ・アレンジも作りたいと思っていたので」

2020年のEP『雨に唄えば』収録曲“ブルースカイブルース”
 

――“東京と23歳”や“ペペロンティーノにラップして”など、歌詞の中に〈東京〉という言葉が出てくる曲がありますが、皆さんは東京という街に対してどのような印象や思いを抱いていますか?

Ryota「僕は田舎生まれなので、夢の大都会といった感じでした。上京して10年弱経ちますが、東京は大好きですね。〈遊び〉と〈仕事〉の街って感じです。多様性もありますし。今はご時世的に遊んだりできませんが……。自分を大人に育ててくれた街です」

ranko「東京って、やっぱり生きづらいですね……。田舎に帰る度に東京とは空気感とか人の表情、時間の流れる感覚が驚くほど違うと感じてしまいます。でも何だかんだ住み続けちゃうんですよねぇ、不思議な街です」

伊藤「地方から出てきたので、思っていたよりもみんな優しいなっていう印象です」

――この『Who By Empty』という作品を、それぞれがひとりの人に手渡せるとしたら、どんなシチュエーションにいる、どんな人にこの作品を聴いてもらいたいと思いますか? 

Ryota「これ、難しいですね……(笑)。〈俺しか知らない〉みたいな、誰も知らないような新しい音楽を探している10代の若者ですかね。それは、昔の自分を思い出す感じでもあります」

ranko「東京で新たなスタートを切った人に聴いてもらいたいかなと思います! 様々な理由で人は東京に来ると思うんですけど、最初は不安で大変だと思うんです。そんな方たちのために私たちの音楽が少しでも寄り添える存在になれるといいなと思います」

伊藤「社会や時代を大きく描写するものではなく一個人の心情を歌った曲が多いので、孤独や不安を抱えている、そういう人に寄り添える作品になってくれたら幸いです」