COLUMN

THE HELIOCENTRICS & MELVIN VAN PEEBLES 『The Last Transmission』/ORLANDO JULIUS WITH THE HELIOCENTRICS 『Jaiyede Afro』

伝説を現出させるサイケ・ファンク・バンド!

THE HELIOCENTRICS & MELVIN VAN PEEBLES The Last Transmission Now-Again(2014)

 ファンク45コレクターとしても著名なドラマーのマルコム・カットを中心にマックス・ヴィンセフェルトホワイトフィールド・ブラザーズ他)ら名うてのプレイヤーが集まって……とかいう前置きナシでも、ムラトゥ・アスタツケロイド・ミラーとの共演盤によってその名を十分に知らしめているヘリオセントリックス。鬼サイケな昨年の単独作『13 Degrees Of Reality』やガスランプ・キラーとのEPに続く展開はまたもコラボ作、しかも2タイトルがほぼ同時リリースとなった。

 

ORLANDO JULIUS WITH THE HELIOCENTRICS Jaiyede Afro Strut/OCTAVE(2014)

 まず、70年代に映画監督/俳優として名を馳せたメルヴィン・ヴァン・ピーブルズとの『The Last Transmission』は、メルヴィンのフィルターを通したサン・ラー世界をバンドが具体化した(?)という即興的な彩気泥腑ファンク盤。もう一枚は、60年代からハイライフと欧米のソウル/ジャズを融和してきたナイジェリアの伝説、オーランド・ジュリウスとのアフロ漆黒大作『Jaiyede Afro』。偉人たちのヴィジョンを現代化する妖しい魔術は今回も健在……どころじゃないぜ!

TOWER DOORS
pagetop