2014.10.25

コンビとしては約1年ぶりとなるニュー・アルバム。ジョーの粗挽きヴォイスがブーンバップ再考の先を行くタフなビートとラフな化学反応を繰り返す様は、表題やジャケが示す通りソウルの細道を探求する姿を投影したかのよう。ジョーのビートメイカーとしての手腕や、ILL SUGIの抜擢にも注目だ。

TOWER DOORS