トピック

アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)、The 1975、Re:NOが表紙で登場! タワーレコードのフリーマガジンbounce 467号、10月25日(火)発行

bounce vol.466表紙画像(アークティック・モンキーズ)

タワーレコードが毎月25日に発行しているフリーマガジン「bounce」。今回は2022年10月25日(火)発行、第467号の情報をお知らせします。

今号は、10月21日(金)に4年ぶりのニュー・アルバム『The Car』をリリースするアークティック・モンキーズ、10月14日に発表したばかりの新作『Being Funny In A Foreign Language』が話題のThe 1975、元Aldiousのヴォーカリストにしてソロ・デビュー作『Dreamer』を11月9日(水)にリリースするRe:NOの3組が、表紙と中面記事に登場いたします。

bounce vol.467表紙画像(The 1975)

さらに、黒子首、ポリフィア、STUTS、ExWHYZ、ビビオ、ストラータ、HAIIRO DE ROSSI、スタークローラー、ルイス・コール、SANDAL TELEPHONE、ハンブレッダーズ、クマリデパート、レディ・ブラックバード、Superfriends、ニュー・マスターサウンズ、シャイガール、原田知世など、今月も要注目アーティストの記事が盛りだくさんです!

また、アーティストの歩みをディスコグラフィーで辿る連載〈DISChronicle〉では、来日ツアーを控えて一挙リイシューされるフランツ・フェルディナンドのアルバム5作品をピックアップ。このほか、fhána、うじたなおき、BOY 奥冨直人、最新のインディー・ロックを紹介する岸啓介の連載など、今号も充実の内容です。

bounce vol.467表紙画像(Re:NO)

bounceはTOWERminiを含むタワーレコード全店で毎月25日より無料配布。またTOWER RECORDS ONLINEでは数量限定で販売も行っていますので、こちらもご活用ください。bounceに掲載される記事はMikikiでも順次公開予定です。

※天候や交通事情により納品が遅れる場合がございます。ご了承ください

「bounce vol.467」のコンテンツは下記かこちらでご覧ください。

 


CONTENTS

BLOW UP!
黒子首/ポリフィア

FEATURED ARTISTS
アークティック・モンキーズ/The 1975/STUTS/ExWHYZ/ビビオ/ストラータ/HAIIRO DE ROSSI/スタークローラー/ルイス・コール/SANDAL TELEPHONE/ハンブレッダーズ/クマリデパート/レディ・ブラックバード/Superfriends/ニュー・マスターサウンズ/Re:NO

連載
DISChronicle ──【第3回】フランツ・フェルディナンド

New Opus
シャイガール/原田知世のうたと音楽とカヴァー・アルバム

連載
fhánaのわんだふるレコメン紀行 ──【第74回】私はピアノ
現代ポップ独立派 ──【第21回】同一性を撹乱するミッキー・ブランコの新作
BOY 奥冨直人の宇田川放送委員会 ──【第20回】記念すべき節目の回に、最近聴き込んだアーティストをピックアップ
UJTのマンガDROP! byうじたなおき──【第267回】

★bounce 467号の記事はミュージックレビューサイト〈Mikiki〉(当サイト)で随時公開していく予定です。

★ウェブへの転載情報についてはbounceのTwitterアカウント(@TOWER_bounce)をご確認ください。

COVER : アークティック・モンキーズ、The 1975、Re:NO