PR
インタビュー

PIZZICATO ONE『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』小西康陽が語る、来るべきものの前夜を記録した特別な実況盤

Photo by Kenju Uyama

小西康陽の書いた曲を小西康陽が歌う――最強のコンボを従えて親密な空気感と臨場感を封入したライブ・アルバムは、来るべきものの前夜を記録する特別な一枚となった!

自分の曲を自分で歌いたい気持ち

 2019年10月、関東地方を直撃した台風19号は、千葉県を中心に未曾有の被害を引き起こした。台風接近を前に街から人は消え、中止や延期を発表するイベントやコンサートも少なくなかったその前夜(10月11日)、六本木のビルボードライブ東京で、小西康陽のソロ・プロジェクトであるピチカート・ワンのワンマン・ライブが行われた。

 「まだ電車は動いてたけど、風はすごかった。昼のリハーサルの後、誰かが〈もうコンビニに何にもない〉って言っていて、ああ、そういう状況なんだなと思ってましたね」。

 小西は、その夜のことを振り返った。その11日と、15日にビルボードライブ大阪に場所を移して行われた二晩の演奏が、ライブ・アルバムとしてリリースされる。タイトルは『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』。

PIZZICATO ONE 『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』 ユニバーサル(2020)

 そして、あれから数か月して実際に作品がリリースされるに至ったとき、今度は新型コロナウィルスの影響により、世界中が外出自粛となり、外から人が消えていた。いったい今は何の〈前夜〉なんだろう。運命は妙な偶然を用意するものだと思う。

 だが、外で嵐が吹き荒れていても、死んだ街のように静まりかえっていても、このアルバムに記録されているピチカート・ワンの歌と演奏は、エアポケットのようにじっくりと考える時間を作り出してくれる。歌声から不意にこぼれる人間的な感情は、久しぶりに人と直接会って交わした言葉のように聴く者の鼓動に触れる。こんな小西のアルバムは初めてだとも思うし、以前からずっと知っていたような気もする。

 ピチカート・ワンは、これまでに『11のとても悲しい歌』(2011年)、『わたくしの二十世紀』(2015年)と2枚のスタジオ・アルバムをリリースしてきた。後者に収録された“ゴンドラの歌”で小西はヴォーカルをとり、その後、ごく散発的にではあるがヴォーカリストしてのライブ活動も行なってきた。ピチカート・ファイヴ時代(88年の“神の御業”)から近年の提供曲(新しい地図“地球最後の日”)まで、小西自身の歌で網羅された今回のライブ・レコーディング作品の発表には、ピチカート・ワンとしての歩みを振り返れば頷ける部分も多い。「自分の歌にはぜんぜん慣れないが、開き直りという意味ならある気がする」と小西は自嘲するが、自分の曲を自分で歌いたい気持ちが強くなっていることを、誰よりも小西自身がおもしろく感じているだろう。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop