SNSを中心にバズりまくる4人組が待望のファースト・アルバムを完成! 弱さも矛盾も曝け出しながら歌われる、平均年齢21歳のリアルなストーリーとは?

なんでもやるバンドでありたい

 シンガー・ソングライターとして活動していた〈かやゆー〉がSNSでメンバーを募集し、2020年8月に結成された平均年齢21歳の4人組ロック・バンド、ヤングスキニー。楽曲を公開するやいなや、矛盾だらけな恋心を赤裸々に綴った歌詞や耳馴染みの良いメロディーがティーンを中心に熱い共感を呼び、TikTokなどでバズりまくる異例の大反響を引き起こした。以降も勢いを止めることなく2023年2月にはメジャー・デビュー。このたび記念すべき初のフル・アルバム『歌にしてしまえば、どんなことでも許されると思っていた』を完成させた。順風満帆な道のりを歩んできたように見える彼らだが、“らしく”ではポジティヴに自分たちの未来を描きつつ、〈散々馬鹿にされてきた〉とも歌っている。

 「楽器もロクにできないまま組んだから、演奏やライヴがすごく下手くそだったんです。でも、インディーズ・バンド専用の音楽配信プラットフォーム〈Eggs〉で公開した“世界が僕を嫌いになっても”がいきなり注目されたことで、演奏力に反して知名度だけは上がって。そのギャップにかなり苦しみました」(かやゆー、ヴォーカル/ギター)。

ヤングスキニー 『歌にしてしまえば、どんなことでも許されると思っていた』 スピードスター(2023)

 その後、メンバーの変遷がありながらも粘り強くライヴを重ねていった。一方でTikTokでの投稿を行なったり、YouTuberばりの動画コンテンツをアップしたりと、デジタルネイティヴ世代ならではの発信力を持っている点もヤンスキの〈らしさ〉と言えよう。

 「〈Eggs〉で曲の再生回数が伸びたら、なるべく早くMVをアップして、グッズも作ってましたね。MVの監督を探し、お金をどうにかかき集めて依頼したり。自分たちで全部作っちゃうときもありました。そうしないと、せっかくのチャンスを逃してしまうので」(かやゆー)。

 「企画系の動画は僕が編集しています。変なプライドは持っていないですし、なんでもやるバンドでありたい。中3でYouTube配信に興味を持って、高校入学の記念で親にMacを買ってもらったんです。その頃に培ったスキルをここで活かせてよかったです」(ゴンザレス、ギター)。

〈ごめんね〉が代名詞

 メイン・ソングライター、かやゆーの曲は、恋愛を題材にしたものが多い。とは言っても、〈好き〉という想いをシンプルに歌ったようなラヴソングとは趣が異なる。全面に出ている若き焦燥が、矛盾した感情や不安な気持ちと共に瑞々しく響いているのが特徴だ。

 「曲作りについては、戦略的なことは考えてなくて。たまたま恋愛ソングが出来てきたんです。どの曲も8割が実体験、2割が妄想というバランスですね。back number、クリープハイプ、マカロニえんぴつ、リュックと添い寝ごはん、KALMAとか、僕が聴いてきた音楽の影響も大きいと思います。どちらかと言うと、幸せなラヴソングよりも失恋を歌っていたり不安が漂っていたりする曲が好き。“本当はね、”は女性目線の歌詞でわりとハッピーな内容なんですけど、MVにはあえて狂気じみたシーンを入れちゃいました」(かやゆー)。

 〈お金はないけどバイトはしたくないんだ〉と歌う“ヒモと愛”、〈騙されたあなたが悪いんだよ〉と歌う“ゴミ人間、俺”など、自分の弱ささえ曝け出す言葉のインパクトも絶大。アルバム・タイトルの一節を含む“ごめんね、歌にして”をはじめ、〈ごめんね〉という表現も多く見られる。

 「“ごめんね、歌にして”が1年くらい前に出来たとき、ここの歌詞をアルバムのタイトルにしたいと直感で思ったんです。なんの狙いもなかったけど、結果的にどの曲にも当てはまるフレーズになっている気がしますね。〈ごめんね〉は無意識でめっちゃ使ってました。そういう俺っぽさをふまえて、ゴンちゃん(ゴンザレス)はバンド初の共作曲“夜のままで”で〈ごめんね〉と連呼するサビを作ってきたんだよね?」(かやゆー)。

 「僕らのなかで〈ごめんね〉は、かやゆーの代名詞ですから(笑)」(ゴンザレス)。

 「かやゆーの歌詞は情景がパッと浮かびますよね。聴いていて引っかかる言葉が一曲にひとつは必ずあるんですよ」(しおん、ドラムス)。

 「“ごめんね、歌にして”の〈単身者専用古びたアパートに〉という言葉の使い方とか、すごく好きですね。」(りょうと、ベース)。

ただ音楽が好きなだけ

 ポスト・ロック的なアプローチが新鮮な“美談”、チル感が心地よい江沼郁弥プロデュースの“コインランドリー”、ストリングスを初めて導入した“好きじゃないよ”、山梨から上京し生活するなかでのかやゆーの葛藤を壮大なグルーヴで鳴らした“東京”と、アルバムでは色とりどりのサウンドも楽しめる。

