PAUL WHITE 『Shaker Notes』

2014.10.03

偏執的なサンプリングによる自己名義作が一部で話題となる一方、最近はダニー・ブラウンとの仕事で認知を獲得している南ロンドンのビートメイカーが、エイフェックス・ツインを聴いて以来ずっと憧れていたというR&S入りして通算4作目をリリース。そんな思い出を映し取るが如く今回はパーソナルな作品という位置付けらしく、自身の楽器演奏をコラージュした異国情緒に溢れるループと幻惑歌唱の切なげな妖しさに惹かれる。

関連アーティスト
TOWER DOORS