OPUS OF THE YEAR 2022
[ 特集 ] bounceが選ぶ2022年の100枚+

そもそも私たちは何と戦っているのか……と立ち止まらなくもない。それでも、そんな日々を彩った音が、こんなアルバムたちと共にいい記憶として残っていきますように!

 


100MOIDE IN MY HEAD 2022
bounceが選ぶ2022年の100枚

Dios 『CASTLE』 Dawn Dawn Dawn(2022)

前年に始動した、たなか、ササノマリイ、Ichika Nitoによる新バンドの初アルバム。Ichikaの超絶ギターとササノのトラックを得た歌世界が独自のスリリングな物語を織り成していく。年の暮れにはめでたい報告もありました! *出嶌

 

HARRY STYLES 『Harry’s House』 Erskine/Columbia/ソニー(2022)

Take On Me”を換骨奪胎した先行シングル“As It Was”の大ヒットを経てリリースされたサード・アルバム。影響源として公言されているほど〈シティ・ポップ〉味はないが、ポップソング集としての強度は極めて高い。 *田中

 

KENDRICK LAMAR 『Mr. Morale & The Big Steppers』 Top Dawg/Aftermath/Interscope(2022)

コンセプチュアルな内容に伴った巧妙なストーリーテリングで引き続きトップの地位を堅守した、2022年きっての話題作のひとつ。TDEでの最後のアルバムとなるそうで、この後のステップも注視しておきたいところ。 *出嶌

 

MUNA 『MUNA』 Saddest Factory/BIG NOTHING(2022)

フィービー・ブリジャーズが主宰するサッデスト・ファクトリー移籍作は、そのフィービーを迎えてクィアな愛を歌った“Silk Chiffon”などより率直でポップな内容に。同レーベルからはチャーリー・ヒッキーらの好盤も続いた。 *出嶌

 

山下達郎 『SOFTLY』 ワーナー(2022)

問答無用のアルチザンによる11年ぶりのオリジナル・アルバム。音楽そのもの以外の話題で賑々しく盛り上がっていたせいで何かを書くのが億劫になってしまうような、そんな大作。まさに、待ったかいがあった!! *出嶌

 

吉田拓郎 『ah-面白かった』 avex trax(2022)

〈若者のカリスマ〉としてフォーク~ニューミュージック時代を牽引してきた大御所が、52年のアーティスト活動に終止符を打った最後のアルバム。気負いのない普段着の感覚を貫いて普通に締め括る感じもまた凄い。 *出嶌

 

BLACK MIDI 『Hellfire』 Rough Trade/BEAT(2022)

現行UKインディーのポスト・パンクなトレンドから逸脱していく3作目。急激なリズム・チェンジ、怒涛の勢いで様相を変えていく曲展開はプログレというかミュージカル音楽に近い。身体ではなく頭脳に快楽的な音楽。 *田中

 

DOMi & JD BECK 『NOT TiGHT』 Apeshit/Blue Note/ユニバーサル(2022)

世代云々よりも単に演奏が最高すぎる大型新人ジャズ・ユニットの初作。アンダーソン・パークの後ろ盾も功を奏して、サンダーキャットやハービー・ハンコックらを交えた録音作品としての出来映えも気持ち良かったです。 *出嶌

 

HUDSON MOHAWKE 『Cry Sugar』 Warp/BEAT(2022)

トラップ~ベース界の風雲児として登場、2010年代のポップに大きな影響を与えたトラックメイカー。7年ぶりのソロ作はガバやシュランツに騒がしく接近。ゴスペルを早回しした“Behold”は2022年のバンガーだ。 *田中

 

SUPERORGANISM 『World Wide Pop』 Domino/BEAT(2022)

ロンドン発のポップ集団が、星野源やCHAIをはじめ多国籍のゲストを招いた2作目。スチュアート・プライスによるエレクトロ・ビートが基調のため、サウンド面でのワールド・ワイド感は薄いものの、とにかく踊れます。 *田中

4s4ki 『Killer in Neverland』 スピードスター(2022)

言葉で束ねられる前からハイパーポップな才能は、さらに凶暴かつ繊細なアップダウンで仮想現実を駆け巡った。Masayoshi Iimori、gu^2、maeshima soshiの助力も得た圧巻の存在感は自然に世界へ波及していきそう。 *出嶌

 

BAD BUNNY 『Un Verano Sin Ti』 Rimas(2022)

ダディ・ヤンキーが引退作を発表した2022年、プエルトリコの当代トップスターはラテン・アーバン幕の内な今作で世界最高ヒットを叩き出すなど青天井な躍進ぶり。俳優としては映画「ブレット・トレイン」に出てましたね。 *出嶌

 

BEYONCÉ 『RENAISSANCE』 Parkwood/Columbia/ソニー(2022)

先達に敬意を表しつつ多彩な顔ぶれと大胆なネタ選びをフロアに総動員してハウスやバウンスのグルーヴでシェイクした圧巻のダンス・アルバム。この10年での最高傑作……かどうかは知らんけどとにかく楽しかった! *出嶌

 

DANGER MOUSE, BLACK THOUGHT 『Cheat Codes 』 BMG Rights(2022)

ザ・ルーツのブラック・ソートを相棒にデンジャー・マウスが久々にド直球ヒップホップに挑んだ一枚は、時流に沿わないのが時流と言わんばかりに、ゴツゴツでブンブンでガッシガシ。名作かどうかはわからんけど最高! *出嶌

 

ハンバート ハンバート 『丈夫な私たち』 SPACE SHOWER(2022)

2年ぶりの11作目は、トラッド・パンクな“もうくよくよしない”など、生命力に溢れた12曲を収録。〈大丈夫〉とは言えないけれど、きっと立っていられる――そんな私たちが本作のなかで生きている。 *田中

 

kojikoji 『Mining』 A.S.A.B(2022)

メランコリックな歌声と多くの客演で名を広めてきたシンガーの初アルバムは柔らかな表現で歌世界を有機的に広げた良品に。EPも出したニューリー、配信曲の続く空音というBroth Works勢の活躍には新年も期待できそう。 *出嶌

 

くじら 『生活を愛せるようになるまで』 ソニー(2022)

ボカロPとして活動を始め、早くからyamaやAdoらの歌い手を起用してきたクリエイターが、初めて自身の歌唱曲のみで作り上げたアルバム。洗練された簡潔な楽曲が並ぶなか、“水星”のアンセム感に心が躍らされました。 *出嶌

 

LIZZO 『Special』 Nice Life/Atlantic/ワーナー(2022)

社会を動かしてきたスペシャルな才能が、あらゆる人をスペシャルだと祝福する超キャッチーな大傑作。問答無用のヒットとなった“About Damn Time”の話題もあり、5部門ノミネートのグラミーも今回はどうなる? *出嶌

 

STELLA DONNELLY 『Flood』 Secretly Canadian/BIG NOTHING(2022)

第4波フェミニズムともシンクロし、支持を集めたオーストラリア発シンガー・ソングライターの2作目。不得手な鍵盤で作曲を進めたというスロウな作風に、ロックダウン下での内省的な思索が映し出されているようで。 *田中

 

SuiseiNoboAz 『GHOST IN THE MACHINE DRUM』 SuiseiNorecoRd(2022)

バンドならではの肉体的な演奏にこだわりつつ、脱構築と再構築を繰り返すことで、ビートとグルーヴを研ぎ澄ましてきた4人組の6作目。新ドラマーの加入も大きかったのだろう、リズム・アプロ―チの多彩さが耳を引く。 *田中

AITCH 『Close To Home』 Infinitum/Capitol UK(2022)

マンチェスターのラッパーによる初作。流行を反映したアシャンティ使いの“Baby”もありつつ、レッチ32を思い出させるストーン・ローゼズ使いの“1989”は独自発展してきたUKラップの幹の太さを感じさせるものだった。 *出嶌

 

JOHN LEGEND 『LEGEND』 Republic/ユニバーサル(2022)

フックアップの意識とパーソナルな表現を両立して振り幅のある曲を聴かせた2枚組でのレーベル移籍作。アンバー・マークやマニー・ロングら女性客の多さはベイビーフェイスの『Girls Night Out』にも通じるものかも。 *出嶌

 

Lafuzin 『ラブエナジーモチベーション』 DOBEATU(2022)

当世シティ・ポップとは似て非なる歌謡性を備えた、田村三果とBRIAN SHINSEKAIによるデュオの初作。洗練されたニューミュージック志向は、ここで共演したレーベルメイトのGOOD BYE APRILに重なる部分も。 *出嶌

 

LARRY JUNE 『Spaceships On The Blade』 Freeminded/Empire(2022)

ベイエリアの顔役に成り上がったラッパーのソウルフルな快作。シドやカレンシーも交えたレイドバック作法はローカルの良さも活かしていよいよマイペースに。以降もブラストとのコラボなど話題曲が続いた。 *出嶌

 

七尾旅人 『Long Voyage』 SPACE SHOWER(2022)

前作を機に結成されたKan Sanoらが名を連ねるバンド形態を中心に録音。気心の知れたメンバーならではの有機的な演奏が極上だ。一人の人生と人類の歴史を重ね合わせていく歌い手の眼差しに、何度もハッとさせられた。 *田中

 

No Buses 『Sweet Home』 S.S.G.G.(2022)

緻密な演奏とエレクトロニック・ミュージック的な音の重なりを志向して新境地に辿り着いた3作目。BIMを迎えた“Daydream Believer”はインディー・ロックへの接近が目立つ現行UKラップに向けた彼ら流のアンサーか。 *田中

 

RINA SAWAYAMA 『Hold The Girl』 Dirty Hit/ユニバーサル(2022)

国籍により選外となったマーキュリー賞に異議を訴えてルールを変えるなど、世界にポジティヴな影響を与え続ける在英日本人シンガーの2作目。LGBTQ+コミュニティーを代弁しつつ、かつて無知だった人々にさえ手を差し伸べている。 *田中

 

SWEDISH HOUSE MAFIA 『Paradise Again』 SSA/Republic/ユニバーサル(2022)

ハードウェルの復帰も叶った2022年、帰還という意味では彼らの再会も大きかったはず。コーチェラ出演に合わせて届けた10年ぶりのアルバムは、ウィークエンドやスティングを交えて時代に即したスタイルを聴かせた。 *出嶌

 

w.o.d. 『感情』 MIMINARI(2022)

爆音と強靭なグルーヴを放つことに関しては、国内ロック・シーンで並ぶ者のいない3人組の4作目。鋭利なギターとパワフルなリズムの凶暴さに加え、いつになくメロディアスな歌心にもドキドキさせられました。 *田中

 

ARCTIC MONKEYS 『The Car』 Domino/BEAT(2022)

流麗なストリングス、柔らかなキーボード、洒脱なリズム……前作のラウンジ路線を継承しつつ、よりジェントリーに着こなす様にうっとり。誰も到達しえない頂に、このバンドはいることを改めて証明した名作だ。 *田中

CRAIG DAVID 『22』 BMG/ADA(2022)

2ステップを世界に広めたかつての貴公子が、初作から22年を経て放った傑作。冒頭の“Teardrops”から長年のリスナーにウインクしつつ、現在進行形のスマートな身のこなしで多彩なダンス・トラックを聴かせてくれた。 *出嶌

 

ExWHYZ 『XYZ』 ユニバーサル(2022)

〈解散〉を発表したEMPiREがリニューアルする格好でよりスタイリッシュな姿を見せつけた初のアルバム。大沢伸一やyahyel、80KIDZら多彩な顔ぶれと作り上げたクールな楽曲は新鮮なエモーションに溢れていた。 *出嶌

 

EZRA COLLECTIVE 『Where I’m Meant To Be』 Partisan/BIG NOTHING(2022)

2022年も好調だったパルチザンからロンドンの5人組ユニットが放った2作目。ダンス・ミュージックとしてのハイブリッドなジャズが並び、サンパ・ザ・グレイトやコージェイ・ラディカル、ネイオらの参加も光っていた。 *出嶌

 

HAIIRO DE ROSSI 『Revelation』 forte(2022)

相棒のPigeondustをエグゼクティヴ・プロデューサーに迎えた9作目は、穏やかなループと内省的なリリシズムで己の生き様を記した快作。直球の“Revelation Intro.”から鋭いパンチラインに打たれまくる。 *出嶌

 

黒子首 『ペンシルロケット』 トイズファクトリー(2022)

路上でのセッションを重ねながら、アンサンブルに磨きをかけてきたトリオのメジャー・デビュー盤。起伏豊かなメロディーとグルーヴィーな演奏が実に心地良く、〈いいバンドに出会えた〉とピュアに喜べる一枚でした。 *田中

 

MUNI LONG 『Public Displays Of Affection: The Album』 Supergiant/Def Jam(2022)

R&B豊作の一年を象徴する文句ナシの名盤。幅広い客演も印象的だった品格ある歌声の素晴らしさは言わずもがな、大ヒットした“Hrs & Hrs”などから薫ってくる90年代っぽいフィーリングも実に2022年的でした。 *出嶌

 

THE 1975 『Being Funny In A Foreign Language』 Dirty Hit/ユニバーサル(2022)

ヘッドライナーとして出演した〈サマソニ〉でのステージングも話題を集めた当代随一の人気バンド。この5作目では売れっ子ジャック・アントノフを迎え、シンプルなロックに回帰。ネオアコ × ディスコな“Happiness”が良い。 *田中

 

OMSB 『ALONE』 SUMMIT(2022)

