裸のラリーズのアルバム『’67-’69 STUDIO et LIVE』『MIZUTANI / Les Rallizes Dénudés』『’77 LIVE』が、CD・配信・LPで正式にリイシューされた。長きにわたり幻の名盤と化していた3作の再発という歴史的な快挙に合わせて2022年11月29日に東京・渋谷のWWW Xで開催されたのが、〈裸のラリーズ オフィシャル盤リイシュー記念リスニング・パーティー Fall and Rise of Les Rallizes Dénudés Vol.3〉だ。久保田麻琴によるライブミックスと照明・映像・写真が一体になってラリーズの音楽を総合的に表現した一夜の模様を、『MIZUTANI』の解説も執筆した音楽評論家の松山晋也が伝える。 *Mikiki編集部


 

リスニングパーティが今どき成立する特殊で幸福なバンド

裸のラリーズのサウンドを、水谷孝の魂を、五感で受け止めるためのスペシャルリスニングパーティの第3弾〈Fall and Rise of Les Rallizes Dénudés Vol.3〉が11月29日、渋谷WWW Xにて開催された。ファンが一ヵ所に集まって一緒に音楽を聴く(しかも金を払って)なんていう60~70年代的な牧歌的イベントが今どき成立してしまうのが、ラリーズのラリーズたる所以か。今更ながら、特殊な、そして幸福なバンドである。

4月におこなわれた前回の〈同 Vol.2〉は、73年に吉祥寺OZで録音されたラリーズの音源(未発表もの含む)をまとめたアルバム『The OZ Tapes』のリリースを記念したものだったが、今回は、OZ音源以外の唯一の公式アルバム3作『'67-'69 STUDIO et LIVE』『MIZUTANI / Les Rallizes Dénudés』『'77 LIVE』(すべて91年にリリース)のCD再発(2022年10月12日)に合わせた企画だ。

この3作のオリジナル盤は限定プレスだったこともあり、発売当時にあっという間に完売し、その後30年にわたって中古市場で異常な高値で取り引きされてきた。世界中で闇の中を漂い続けてきた無数のブートレグ音源でしかラリーズを聴いたことがない多くの現役ファンにとって、今回の公式音源再発は何よりもうれしかったはずだ。

パーティ当日、会場の物販コーナーには、12月にリリース予定のLPバージョン3タイトル(+特典12インチ盤)もできたてホヤホヤの状態で並べられ、飛ぶように売れていた。

 

ラリーズを全身で体感する細かい演出

企画側の気合いも半端ない。ミキサー卓に陣取り総指揮を執るのは今回も、ラリーズ再発音源のリマスタリングを一手に引き受けてきた元メンバーの久保田麻琴である。会場エントランスには、久保田が最近受けたインタビューを元にしたニューヨーク・タイムズの長文記事の拡大パネルも掲示されていたが、ニューヨーク・タイムズで日本のミュージシャン(それもかなりアンダーグラウンドな)に関するこれほど大きな記事が載ったのは初めてではなかろうか。ラリーズ人気の特殊性を改めて実感させられる。

そして、その記事パネルの近くには、前回同様、写真家・中藤毅彦による水谷孝の美しいポートレイト数点が展示されているし、いたるところで香も焚かれている。ラリーズを全身で体感するためにはかような細かい演出も大事なのだ。 

 

小音量のMJQを聴きながら

そういった全身体感演出は、リスニングパーティ本番でも徹底されていた。まず、暗い会場に入るとミラーボールの妖しい光がゆっくりとゆらめいている。BGMはもちろんMJQ(モダーン・ジャズ・クァルテット)だ。

実は前回のリスニングパーティの終了後、私は70~90年代ラリーズ・ライブのリアル体験者として、いくつか改善点を久保田に進言させてもらっていた。本番前のMJQのBGMは控えめな音にするとか、ストロボをもっと派手に使うべきとか。往年のラリーズのライブでは開演前BGMとしてMJQが特に頻繁に用いられていたが、端正にしてクールなサウンドは音量が控えめだったからこそ、そのリリシズムが本番でのラリーズの爆音をより劇的なものにしていた。

前回は賑やかに鳴り響いていたMJQも今回は歯医者の待合室程度の音量で実にいい。光ゆらめく薄暗がりの中、観客が小音量のMJQに耳を傾けながら静かに待っているこの秘密めいた感じにこそ、ラリーズならではのスウィートさがある。

3Dサイケデリック音響を作りだす久保田麻琴のライブミックス

今回のパーティは件の3タイトルの再発記念ということで、使用されたのもその3作品の音源である。が、MJQのBGMとクロスする形でまず最初に流れてきたのは英語の語りだった。当日はそれが何なのかわからなかったのだが、後日久保田に確認したところ、先述のニューヨーク・タイムズの記事を書いたライター、ベン・シサリオが当記事執筆の経緯に関して語ったネット上の音声だとのこと。

そこに、変調された水谷の会話音声がかぶさった後、おもむろに作品音源がスタート。まずは最初期音源集『'67-'69 STUDIO et LIVE』と、水谷&久保田のコラボ作といっていいアコースティック作品『MIZUTANI / Les Rallizes Dénudés』の音源のコラージュが序曲的に10分ほど続いてから、いよいよ『'77 LIVE』に突入。

ほとんどのファンがラリーズ・サウンドの完成形として認めてきたこの2枚組全7曲のマスタリング音源が収録順にそのままプレイされていったわけだが、もちろんCDをそのまま流すわけではない。試聴会ではなく、ライブの疑似体験を目指したリスニングパーティとして、久保田は現場で様々な音響処理、ライブミックスを施していく。楽曲の構造や流れ、あるいは水谷のボーカルに合わせてディレイやエコーを強調したり、サンプラーで打撃音を加えたり、左右へのパンでサウンド全体の位相を変化させたりして、ライブ空間向けの3D的サイケデリック音響を作りだしてゆく。それでいて、ラリーズならではのノイズ特性は生かしつつサウンド全体が潰れないような慎重なミキシング。見事だ。私はずっと卓のすぐ後ろから久保田の作業を見ていたのだが、サウンドに合わせて激しく身体が揺れ動く様はまさに楽器を演奏しているようなノリである。

 

轟音と交響する美しくエロティックなビジュアル演出

そして、そうした空間全体のうねりを増幅させていたのがビジュアル面での演出である。前回同様、今回もステージ上のバックスクリーンでは〈Overheads Classic + liquidbiupil)チームによるサイケデリックな流動模様が躍り、更に、中藤毅彦や望月彰が撮影したラリーズ/水谷の写真、宇治晶によるフィルム/絵画のコラージュワークなども随時投影されたが、とりわけ宇治のコラージュワークは秀逸かつ効果的だったと思う。ジャン・コクトーやハンス・ベルメールの作品、ドイツ表現主義フィルムなどがラリーズの轟音と交響しながら浮かんでは消えてゆく様は、とてつもなく美しく、エロティックであった。まさに総合アート。このリスニングパーティに次回があるのなら、ラリーズの初代ギタリスト・中村武志=写真家・中村趫の作品も使ってもらいたいところだ。

2時間弱の本番のエンディングは、今回もジャン=ピエール・サバールのオルガンによるセルジュ・ゲンズブール“Je t’aime moi non plus”、そしてボブ・ディラン“Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again”。共に水谷が愛してやまなかった名曲である。

 

この特殊な音楽イベントを地方や海外でも

このラリーズのリスニングパーティは、回を重ねるごとに、着実に完成度を上げてきた。ここまで手の込んだ特殊な音楽イベントは他にないし、なによりもラリーズの熱心なファンは地方にもたくさんいることを考えると、そろそろ東京以外でもやるべきだと私は思う。さしあたって、京大西部講堂あたりでどうだろう? そしていずれは海外でも……と妄想は膨らむばかりだ。

 


RELEASE INFORMATION

裸のラリーズ 『’67-’69 STUDIO et LIVE』 The Last One Musique/Tuff Beats(2022)

■CD
リリース日:2022年10月12日
品番:UBCA-1073
フォーマット:CD
定価:3,300円(税込)

配信リンク:https://linkco.re/FbeSCvxa

TRACKLIST
1. Smokin’ Cigarette Blues (Live Version)
2. La Mal Rouge
3. 眩 暈 otherwise My Conviction
Vertigo otherwise My Conviction
4. Les Bulles de Savon
Soap Bubbles
5. 記憶は遠い Memory is far away
6. 鳥の声 Bird calls in the dusk
7. My Conviction (2nd. Version)  
8. The Last One _1969 (Live Version)

Bonus Track
9. Résonance
10. Tobacco Road

■LP
リリース日:2022年12月7日
品番:TBV-0033
フォーマット:LP
定価:4,400円(税込)

TRACKLIST
FACE A
1. Smokin’ Cigarette Blues (Live Version)
2. La Mal Rouge
3. 眩暈 otherwise My Conviction
Vertigo otherwise My Conviction

FACE B
1. Les Bulles de Savon
Soap Bubbles
2. 記憶は遠い Memory is far away
3. 鳥の声 Bird calls in the dusk
4. My Conviction (2nd. Version)
5. The Last One _1969 (Live Version)

 

