©Simon Fowler

ハワード・ジョーンズのデビュー40周年 × 来日公演を祝おう!

 40年……ハワード・ジョーンズがデビュー・シングル“New Song”をリリースした83年8月からそれだけの長い年月が過ぎていった。シンセサイザーなど当時のテクノロジーを駆使したポップなサウンドによってキャッチーなヒットを連発していた彼も、いまでは長いキャリアを誇るヴェテランのミュージシャンだ。ただ、そこでノスタルジックになりすぎる必要はない。かつて見た未来はいまもって過去ではなく、現在から見てもまだまだ追い越すことのできていない未来なのかもしれない。なぜなら、ハワードらが推進した80年代シンセ・ポップ~エレポップのリヴァイヴァル現象は繰り返されるたびに鮮烈な印象を世に残し、いつがいつのリヴァイヴァルと呼んでいいのか、もはやわからなくなるほど、その折々においてリアルタイムなトレンドのひとつとして時代のカラーを作っているからだ。

 

遅咲きのデビュー

 広い意味での80年代リヴァイヴァルは00年代初頭のエレクトロクラッシュ期からアンダーグラウンドな盛り上がりも含めて途切れることなく繰り返されている印象ではあるが、ここ数年はメインストリームのポップ・シーンにおける流行ぶりが顕著で、そうした近年の盛り上がりを作り出したのは、いずれも2020年春のパンデミックによるロックダウン期に前後してビッグ・ヒットになったウィークエンドの“Blinding Lights”とデュア・リパの“Physical”などということになるだろう。特に前者の疾走感に溢れた軽やかなシンセ・ポップ作法はハリー・スタイルズの“As It Was”(2022年)に受け継がれ、その破格の成功も手伝ってブームはまだまだ終わらなさそうだ。

 もちろん、ハワード・ジョーンズという存在が必ずしもそうしたブームから敬意を真っ当に受け取っているかどうかはまた別の話だが、一方では「ストレンジャー・シングス 未知の世界」など過去の音楽を魅力的に活用するコンテンツを通じての恩恵は大きいようで、同作で使用された“Things Can Only Get Better”(85年)はストリーム数を急激に伸ばしたという。そのように世間や未知のリスナーと自分の音楽を繋ぐ導線が見えてきたこともあって、彼自身のモチヴェーションが近年ググッと上がっているのは間違いなさそうだ。

 55年生まれのハワード・ジョーンズことジョン・ハワード・ジョーンズは、イングランドはサザンプトン出身で、9歳のときに一家でカナダに移住して育っている。もともと幼い頃からピアノのレッスンを始めていたというが、カナダではラジオを聴いてザ・フーなどのロックに夢中になっていたそうだ。英国に戻ってからはプログレに傾倒してウォーリアーなるバンドを結成し、72年にはアセテート盤を自主制作している。その後はマンチェスターの音楽大学でクラシック・ピアノを学びつつまたバンドを結成して活動するなどしていた。パンクの流行を経てニューウェイヴの時代が来ると、ハワードはオーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク(OMD)のようにシンセサイザーを活用したサウンドに興味を移し、ソロでのパフォーマンスへ意識を傾けていくことになった。やがてロンドンへ移住したハワードはライヴを行いながらデモテープ制作に励んで浮上へのチャンスを窺うことになる。そして83年、BBCのラジオで“New Song”がオンエアされたことが反響を呼び、トントン拍子でワーナーとのメジャー契約に至る。

 そうやってコリン・サーストン(デュラン・デュラン他)のプロデュースによってリリースしたデビュー・シングル“New Song”はいきなり全英3位まで浮上する大ヒットに。セカンド・シングル“What Is Love?”はさらに全英2位まで上昇し、すっかりブライテスト・ホープとなった彼は翌84年にファースト・アルバム『Human’s Lib』をリリースして見事に全英No.1を記録。カルチャー・クラブやデュラン・デュラン、ワム!らが第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンを展開していた時代の空気にも乗って、ハワードもアメリカなど海外で人気を獲得していく。その熱が飛び火した日本でもいわゆる洋楽スターとしてアイドル的な人気を博したようで、このたびコンパイルされたベスト盤『Japanese Singles Collection -Greatest Hits-』にはそんな時代の熱気と勢いが余すところなく封入されているというわけだ。

