PR
インタビュー

矢川葵 “瞳はダイアモンド” グループ活動終了から、昭和歌謡を歌い継ぐソロアイドルになるまでに考えた〈私はもっと強いはずよ〉

矢川葵 “瞳はダイアモンド” グループ活動終了から、昭和歌謡を歌い継ぐソロアイドルになるまでに考えた〈私はもっと強いはずよ〉

アイドルグループ、Maison book girlのメンバーとして2014年にデビューし、その独自の音楽性と世界観で音楽ファンを魅了。今年5月のワンマンライブをもって7年近くにわたったグループでの活動は終了することになったが、9月に自身のTwitterで〈また活動を始めようと思います〉とツイートし、ソロシンガーとして活動再開することを発表した矢川葵。事務所も辞め、何も後ろ盾のない彼女がソロとして活動するにあたって考えたことは、自身が幼少期から愛してきた〈昭和歌謡〉を歌い継ぎ、その魅力を現代に伝えていくアイドルになりたいということだった。そこで彼女は、3曲入りのEPとビジュアルの制作資金を集めるため、クラウドファンディングを実施。1か月の募集期間で、目標金額を大幅に上回る1000万円超の支援が集まった。

そんな矢川葵が、EPの1曲目に収録される楽曲、松田聖子“瞳はダイアモンド”のカバーで12月1日にソロデビューを果たした。グループの活動終了から、活動再開までの苦悩、そして今後の展望まで話を訊く。

あのお客さんたちにまた会いたい

――矢川さんってもともとは何になりたかったんですか?

「どこから言えばいいかな……小さい頃からアイドルは好きで〈アイドルになりた~い〉と言ってはいたけど、職業としてはそんなにちゃんとは目指していなくて。で、高校卒業後にイラストデザインの仕事をしたくて専門学校に入ったんですけど、就職に敗れて(笑)」

――就職に敗れる(笑)。

「はい(笑)。それで思い出作りの一環のような感じで〈ミスiD(2015)〉というオーディションを受けたんです。そこでファイナリストに残していただいて、それがあって、前にいたグループのプロデューサーのサクライ(ケンタ)さんという方に声をかけていただいて。ちょうど新しいグループを作ろうとしていた時期で、〈ちょっと話だけでも聞いてみませんか?〉という感じで。で、昔なりたいと思ってたアイドルになれるかもしれないと思って、そこからグループに入ることになったんです」

――グループでの活躍ぶりはすでに多くの人が知っていると思うのですが、今年に入ってグループが活動を終了してしまいます。その後のコメントでは〈また歌いたいな、みんなに会いたいな〉と言っていますが、その時はどういうことを考えましたか?

「最初は〈やめたくない〉という気持ちがありました。なんとかグループを続けられないかと思ったんですけど、結局それは叶わなくて。だから最後のライブが終わった後は、〈大阪(実家)に帰ろうかな〉とか〈普通の仕事に就こうかな〉とか、いろいろ考えたんですけど、〈あのお客さんたちに会えなくなるのは寂しいな〉〈また会いたいな〉っていう気持ちが強かったです。

それに7年近く活動していて、歌を歌うということが好きになれたし、自信も持てたし、それが自分の一番好きなことだったので、ここでグループが無くなったからって歌うのをやめたくないなって思って。それで以前からお手伝いして頂いているスタッフさんにそういう話を聞いてもらって、これからも手伝っていただけることになり、ソロ活動を始めようと思いました」

――〈ファンのみなさんにまた会いたい〉と思った時に、活動の仕方はいくつか考えられると思うのですが、その中でソロでの活動を選んだ理由は?

「前のグループのメンバーがすごく居心地が良かったんですよね。私はもともと団体行動が得意な方ではないんですけど、一緒にいて楽しかった。だからあの3人以外とまた何かをしたいっていう気持ちにはならなくて。だったら自分ひとりで頑張ってみようかなって」

――ソロとして活動する矢川さんは、肩書としては何になるのでしょう? アイドルなのか、歌手なのか、アーティストなのか。

「前のグループでもそういう疑問はあったんですけど、松田聖子さんとか松浦亜弥さんみたいなアイドルが好きなので、私の心持ち的にはずっとアイドルでいたいと思っています。でも観る人それぞれが決めてもらえればいいと思うんですけどね」

――ここまでの流れとして、アイドルになりたかった人が、アイドルグループに入って、今はソロのアイドルになったということですね。

「はい。令和のソロアイドルです(笑)」

関連アーティスト