裸のラリーズ 『MIZUTANI / Les Rallizes Dénudés』 The Last One Musique/Tuff Beats(2022)

■CD
リリース日:2022年10月12日
品番:UBCA-1074
フォーマット:CD
定価:3,300円(税込)

配信リンク:https://linkco.re/au52Hfug

TRACKLIST
1. 記憶は遠い Memory is far away
2. 朝の光 L’AUBE Morning Light, L’Aube
3. 断章 I Fragment I
4. 断章 II Fragment II
5. 亀裂 Fissure
6. The Last One _1970
7. 黒い悲しみのロマンセ otherwise Fallin’ Love With
Romance of the Black Pain otherwise Fallin’ Love With

■LP
リリース日:2022年12月7日
品番:TBV-0034
フォーマット:LP
定価:4,400円(税込)

TRACKLIST
FACE A
1. 記憶は遠い Memory is far away
2. 朝の光 L’AUBE Morning Light, L’Aube
3. 断章 I Fragment I
4. 断章 II Fragment II
5. 亀裂 Fissure

FACE B
1. The Last One _1970

 

裸のラリーズ 『’77 LIVE』 The Last One Musique/Tuff Beats(2022)

■CD
リリース日:2022年10月12日
品番:UBCA-1075/1076
フォーマット:2CD
定価:5,500円(税込)

配信リンク:https://linkco.re/6ghs9hUB

TRACKLIST
DISQUE 1
1. Enter the Mirror
2. 夜、暗殺者の夜 The Night, Assassin’s Night
3. 氷の炎 Flame of Ice  
4. 記憶は遠い Memory is far away

DISQUE 2
1. 夜より深く Deeper than the Night
2. 夜の収穫者たち Reapers of the Night
3. The Last One _1977

■LP
リリース日:2022年12月7日
品番:TBV-0035-0037
フォーマット:3LP
価格:8,250円(税込)

TRACKLIST
FACE A
1. Enter the Mirror
2. 夜、暗殺者の夜 The Night, Assassin’s Night

FACE B
1. 氷の炎 Flame of Ice

FACE C
1. 記憶は遠い Memory is far away

FACE D
1. 夜より深く Deeper than the Night

FACE E
1. 夜の収穫者たち Reapers of the Night

FACE F
1. The Last One _1977

 

裸のラリーズ 『’67-’69 STUDIO et LIVE + MIZUTANI / Les Rallizes Dénudés + ’77 LIVE 3作同時購入特典12インチ付きセット』 The Last One Musique/Tuff Beats(2022)

リリース日:2022年12月7日
品番:TBV-0042
フォーマット:LP+LP+3LP+特典12”
価格:18,150円(税込)
※数量限定生産

TRACKLIST
FACE A
1. 黒い悲しみのロマンセ otherwise Fallin’ Love With
Romance of the Black Pain otherwise Fallin’ Love With

FACE AA
1. Résonance
2. Tobacco Road

 

VARIOUS ARTISTS 『OZ DAYS LIVE ’72-’73 Kichijoji The 50th Anniversary Collection』 Temporal Drift(2022)

リリース日:2022年11月9日
品番:DRFT02
価格:6,875円(税込)

TRACKLIST
Disc 1
-裸のラリーズ(Les Rallizes Denudes)-
1. OZ Days *
2. 僕らの喜びに影がさした(A Shadow on Our Joy)*
3. 造花の原野(Wilderness of False Flowers)*
4. 白い目覚め(White Awakening)*
5. The Last One_1970 *
6. 記憶は遠い(Memory is Far Away)*
7. 眩暈(Vertigo otherwise My Conviction)*

Disc 2
-裸のラリーズ(Les Rallizes Denudes)-
1. The Last One_1970 (ver. 2) *
2. 僕らの喜びに影がさした(A Shadow on Our Joy)(ver. 2) **
3. 造花の原野(Wilderness of False Flowers)(ver. 2) **

-南正人-
4. 海が見えるあの丘へ(Improvisation)#
5. 愛の絆 #
6. 夜をくぐり抜けるまで #
7. I Shall Be Released #

Disc 3
-都落ち-
1. Shake Your Money Maker #
2. Kansas City #
3. Twist & Shout #

-アシッド・セブン-
4. 寿の朝 ##
5. もう帰らない ##
6. 風よ吹きまくれ涙は枯れる光の中に ##
7. 帰らなくちゃ #
8. ピエロがやってきた #
9. 横浜へおいでよ ##
10. あの頃、僕は若かった #
*『The OZ Tapes』(DRFT03)収録
**『Les Rallizes Denudes』(DRFT04/限定盤12”)収録
#『OZ DAYS LIVE』(OZ Records/1973年)収録
##未発表音源