実に7年ぶりのサード・アルバムは、穏やかな達観をマイク捌きとビートの中毒性をスムースに融和した3枚目の最高傑作に。メロディアスな“大衆”や己を奮い立たせるラストの“Standalone | Stallone”はとりわけ圧倒的だ。 *出嶌

 

Re:NO 『Dreamer』 Village Again(2022)

元Aldiousのヴォーカリストがカムバックを刻んだ初めてのソロ・アルバム。重厚なバンド・サウンドを基調にメタリックからアコースティックまで楽曲は多彩。よりパーソナルな目線から夢を歌い上げる諦めない姿に痺れました。 *出嶌

 

SHYGIRL 『Nymph』 Nuxxe/Because(2022)

ロンドン発の新星による初作。ダニーL・ハールやアルカらの鋭角的な音が明快なダンスの機能性を描く様子は、マッド・ディセントやPCミュージックの実験によって更新された意味においてのポップネスに溢れていた。 *出嶌

STUTS 『Orbit』 NEWHERE MUSIC(2022)

Mirage Collectiveでの活動でも視線を集めるプロデューサーが、その直前にリリースした3作目。豪華客演陣の参加に目が行きがちだが、ハウス~ガラージへの関心を起点にしたビートメイクの鮮やかさにこそ注目を! *田中

 

ARI LENNOX 『age/sex/location』 Dreamville/Interscope(2022)

R&B豊作の一年を象徴する文句ナシの名盤。90~00sネタの流行からさらに踏み込んで源泉から美しいソウルを汲み上げたような麗しさ。J.I.Dやアースギャングの良品も続いてドリームヴィルは2022年も絶好調でした。 *出嶌

 

クレナズム 『日々は季節をめくって』 MMM/RED(2022)

ネット・ミュージックとの好相性が目立つ和製シューゲイザー界隈だが、この福岡出身の4人組も注目すべきでしょう。宇多田ヒカルのカヴァーを含むファースト・アルバムは、轟音の美しさとメロディーの存在感に悶絶……。 *田中

 

Fellsius 『MONOEYE』 TREKKIE TRAX(2022)

フューチャー・ベースやトラップを軸に配信を重ね、海外でも注目される気鋭のクリエイターによる初アルバム。煌めきをぶちまけるようなヤバいバンガーだらけで、maeshima soshiやMasayoshi Iimoriに続きそう。 *出嶌

 

KANDYTOWN 『LAST ALBUM』 ワーナー(2022)

2023年3月での〈終演〉を発表したクルーのラスト・アルバム。10年代を独自の美意識で席巻してきたクールな姿勢は粋な“Curtain Call”でも明快だった。「SLAM DUNK」の最終回を連想させるジャケも最高。 *出嶌

 

ROTH BART BARON 『HOWL』 SPACE SHOWER(2022)

精力的な活動が止まる気配のない彼らだが、2022年も映画「マイスモールランド」のサントラに加えて、きっちり新作を発表。中村佳穂を迎えた“月に吠える”など、コロナ禍で抑え込まれた生への衝動が力強く鳴り響いている。 *田中

 

シンリズム 『Música Popular Japonesa』 Pヴァイン(2022)

KIRINJIのサポートなど、近年はバイプレイヤー的な活動の目立つポップ・マエストロが、5年ぶりに完成したアルバム。ブラジル音楽の研究成果を余すところなく落とし込み、日本語ポップスの新モードを提示してみせた。 *田中

 

スカート 『SONGS』 IRORI/ポニーキャニオン(2022)

PUNPEEとのヒット・シングル“ODDTAXI”を筆頭に、収録曲のほとんどがタイアップというメジャー4作目。素っ気ないタイトルは自信の裏返し。〈歌の寄せ集め〉、ではなく〈名曲集〉として堂々と掲げられている。 *田中

 

TAYLOR SWIFT 『Midnights』 Republic/ユニバーサル(2022)

爆発的な数字を味方につけて創造性もいよいよ無敵状態に。この2年ぶりのオリジナル作ではチルでドリーミーなベッドルーム作法でまた新たな親密さを提示した。ジャック・アントノフにとってもこの年最高の大仕事に。 *出嶌

 

WEYES BLOOD 『And In The Darkness, Hearts Aglow』 Sub Pop/BIG NOTHING(2022)

前作『Titanic Rising』同様の素晴らしい仕上がり。インディー・クラシック的な弦楽器アレンジをベースにしつつ、サイケ・フォークやニューエイジまで接近。洞窟の奥で赤く輝く炎のように、聴く者を魅了する音楽だ。 *田中