PR
インタビュー

ハンス=ヨアヒム・ローデリウスとティム・ストーリー(Hans-Joachim Roedelius & Tim Story)が語ったアンビエント再評価と日本文化からの影響、新作『4 Hands』

(左から)ハンス=ヨアヒム・ローデリウス、ティム・ストーリー
Photo by Emily Ramharter(記事内写真すべて)
 

エクスペリメンタルミュージックのパイオニア、ドイツのローデリウスことハンス=ヨアヒム・ローデリウスが、アメリカの現代音楽家ティム・ストーリーとのピアノ作品『4 Hands』を発表した。長きにわたりコラボレーションを続け、こと電子音楽において印象の強い両者だが、今回はピアノという楽器の可能性をあらためて探求している。タイトルの通りふたりのピアノ演奏がベースになっているのだが、実は単純なデュエットではなく、1台のピアノを用いて別々に行われた即興演奏をレコーディングし、それを再構築するというプロセスがとられている。

シンプルでやわらかいメロディーの繰り返しにプリペアドピアノ的な金属音や打楽器的な音色が加わり、アトモスフェリックな空間を創出。気の置けないふたりの語らいを覗き見しているような親密な関係性が伝わってくるのも微笑ましく、果たして、アンビエントミュージックとしての心地よさのなかに、音の鳴る空間に身を委ねること、耳をそばだてることの大切さを感じさせてくれる。〈音楽を聴く体験〉の新たな扉を開く実験の一環とも形容できる仕上がりとなっている一枚だ。

今回はローデリウスとストーリーにインタビュー。出会いから今作のコラボレーションの過程、そしてふたりの親友であり、2020年12月に逝去したハロルド・バッドについてまで語ってくれた。

HANS-JOACHIM ROEDELIUS, TIM STORY 『4 Hands』 Erased Tapes/インパートメント(2022)

友情と一体感から生まれた経験と実験のすべてから出てきた『4 Hands』

――最初に、おふたりの出会いから教えてください。〈エレクトロニクスを自在に使用する〉という共通点はありますが、いつごろ、どのように出会い、コラボレートすることになったのでしょうか?

ハンス=ヨアヒム・ローデリウス「ティムが私の音楽を知ったのは、彼が学生時代にレコードショップでアルバイトをしているときでした。彼は私の音楽をとても気に入ってくれて、83年に彼が先祖の足跡を辿るヨーロッパへの旅をした際に、私と個人的に会えないかと言ってきたのです。私は当時家族と住んでいたブルマウ(オーストリア)まで来てくれるならと同意しました。

彼は私にインタビューをし、私たちは彼をお気に入りの場所へ旅に連れ出しました。リンツで海抜1000メートルのところにある湖へ登った際に、そこでフェスティバルやシンポジウムを行うアイデアが浮かび、後にそれは〈More Ohr Less〉というイベントになりました。実際には2004年にオーストリアの建築家/マルチメディアアーティスト、ハンス・クーペルヴィーザーが設計した湖のステージで初めて開催され、15年以上そこで行われています。ティムは最初から〈More Ohr Less〉に関わっていました。私たちは大親友であり、エレクトロニクスを自在に演奏するだけではなく、人生を自由に生きています」

――おふたりは『Lunz』(2002年)をはじめ、多くのコラボレーションを行ってきましたが、今回の『4 Hands』はその延長線上にある作品と言っていいのでしょうか。これまでの作品との違いについて教えてください。2016年にローデリウスのオリジナルのピアノ録音のアーカイブをストーリーが組み合わせた、マルチチャンネルオーディオのインスタレーション作品「The Roedelius Cells」を発表しました。あの作品も非常に画期的なものだったと思いますが、『4 Hands』は、これらの試みを新しいレコーディングで行った作品のようにも感じられます。

ローデリウス「『4 Hands』は延長ではなく、私たちの友情と一体感から生まれた経験と実験のすべてから出てきたもう一つの結果です」

ティム・ストーリー「私もまったく同じ意見です。『4 Hands』は過去の共作の延長線上にあると言うよりも、友情と私たちが共有する音楽を新たに表現したものだと思います。しかし、もちろん、すべてのことは過去の延長線上にはあるもので、『The Roedelius Cells』のようなプロジェクトは私たちに新しいアイデアとその方向性を探る方法を提示してくれました。

不思議なことに、ある意味『4 Hands』は過去の作品よりも複雑であるのと同時にシンプルだと思います。私にとっては、お互いの音楽的な個性がもっとも完璧に融合したものと言えるかもしれません。私たちの〈会話〉を、ふたりが愛するひとつの楽器に限定し、お互いの長所を生かしたユニークな方法で作品を作り出すことで、直接性と美しさを邪魔するすべてが取り除かれているのだと思います」

――また、2020年にローデリウスは3種類のアップライトピアノでレコーディングした『Drauf Und Dran』を楽譜としてリリースしました。ここ数年であなたはあらためてピアノという楽器の可能性を追求しようとしているように感じられます。その理由はどこにあるのでしょうか?

ローデリウス「(あの作品では)私の韓国製の〈Young Chang〉のアップライトピアノ1台と、過去に弾いたグランドピアノを数台使ったと思います。ですが、ピアノ単体が作品に関係しているのではなく、私がここ数年探求してきた共通点のある美学が関係しているのです。そう、私はまだ未知でありながらも可能性のあるものにアプローチし続けようとしています。探求することは、アーティストとしての道を歩みはじめたときからの私の目標です」

関連アーティスト