連載

潜入〈タワレコメン〉会議! 2015年1月度・邦楽編―〈いま〉のポップ感持った注目グループの新作を、観て聴いてチェック!!

 

全国のタワーレコードのスタッフが、己の〈耳〉と〈直感〉だけを基準に世間で話題になる前のアーティストの作品をピックアップし、全店的なプッシュへと繋げる企画〈タワレコメン〉。これまで、相対性理論神聖かまってちゃんクリープハイプceroKANA-BOON、洋楽ではストライプスチャーチズといった現行シーンの最前線で活躍するアクトをいち早く発掘しており、現在は月1回のペースでオススメ・アイテムを紹介しています。Mikikiでは、そんなタワレコメンの選定会議に潜入し、作品の魅力を視聴コンテンツと共にお伝えする特集を連載中! 今回は1月度の邦楽編です!!

※2015年2月度のタワレコメンも決定済み! 詳細はこちらでご確認をどうぞ!

★Mikikiの〈タワレコメン〉関連記事の一覧はこちら
★TOWER RECORDS ONLINEの〈タワレコメン〉特設ページはこちら
★TOWER RECORDS ONLINEの〈タワレコメン〉連載記事の一覧はこちら

 


 

 

タワーレコードの本社にて行われるタワレコメンの会議。洋楽編のミーティングに続き、今回も腕利きバイヤーたちがオススメの邦楽アイテムを持ち寄って会議室へ集結します。何百タイトルという山のような新譜のなかから選ばれた計8作品の音源を聴き比べながら、熱い議論が繰り広げられました。そんな厳しい予選を勝ち抜いて1月度のタワレコメンに決まったのは……以下の2タイトル!!

 

★2015年1月度〈タワレコメン〉邦楽編:選出アイテム

 

OK?NO!! ラプソディ VYBE MUSIC(2015)

吉田ヨウヘイgroupの一員でもあるヴォーカルのreddam、作曲とプロデュースを手掛けるshoueno、作詞を担当するakio kannoといった平成生まれのメンバーを中心に、ライヴでは大所帯のバンド編成にもなる注目ユニット、OK?NO!!の初全国流通盤『ラプソディ』がタワレコメンに。Cymbalsに多大な影響を受けたという彼らは、2012年のtofubeats“水星”のカヴァーでも話題を集めましたが、なんと同ナンバーでもお馴染みのオノマトペ大臣がアルバムの収録曲“Start / はじまりふたたび”に参加! 渋谷系譲りのポップ感をダンサブルなビートに乗せて聴かせるオススメ盤です!

 

【推薦コメント:新宿店 黒沢】
ネット界隈で話題を呼んでいたOK?NO!!が遂に初の全国流通盤をリリース!! Cymbalsを彷彿とさせるパーティー感溢れるビート・ポップ・サウンドは自然と踊り出したくなるほど最高!! いま再度注目を浴びている90sと現在のインディー・シーンをつなぐ重要な存在となるでしょう!!

 

 

 

Moccobond ナイスルーム 木工レコード(2015)

担当者に「こんなバンドを待っていた!」と言わせるほどの魅力でタワレコメンの座を獲得したのは、男女ツイン・ヴォーカル編成の4人組、Moccobondのセカンド・ミニ・アルバム『ナイスルーム』。〈MINAMI WHEEL〉など関西のフェスで知名度を高めてきた彼らの持ち味が存分に発揮された本作は、キュートさが癖になる歌声と、ドリーミーかつちょっぴりセンチメンタルな楽曲が楽しめる一枚。スタッフからはクラムボンあたりの名前が参考に挙がりつつ、インディー・ロックポップのファンにも広く聴いてほしい!とのことでした。

 

【推薦コメント:あべのHoop店 岡】
こんなキラキラしている曲っていままであったっけ…。
曲を聴いていると、ひとつひとつの音たちが楽しそうに飛び交っているきれいな映像で脳内再生される。
そして素敵な映画を見たあとのような、切なさと幸せが入り混じったあの何とも言えない感じになる。
そんな曲の雰囲気だけでなくセンスと演奏スキルは圧巻!!
ナイスルームにひとたび入ると、気づいたときには既に耳と心がMoccobondにくっついてる!

 

ということで、新世代ならではのポップ・センスを持った注目の2グループの作品が選ばれた1月度の〈タワレコメン〉邦楽編。両タイトルとも発売済みですので、ぜひ視聴のうえ彼らの魅力に触れてみてください! 次回は2015年2月度のレポートを掲載する予定なのでお楽しみに!

関連アーティスト