PR
インタビュー

PUNPEE『MODERN TIMES』ビートと言葉で時代を引き寄せてきた説明不要の鬼才が、待望のファースト・アルバムについて語る!

PUNPEE『MODERN TIMES』ビートと言葉で時代を引き寄せてきた説明不要の鬼才が、待望のファースト・アルバムについて語る!

この男の頭の中はどうなってる? ビートと言葉で時代を引き寄せてきた説明不要の鬼才がついに世に問う『MODERN TIMES』は未体験の驚きに満ち溢れている!

自然と時間が経ってた

 「5lackはソロで自分のことをちゃんとやってるし、俺は修行というか、いろんなことに挑戦してみるきっかけを皆さんが与えてくれたから、それを楽しんでたら自然と時間が経っちゃったみたいな感じでした。例えば、CMだったら 〈これはレッドブルのことをかっこよく歌ってほしい〉とか、で、加山雄三さんなら〈昔の雄三さんの曲を使って作ってほしい〉みたいなルールが一個ずつあったんで、そこで自分とちゃんとした公約数を作って、自分をカスタマイズして……俳優さんは役柄を演じるじゃないですか? 自分も俳優さんみたいに、それに合わせて自分を作るっつうか……“お嫁においで 2015”はリアル駄目な俺モードだったり、RAU DEFのアルバムを作る時はお兄さんモードだったり。デ・ニーロが『レイジング・ブル』とかわざわざ太ったり痩せたりとか、役のために2週間ホームレスになったりとか、そういうの好きなんすよ。メソッド技法じゃないですけど。で、それを真似て、〈田中面舞踏会〉の曲は地球が干ばつ地域になってる設定だったんで、カラオケで3時間ワ~ッて歌って、超強い酒を飲みまくて、吸わないタバコを吸いまくって、ガラガラの声になって、家帰って録って出す、みたいな。そういう、誰にも永遠に気付かれないようなことを自分的に楽しんでやってきたつもりではありますね。この2~3年はそんな感じでした」。

 ここ数年でもっともアルバムを待たれていた男、PUNPEEについてどれほどの説明が必要だろうか? 板橋のトラックメイカー/ラッパーである彼が、実弟の5lack、GAPPERと組んだPSGでの『David』で一躍注目されたのは2009年。それから8年の間にはRAU DEFのトータル・プロデュースから加山雄三のリミックスに至るまでの膨大な制作を担い、tofubeatsやSTUTSらの楽曲に客演、さらにはTV番組「水曜日のダウンタウン」のオープニングテーマやレッドブルのCMを手掛けたり、宇多田ヒカルのVR番組出演もあった。ただ、自作という意味ではミックスCDこそあったものの、今回の『MODERN TIMES』が初めてのアルバムとなる。

 「リリックでも言ってますけど、去年末に宇多田さんと仕事をして、自分の中で〈一番会いたい人に会っちゃった〉みたいなのがあって、そっから腑抜けになっちゃって。〈たぶん次は自分の作品だろうな〉ってのはわかってたんですけど、誰かとやりたい欲とかもなくなって、もう〈次どうしよう?〉みたいな。だから、きっかけを見つけるまでは辛かったっすね。でも、おじいさんが昔話をして始まるっていうのがポッと浮かんだ時にイケるなって思って。未来から現在のことを語ってるっていう設定があれば、すべて昔話として入れられるし、自分の好きなSFともリンクするし。そこが出来てからはわりとポンポンと大筋を決めて、後は自由なことを歌っていきましたね。できるだけ他の人が書いてないようなことに挑戦してみたくなっちゃったりするんすよ。そうなった時に映画とかSFは好きだし書きやすいんで、自然とそうなりました」。

タグ
関連アーティスト