HOWARD JONES 『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』 ソニー(2023)

 勢いは止まらず、85年のセカンド・アルバム『Dream Into Action』は全英2位に加えて全米でもTOP10入り。シングルも英米の両方でヒットすることになり、なかでも先述の“Things Can Only Get Better”は全米5位、フィル・コリンズとヒュー・パジャムを迎えて再録した“No One Is To Blame”も全米4位に輝き、アメリカでも人気者となっている。ただ、商業的な意味ではそこがピークだった。アリフ・マーディンにプロデュースを委ねた86年の3作目『One To One』は全英10位、89年の4作目『Cross That Line』は全英64位……とチャート成績は徐々に後退し、92年の5作目『In The Running』とベスト盤のリリースを最後に彼はメジャーを離れることになる。

©Simon Fowler

近年の意欲的な活動

 その後のハワードは自主レーベルを設立して動いていくことになるが、90年代当時はメジャー/インディー間の違いはとんでもなく大きかだった。少し前までツアーで世界を飛び回り、大規模なフェスやアワードに出席し、人気者としての多忙な活動を謳歌していた彼にとって不遇な時期だったのは言うまでもない。それでも自分のレーベルを自分で動かし、レコーディング環境なども整えてインディペンデントな活動をこの時期にスタートしていたことのアドヴァンテージは、(結果的にだが)00年代以降の彼自身の舵取りに大きく好作用した。

 今世紀に入ってからのライヴやリリースは実に活発なもので、ピアノ・ソロ・アルバムやライヴ盤なども含めて作品もコンスタントに届けられている。そんななかで、90年代には古臭いものと思われていたようなシンセ・ポップのサウンド、80年代テイストの音楽というものが徐々に復権し、過去の音源もフラットに聴かれるような状況が出来上がってきたというわけだ。そうした雰囲気もあって、一時は自身のサウンド・カラーを模索していたこともあった彼も、衒いなく自身のスタイルを改めて追求するようになった。2015年にリリースされた『Engage』と、BTも参加した2019年の『Transform』と近年は自分の求められているものを熟知したエレクトロニックなダンス・ポップ回帰で作品が好調で、それに続くのがこのたび2CDで日本盤化される2022年のアルバム『Dialogue』である(Disc-2には84年9月のNHKホール公演を収めたライヴ盤がそのまま付いてくる!)。

HOWARD JONES 『Dialogue』 Dtox/ソニー(2022)

 先述したような本人のモチヴェーションは、今作の音にもありありと聴いて取れる。オリジナルなニューウェイヴ時代のテイストをそのまま聴かせる楽曲があるかと思えば、別文脈でエレクトロ・ハウス系のサウンドもあったり、ダークウェイヴ調があったり、とにかく全編がダンサブルで楽しい雰囲気に仕上がっているのだ。資料によると本作の制作期間はそのままパンデミック期間と丸ごと重なっていたそうだが、歌詞がネガティヴになることを防ぐため、見通しがつくまで彼は作詞することを控えていたのだという。そうした効果もあってか今作は解放感や祝祭感がいつも以上に伝わってくるが、それが単なる現実逃避でないのは、医療関係者へのチャリティーを主旨とした〈Global Citizen Live〉などの取り組みを行っていることからも明らかだ。なお、年内にはリリースされるかもしれないエレクトロニックなダンス・ポップ回帰シリーズの第4弾は、その名も『Global Citizen』というタイトルが冠されているようだ。

 てなわけで今回のベスト『Japanese Singles Collection -Greatest Hits-』とスペシャル仕様の『Dialogue』はハワードのデビュー40周年記念と来日記念を兼ねたリリースとなる。9月に東京と大阪で控える4年ぶりの来日ステージが心待ちになるような2タイトルだろう。

