コーシャス・クレイ(Cautious Clay)『Deadpan Love』王道R&B的な歌を多彩な切り口で披露する初フル・アルバム

2021.08.02

ビリー・アイリッシュ“Ocean Eyes”のリミックスを手掛けたり、テイラー・スウィフト“London Boy”で自身の曲がサンプリングされたり、ジョン・メイヤー制作のドラマ挿入曲“Swim Home”を歌うなどいろんな角度で話題を集め、昨年は日本独自盤『Complete』もコンパイルされたクリーヴランド出身のマルチなR&Bシンガー。その後もジョン・レジェンド『Bigger Love』のプロデュース参加やベニー・シングスとのコラボで活躍していたが、この初のフル・アルバムはシーアらを手掛けるジェシー・シャトキンを筆頭に多くのクリエイターに援護を仰ぎ、案外オーセンティックな自身の歌唱に多彩な切り口を与えている。ダン・ニグロら制作の“Roots”、サバを交えた“Strange Love”など好曲が揃った一枚だ。

関連アーティスト