キノコホテル『マリアンヌの密会』久々のセルフ・プロデュースで研ぎ澄ませたガレージ歌謡的アンサンブル

2021.07.21

マリアンヌ東雲によるセルフ・プロデュースに立ち返って送り出す2年ぶりの新作。ゴブリンばりの電子音を轟かせるオープニング・ナンバーに退廃的でメロウな“街が痙攣している”、クラッシュ風のレゲエ解釈が楽しい“わがままトリッパー”などで多様なサウンドを織り込みながら、バンドの軸にあるガレージ歌謡的なアンサンブルを研ぎ澄まし、力強く打ち鳴らしている。とりわけ原点回帰な趣の“愛してあげない”が痛快に響く。

関連アーティスト