COLUMN

グローバルなダンスフロアを支配する、時代に選ばれた若き王者・ハードウェルがついにアルバムを投下!

【UNITED ON THE FLOOR】 Pt.1

UNITED ON THE FLOOR
[ 緊急ワイド ]今年も熱狂は終わらんよ!!

グローバルなダンスフロアを支配するハードウェルを筆頭に、EDMブーム以降の景色でムーヴメントを推進していくのはやはりこいつらだ!

 




 

 

オーディエンスに殉じる精神

 大抵のことを数字が物語るとすれば、ハードウェルの凄さのいくばくかを説明するのに数字は実に雄弁だ。例えばDJ Magの選ぶ〈Top 100 DJs〉ランキングでは2013~14年連続のNo.1。Facebookのファンは740万以上、Twitterフォロワーは190万以上。4歳からピアノを始め、10歳で楽曲制作をスタート、13歳でプロのDJとしてデビュー。14歳でDJ及びA&Rとしてレーベルと契約、19歳でディジダンス傘下にレーベルを設立してアフロジャックらをフックアップ……。 

 とはいえ、そういった諸々はあくまでも背景であって、ハードウェルが現場でオーディエンスたちと共に巻き起こした熱狂の積み重ねが現在の好況を作り出したわけであって、当然ながらそういった熱狂を引き起こしてきたのは彼のプレイであり、彼の手掛けたトラックそのものである。どうもEDMやダンス・ミュージック系のアーティストを語る際に数字の話やシーンのマーケティング術みたいな話に終始するのがトレンディーなようだが、実際にその音を楽しんでいる側のオーディエンス/リスナーにしてみれば、そこが本質的な快楽の源泉でないことは明らかだ。

HARDWELL United We Are Revealed/Cloud 9/avex trax(2015)

 ともかく、そういった数字で権威も翻弄しつつ、多層的なオーディエンスに殉じる格好で現場を真摯にエンターテインし続けるハードウェル。88年にオランダはブレダで生まれ、この1月に27歳になったばかりの彼から、いよいよオリジナル・アルバムとなる『United We Are』が届けられた。いわゆるアルバムという単位を重視するのではなく、現場を優先してトラックにこだわるスタンスは(EDMに限らず)ダンス・ミュージックの特性でもあるだけに、彼もまた膨大なビッグ・チューンを生みながらもこれまでアルバム制作に乗り出すことはなかった。アンバ・シェパードをフィーチャーした代表曲“Apollo”(2012年)をはじめ、師匠格にあたるティエストとコラボした“Zero 76”(2011年)、W&Wと組んだアッパーなカウント曲“Jumper”(2013年)、ブチ上げ必至な文字通りの“Countdown”(2013年)、そしてマシュー・コーマの美声が響くキレイ系のプログレッシヴ・チューン“Dare You”(2013年)……と、それらの多くは〈ULTRA JAPAN〉での初来日を目前にフィジカル・リリースされた日本編集盤『Japan Special Edition』にもまとめられていたものだ。ここにきて当人がオリジナル作のリリースを決めた理由はさておき、ここでの彼は特に大きな変化を見せようとしているわけではない。

 

いつも通りのストレート

 『United We Are』でハードウェルが披露するのは、あくまでもいつも通りにダッチ・トランスプログレ・ハウスを基盤とした、スマートにしてビッグな直球のトラックたちだ。アルバムへのキックオフ・シングルでもあった“Arcadia”(ジョーイ・デイルとの共作)はルシアナの激しい歌唱がキャッチーな即効性の高い出来映えで、続いてのシングル“Young Again”はクリス・ジョーンズの温かい歌声をノスタルジックに響かせる昂揚感たっぷりのシンガロング・ナンバー。今年に入って正式に公開された“Sally”にしても、ロッキッシュなリフをアクセントにしながらハリソン(・ショウ)のラフな歌声をしっかり立てるアップリフティングなトランスだ。ポップ・フィールドでも機能する歌モノとしての強度も意識しつつ、フロアやスタジアムが望むストレートなEDMの在りようが迷いなく追求されていると言ってもいいだろう。

 そういった先行カットの路線に違わず、アルバム全体がポップネスに配慮しながらフロアでの機能美を優先したトラック揃い。その塩梅はヴォーカリストの人選にも明白で、“Follow Me”で爽やかに歌うジェイソン・デルーロを除けば、名の立ったポップスターの起用はない。衆知のように、EDMが北米のポップ・フィールドで受容されるにあたってケリー・ローランドリアーナクリス・ブラウンら(主に)アーバン系アーティストの果たした役割は大きかったものだ。が、今回ハードウェルが選んだのは、先述のアンバを筆頭にダンス方面でお馴染みの人気ヴォーカリストを中心とした、従来の人脈を活かす顔ぶれ。これはもう〈EDM〉なるものが十分グローバルに浸透した証拠と見ることもできるし、そうしたトピックをもはや要さないという自信の表れにも思える。その意味では、終曲にオランダからブレイクしたMrプロブズのビートレスな歌モノ“Birds Fly”があるのは興味深い。

 上記した他にもティエストやW&W、ファンカーマンらとのコラボ・チューンを含み、一貫して高いテンションをキープしながら圧倒的にスケールを拡張してみせた『United We Are』。その表題が意味するように、ここに並ぶ最強のトラックたちは現場での一体感をよりいっそう強固にし、彼の名をこれ以上なく高めることだろう。

 

★【UNITED ON THE FLOOR】 特集記事一覧はこちら

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop