amazarashi 『夕日信仰ヒガシズム』

2014.11.18

反骨と諦念、絶望のなかから這い上がるための一寸の希望。それらを音にして世に還元する術を彼らは知っている。3年ぶりとなる待望のフル・アルバムでも、疾走感のあるものから鬱屈とした雰囲気の楽曲までにそれらの〈術〉を投影。序盤のキャッチーな“スターライト”“もう一度”で胸を打たれたと思えば、“穴を掘っている”では一転してダウナーに。静けさのあるピアノの旋律から始まる鬱々とした空気に飲み込まれる。

関連アーティスト
TOWER DOORS