PR
コラム

Re:NO『Dreamer』ステージに帰還した元Aldiousのボーカリスト、圧巻のソロアルバムに迫る

志半ばで途絶えた夢の続きを追い求めて彼女がステージに帰ってきた。新たな魅力を加えて圧巻の存在感を発揮した待望のソロ・アルバム『Dreamer』では美しい新章の幕開けが轟いている!

手放さざるを得なかった夢

 Aldiousのヴォーカルとして活躍し、現在もカリスマ的な人気を誇るRe:NO(リノ)が、待望のファースト・ソロ・アルバム『Dreamer』を完成させた。Aldious時代の彼女を知らなくても、今年5月にリリースされたソロ第1弾シングル“You go your way”が配信のロック・チャートで1位に輝いたことで〈Re:NOってどんなアーティストなの?〉と気になっていた方も多いことと思う。

 まずは、Re:NOのこれまでの活動をおさらいしていこう。ストリート系のファッション雑誌でモデルを務めていたことで注目を集めた彼女だが、10代の頃から音楽活動を続けていたという。2013年にAldiousに加入してからは、プラチナブロンドのロングヘアに姫系のロングドレスというスタイルと、攻めのライヴ・パフォーマンスで一躍話題に。お姫様のようなファッションで激しくヘドバンする唯一無二の、かつ圧倒的なステージングは、海外のロック・ファンのハートも鷲掴み。イベントにも積極的に出演し、2016年には〈SUMMER SONIC〉〈LOUD PARK〉〈VISUAL JAPAN SUMMIT〉にて国内外の多くのアーティストと競演を果たしている。2017年には〈Summer Sonic Shanghai 2017〉で初の海外ライヴを敢行したほか、全国47都道府県ツアーで計50公演以上を行った。2018年に脱退するまでの6年間に、4枚のアルバムと2枚のミニ・アルバムに参加。Aldiousの持ち味であるメロディアスなメタル・チューンを見事に歌いこなしていたのはもちろんだが、バンドの音楽性にカラッとしたパンキッシュな空気感や、闇(病み?)の要素を取り入れることに成功したのもRe:NOの存在が大きく貢献していたように思う。すべてが順調に見えた。が、2018年、Re:NOに病魔が忍び寄っていた。聴覚に症状がある病気だったため、大音量での音楽活動にドクターストップがかかった。メンバー全員苦渋の決断だったようだが、同年12月17日の渋谷O-EASTライヴを最後にRe:NOはAldiousを脱退。志半ばで突然夢を手放さざるを得なくなった彼女は、さぞ失意の底を味わったのではないかと思う。