 「ピアノやストリングスはずっと入れてみたかったんです。“コインランドリー”や“好きじゃないよ”があったからこそ、アレンジの勉強ができたなって。ギターについても試行錯誤していて、口ずさめるようなイントロを作ろうと心がけています」(ゴンザレス)。

 「“好きじゃないよ”のストリングスは、ゴンちゃんが大元の雰囲気を考えてくれたんです。今回、ギター・ロックから派生していろんなジャンルに挑戦できました」(かやゆー)。

 「“美談”のAメロは心が割れた感じをイメージして、ローピッチのスネアに鍵を付けてみたんです。叩いたときにパリンっていう音を上手く重ねられたのが気に入ってます」(しおん)。

 「“コインランドリー”は僕がこれまで触れてこなかった曲調で、作る際に学びが多かったです。そこでインプットしたことを、別の曲でアウトプットできたし。制作中にどんどん進化していけた感じがよかった」(りょうと)。

 “ヒモと愛”“ゴミ人間、俺”とくすぶった調子から始まり、“東京”でその背景が垣間見え、“らしく”では〈ちょっとくらいは稼げるようになってきた〉バンドマンの姿が窺えたりと、全体を通してひとつのストーリーを描いているようにも聴こえる今作。しかし、当の本人たちは楽曲で伝えたいメッセージやキャリアの見取り図が強くあるわけでもないのだという。

 「結成当初から音楽がただ好きで、いい意味で趣味の延長線上でやっているだけなので、いまだに目標がハッキリあるわけじゃないんです。インタヴューで今後について訊かれると、いつも困っちゃうんですよね(笑)」(かやゆー)。

 「スタッフのおかげもあって、自由に音楽をやれているいまの状況がありがたいです。リリース・ツアーも楽しみながら、がんばっていきたいと思います」(しおん)。

ヤングスキニーの2021年のミニ・アルバム『演じるくらいなら、ありのままでいいけどね』(ヤンスキ)

ヤングスキニーに影響を与えた〈歌〉をメンバー各人のコメントと共に紹介!

FOO FIGHTERS 『The Color And The Shape』 Capitol(1997)

「最近、洋楽にハマった」ゴンザレスにとって、そのきっかけとなったのがフーファイの2作目。“Monkey Wrench”ほか爽快なアンセムを並べた代表作です。「ロックでキャッチー、そこは僕らもめざしているところなので。彼らは目標のひとつですね」。

 

クリープハイプ 『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』 ビクター(2012)

「新作のタイトルを付ける際にも頭にありました」とかやゆーが語るのは、尾崎世界観率いる4人組のメジャー初作。メロディーへの言葉の詰め方なども影響を受けているそう。男性のギリアウト?な欲望をチャーミングに歌えてしまう作家性も近いものが。

 

KESHI 『Gabriel』 Island(2022)

「もともとラップは聴いてきたし、Kan Sanoさんなんかも大好きで」というしおんが挙げたのは、ヒューストン出身のシンガー・ソングライターによる初作。落ち着いたネオ・ソウルのムードは、ヤンスキ本作収録の“夜のままで”にも醸されています。

 

My Hair is Bad 『mothers』 ユニバーサル(2017)

りょうとが高校生のときによく聴いていたのが、マイヘアのこちら。激しいパンク・サウンドに魅力を感じたというより、情景描写やストーリーのリアルさに引き込まれたんだとか。「別れを男女の視点それぞれで描いた“運命”と“幻”が特に好きです」。

 

浜田省吾 『ON THE ROAD』 ソニー(1982)

多くのヒット曲を持つロック・シンガーがキャリア初期に発表したライヴ盤は、幼少期のかやゆーのお気に入り。「父親が車でよく聴いていたんです。メロディーの古びなさがすごい。一曲のなかで主人公が成長していく歌詞も自分と近い気がします」。

 

BUMP OF CHICKEN 『orbital period』 トイズファクトリー(2007)

「バンプにとって転機になったアルバムだと思う」と、りょうとが語る5作目。シンセやストリングスを導入し、それまでの蒼さや焦燥とは一味違う包容力を歌が持ちえています。いずれヤンスキも、より大人になった姿を見せてくれるのでしょう。

 

μ’s 『μ’s Best Album Best Live! collection II』 ランティス(2015)

「ラブライブ!」にハマったことで16歳のゴンザレスは音楽に興味を持ち、ギターを弾きたいと思ったそう。「このベスト盤のなかでも“Dancing stars on me!”をエンドレスで聴いていました(笑)。こういうルーツも素直に明かしていきたいですね」。

 

Young Kee 『Bad Memory』 Young Kee(2022)

バンドと同世代でしおんは「リアル友達」だというシンガー・ソングライターの初作。トラップやベッドルーム・ポップ調のメランコリックなサウンドに乗せて、〈悪い思い出〉を綴っていきます。その嘘のない語り口は、ヤンスキのそれにも極めて近くて。