PIZZICATO ONE『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』小西康陽が自作曲を歌う 腕利きコンボとの親密な臨場感を封じ込めたライブ盤

2020.07.22

昨年10月のビルボードライブ東京&大阪における公演の模様を収めたライブ盤。小西康陽は歌に専念し、田辺充邦(ギター)、香取良彦(ヴィブラフォン)、矢舟テツロー(ピアノ)、河上修(ベース)、有泉一(ドラムス)というコンボの演奏が、合間のMCや会場の反応も相まって独特の親密な臨場感を生み出している。PIZZICATO FIVEを含む自作曲を作家が歌うという趣向もあり、かつてなくシンガー・ソングライター的な色合いが濃いのも興味深い。

TOWER DOORS