ハワード・ジョーンズの初期作。
左から、84年作『Human's Lib』、85年作『Dream Into Action』、86年作『One To One』、89年作『Cross That Line』、92年作『In The Running』(すべてElektra)

ハワード・ジョーンズの近作。
左から、2009年作『Ordinary Heroes』、2015年作『Engage』、2019年作『Transform』(すべてDtox)

ハワード・ジョーンズと同じく、シンセの響きに乗ってどこからでもやってくる未来のサウンドたち

THE WEEKND 『After Hours』 XO/Republic/ユニバーサル(2020)

ニューウェイヴやアンビエント、ドラムンベースなど多彩なスタイルを試行し、本人的にもディスコの延長線上にあった近作からのモード・チェンジに成功した力作。なかでもa-haの“Take On Me”を下敷きにしたような“Blinding Lights”は多くの追随者を生んだ。

 

KATE BUSH 『Hounds Of Love』 Parlophone(1985)

英国の天才シンガー・ソングライターがリンドラムやフェアライトと伝統楽器を併用して紡いだ5作目。ここに収録の“Running Up That Hill”が「ストレンジャー・シングス」使用後の昨年に全英1位を獲得。エレクトロニクスとヒューマン感の絶妙なバランスが魅力だろう。

 

A-HA 『Hunting High And Low』 Warner Bros.(1985)

ノルウェーの国民的バンドになる彼らが、日本も含めていきなりワールドワイドな人気を獲得するに至ったファースト・アルバム。印象的なMVで知られる“Take On Me”をはじめ、ニューウェイヴ時代の風を纏ったシンセ・ポップの心地良い疾走感はいつ聴いてもクセになる。

 

ERASURE 『The Neon』 Mute(2020)

現在のメインストリームにおけるシンセ・ポップの流行を下支えしているのが、80年代から最前線で活躍する彼らだろう。デペッシュ・モード時代から未来の音を開拓してきたヴィンス・クラークの作法は、仕事を共にしたジャック・アントノフらにそのまま継承されている。

 

DUA LIPA 『Future Nostalgia』 Warner UK/ワーナー(2020)

絶妙なタイミングで“Don't Start Now”や“Break My Heart”などを引っ提げたダンサブルなアーティスト像を打ち出した快作。暗い時代を照らすためのポジティヴでポップな80年代ムードを自身のキャラクターに取り込むことに成功した。そろそろ新作にも期待したい。

 

BT 『Metaversal』 Black Hole(2021)

ハワードに尽力して『Transform』で3曲を共作した彼は、USきっての大物ダンス・ミュージック・クリエイター。こちらの自作ではスケールアップしながらもテンポを落としてメロディアスを強調し、いつも以上にポップな内容に仕上がっていた。ハワードの影響?

 

THE MIDNIGHT 『Heroes』 Counter(2022)

LAのデュオによる4作目。カウンター移籍後の80sテイストをよりいっそうダイナミックに追求し、アリーナ系のロック、メロディアスなリゾート風味まで満載だが、主軸はやはり青春っぽいシンセ・ポップ~シンセウェイヴ。体験できなかったあの頃への偏愛が滲む。

 

HARRY STYLES 『Harry’s House』 Erskine/Columbia/ソニー(2022)

ウィークエンドに続く格好で20年代式の80年代シンセ・ポップ作法を定着させたのがここから超特大ヒットになった“As It Was”なのは言うまでもないだろう。a-haを思わせる爽やかなアップビートの同曲に加え、“Satellite”などのモダンなエレポップ群も軽やかだ。

 

POST MALONE 『Austin』 Republic/ユニバーサル(2023)

作品を重ねるごとに従来のラップ表現から離れて歌心を見せてきたラップスターが、この最新アルバムでは完全に車線変更。先行カット“Chemical”はドライヴ感のあるシンセ・ポップでダンサブルに疾走する。メランコリックな“Too Cool To Die”などにも80sが香るか。