DISC GUIDE

MWAMやリンプ、DAなど……KNOCK OUT MONKEYのファウンデーションに繋がるディスクガイド

KNOCK OUT MONKEY 『Mr. Foundation』 Part.2

MAN WITH A MISSION Tales of Purefly ソニー(2014)

オオカミと猿という動物繋がり(笑)のみならず、共にプロデューサーの大島こうすけが制作に関わるという縁もある両者。ラウド系のなかでも特にキャッチーな歌メロの良さを重視するのも共通で、どこかでDNAが繋がっているのかも。 *宮本 

 

 

LIMP BIZKIT Chocolate Starfish And The Hot Dog Flavored Water Flip/Interscope(2000)

ミクスチャー・ロックの代表格として日本でも人気の彼ら。KOMも多大な影響を受け、ライヴで本作収録の“Take A Look Around”をカヴァーしたことも。“Take you”はその香りを濃厚に感じさせる曲だ。 *宮本 

 

 

ZEBRAHEAD Call Your Friends MFZB(2013)

US西海岸産らしいカラッと陽気なミクスチャー・サウンドで支持を集め、日本びいきとしても知られる彼ら。KOMとは2013年の来日ツアーを一緒に回り、盃を酌み交わす仲になったという。“Greed”の金髪グラマーが出るPVは彼らからの影響!? *北野 

 

 

Anny 泣いてもいいやん D.O.G(2014)

KOMはもちろん、Fear, and Loathing in Las VegasC-LAといった活きの良いバンドを次々と輩出している神戸のラウド・シーン。KOMと交流があり、女性ヴォーカルを擁するこの4人組の新作も、歌を立たせたポップなメロディック・パンクが弾けてオススメ。 *北野

 

 

Dragon Ash THE FACES MOB SQUAD/ビクター(2014)

無名時代のKOMが、DAが2011年に行った〈Tour Rampage〉のオープニング・アクトの公募に合格し、なんばHatchのステージに立ったのはよく知られた事実。DA流ミクスチャーの頂点を極めた本作と『Mr. Foundation』には相通じる姿勢が。 *宮本

 

 

hide 子 ギャル ユニバーサル(2014)

dEnkAレッド・ツェッペリン亜太GLAYナオミチX JAPAN、そしてw-shunは未発表音源を甦らせたブギな新曲“子 ギャル”が話題のhideと、多彩なルーツを持つKOMの面々。そういった基礎を端々に感じさせるのも『Mr. Foundation』の魅力だ。 *北野 

 

TOWER DOORS
pagetop