DISC GUIDE

ギャンパレ、乃木坂、BEYOOOOONDS、エビ中、ぜん君。――2019年の名作アルバムたち!

【特集:ZOKKON OF THE YEAR 19→20】

FOREVER CAME TODAY 2019
[ 特集 ]ZOKKON OF THE YEAR 19→20
時代は令和に変わって、変わるものも変わらないものもある。けど2019年もいい作品は山ほどあった!と言いたいし、2020年もきっと楽しいものが楽しいと思ってたいね!

 


2019年の必聴アルバムはこれだ!

でんぱ組.inc ワレワレハデンパグミインクダ MEME TOKYO/トイズファクトリー(2019)

夢眠ねむ卒業や古川未鈴の結婚など通年でお祝い事の相次いだ彼女たち。元日に登場した本作はそんな変化の過程を賑やかに記録したアルバムでしたが、玉屋2060%と諭吉佳作/menを起用したこの後のシングル含め、音楽的な攻めっぷりはやはり半端ないです。今年は妹グループたちの動向も気になる! *出嶌

 

GANG PARADE LAST GANG PARADE T-Palette(2019)

この年は2枚のアルバムを発表した彼女たちですが、こちらはメジャーへ旅立つ前の置き土産となったT-Paletteでのラスト作。かの“primal.”の姉のように感情の迸る“LAST”をはじめ、胸を打つ楽曲のドラマ性はそんな背景を差し引いてもエモーショナルです。カミヤサキ脱退を控えた2020年はどうなる? *出嶌

 

sora tob sakana World Fragment Tour ワーナー・ホーム・ビデオ(2019)

〈旅〉をキーワードに、豊かな色彩と起伏に富んだサウンドスケープを見せてくれた、すべて新曲によるフル・アルバム。メジャーでのファースト・シーズン、その集大成というよりもネクストへの所信表明とでもいうべき一枚を引っ提げ、3人体制となった2019年も逞しく前進しました! *久保田

 

フィロソフィーのダンス エクセルシオール PHILOSOPHY OF THE WORLD(2019)

前作『THE FOUNDER』以降も貪欲に新曲を増やし続け、“ラブ・バリエーション ”ではSCOOBIE DOを迎えるなど、そのファンクネスに磨きをかけてきた彼女たち。ゆえに、そのまとめとなったこのアルバムでも、4人の頼もしいステージ・パフォーマンスが目に浮かんで……。 *久保田

 

乃木坂46 今が思い出になるまで N46Div./ソニー(2019)

約2年ぶりのアルバムということで、3期生の選抜入りや、多くのシングル表題曲でセンターを務めてきた生駒里奈や西野七瀬の相次ぐ卒業など、グループのドラマティックな時期を振り返る意味合いもあった4作目。新曲は少なめだったけど、“ありがちな恋愛”は神曲レヴェルでしたね。 *久保田

 

アンジュルム 輪廻転生~ANGERME Past, Present & Future~ hachama(2019)

リーダー・和田彩花の卒業を筆頭に変動が相次ぐ一方、〈アンジュルム婚〉なんて言葉も生まれた2019年。この3枚組は改名後のシングル曲などを網羅したメモリアル・ベスト的な性質も備えつつ、Disc-1は新メンバーも交えたオリジナル・アルバムとして機能するマッシヴな充実作でした。 *出嶌

 

クマリデパート ココデパ! MUSIC@NOTE(2019)

MUSIC@NOTE入りして快調にステップアップしてきたekoms所属の4人は2019年も絶好調。現体制になって1年の節目で完成したこのフル・アルバムは、名曲“シャダーイクン”などのシングルや過去曲の再録まで明るい雰囲気でまとめられ、michitomoのプロデュース曲も以降の縁に繋がっていくことに。 *出嶌

 

CYNHN タブラチュア I BLUE(2019)

2017年のデビュー以来、メイン・ヴォーカル制などの意欲的な試みを通じて深い歌心を培ってきた〈青い未完のヴォーカルユニット〉が、6人の持ち味を集約した名曲揃いのファースト・アルバム。この体制はシングル“2時のパレード”で最後になってしまったものの、5人で臨む新年にも期待しかないです。 *出嶌

 

TOWER DOORS
pagetop