矢舟テツロー『うた、ピアノ、ベース、ドラムス。』小西康陽の全面プロデュースでエレガントに聴かせる

2022.01.14

近年はPIZZICATO ONEでの演奏や桐原ユリとのコラボも記憶に新しいピアニスト/シンガー・ソングライターの新作は、表題が示唆するように小西康陽の全面プロデュース。タイトル通り鈴木克人(ベース)、柿澤龍介(ドラムス)とのトリオ編成で、“ろっかばいまいべいびい”“あまく危険な香り”などカヴァー主体でエレガントに聴かせる。野宮真貴の登場もいいが、小西が麻田浩に書いた“きみには歌いたいことなんてないのに”が素晴らしい。